三村景一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三村 景一(みむら けいいち、1955年1月2日 - )は、日本テレビプロデューサー実業家MBSメディアホールディングス代表取締役会長および毎日放送代表取締役社長

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。慶應義塾高等学校卒業[1]慶應義塾大学商学部在学中、後にメディア・プロデューサーで上智大学文学部新聞学科教授となる碓井広義と同期になり出会う[2]。卒業後の1977年4月に毎日放送に入社。入社6年間はラジオ制作部に所属し、『ありがとう浜村淳です』、『MBSヤングタウン』などを担当した。

その後、制作局に異動してからは『夜はクネクネ』、『4時ですよーだ』など関西ローカルの人気番組のディレクタープロデューサーを務め、そのほかにはTBS系列全国ネット番組『超!よしもと新喜劇』のチーフプロデューサーを務めた。

第6代社長柳瀬璋在任中の1999年10月改編でスタートした地域密着型情報ワイド番組『ちちんぷいぷい』ではプロデューサー、チーフプロデューサーを経て、最後は最高責任者として「制作」とクレジットされた。

2007年6月27日付で取締役制作局長に就任。2009年6月25日付で取締役テレビ営業局長に異動したため、入社以来32年間に渡って携わった番組制作の現場から離れた。

また、東通企画ゾフィープロダクツの取締役も務めており、かつては子会社MBS企画の取締役も務めていた。2011年6月23日の株主総会終了後の取締役会で常務取締役(テレビ営業局担当)に昇進。2015年5月22日に開かれた取締役会で社長へ昇格する人事が発表され、同年6月25日に行われた株主総会と取締役会で4期8年務め上げた河内一友の後任としてMBS第9代社長に就任した(河内は代表権を持ったまま会長に就任)[3][4]。テレビ制作出身の社長は、柳瀬以来18年ぶり史上2人目となる。また、MBS開局後に生まれた者の社長就任は、史上初めてとなった。2016年4月1日TBSテレビ取締役に就任。

MBS社長[編集]

河内から社長を引き継ぐにあたって、河内がやり残した課題を片付けるとともに、コンテンツプロバイダとしてのMBSを新たな成長の軌道に乗せることが期待された。

ワイドFM実現[編集]

河内時代の2015年(平成27年)、MBSは同じ近畿圏の他の中波局である朝日放送ABCラジオ)、ラジオ大阪と共同で近畿圏でのワイドFM実施に向けて放送免許の申請を行っていた。三村の社長就任から1ヶ月程しか経たない2015年7月27日付けで近畿総合通信局から他の2社と同時に予備免許の交付を受け、工事が始まる。三村にとっては、これが社長としての最初の大仕事となった。

送信所の工事は、既存の生駒山デジタルテレビ送信所にラジオの送信設備を設けるだけで済んだ。そして2016年(平成28年)2月29日付けで本免許を獲得し、3月19日12時からMBSラジオは中波(1179kHz)とFM(90.6MHz)の2波体制になった。

持株会社制への移行[編集]

MBSテレビが所属するTBS系列では、東京放送ホールディングスTBSテレビTBSラジオBS-TBS)を皮切りに中部日本放送CBCテレビCBCラジオ)、RKB毎日放送認定持株会社制に移行していた。MBSでも河内社長時代から持株会社制移行を検討していたが、テレビ東京ホールディングスFM802などMBSが大株主の他系列局との調整に手間取った。三村は2016年(平成28年)7月28日付で持株会社MBSメディアホールディングスを設立し、MBSテレビ・ラジオは兼営のまま新事業会社「毎日放送」に継承させると発表。2017年(平成29年)2月8日付で認定を取得、同年4月1日付で新会社体制に移行した。

「ライブセンター」の運用開始に伴うテレビ番組の大規模な再編[編集]

2019年(平成31年=令和元年)は、自身が初代プロデューサーを務めた『ちちんぷいぷい』が20周年を迎える年となった。三村は長寿番組となった『ぷいぷい』に加えて、後続の関西ローカルニュースワイド『VOICE』も含めたテレビ生ワイド番組の全面リニューアルを検討するよう、編成局と制作局に指示した。

2017年(平成29年)8月30日の社長定例記者会見で、生放送への対応や報道・制作両局間の連携を強化する目的で、本社2階M館の「ギャラクシースタジオ」(かつて「ギャラクシーホール」として運用していたフロア)を情報フロア(「ライブセンター」)に改装する計画を発表[5]。「ライブセンター」の工事が進んだ2018年(平成30年)夏には、『ぷいぷい』『VOICE』の計5時間の枠をシームレス化した特別番組『ちちんぷいぷい×VOICE』を1週間に渡って放送。これは、次々回となる2019年4月改編以降の両番組のあり方を模索する意味合いがあった。

MBSライブセンターは2019年1月28日(月曜日)の『ぷいぷい』から運用を開始した。完成後最初の改編(2019年4月改編)では、「(平日)14時-19時(の時間帯)をトータルに捉える」方向でテレビ番組を編成する方針を提示[6]。この方針に沿って、『VOICE』は2019年3月29日(金曜日)で18年半の歴史にピリオドを打った。

2014年(平成26年)10月改編から2部構成(第1部:JNN加盟局の一部との同時ネットパート、第2部:関西ローカルパート)で4時間近い生放送を実施してきた『ぷいぷい』については、2019年4月1日(月曜日)から、放送時間を第1部とほぼ同じ時間帯(13:55 - 15:49)にまで短縮するとともに、全編を同時ネット化。改編前の第2部に相当する時間帯の放送枠(15:50 - 17:50)については、『VOICE』の放送枠、『Nスタ』第2部(TBSテレビが制作するJNN全国ニュースパート)の放送枠と統合したうえで、同日から平日の15:49 - 19:00に関西ローカル向けの生放送番組『ミント!』を編成している。平日夕方の関西ローカルニュースについては、高橋信三社長時代末期の1976年(昭和51年)1月にスタートした『MBSナウ』以来43年間続いてきた独立番組としての編成を捨てた上で『ミント!』に内包した。また、『ぷいぷい』と『ミント!』のスタジオセットを「ライブセンター」に並置するなど、同センターの機能の活用が図られている。

2019年3月22日に行われた取締役会で同年6月20日付でMBSメディアホールディングス代表取締役会長に就任し、後任には同取締役の梅本史郎にが付く事になった。


手がけた番組[編集]

チーフプロデューサー[編集]

プロデューサー[編集]

演出[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞社2018年2月23日朝刊交遊抄より
  2. ^ 大阪のMBS毎日放送で勉強会 - 碓井広義公式ブログ。
  3. ^ 毎日放送:社長に三村氏が昇格 - 毎日新聞 2015年05月22日付朝刊。
  4. ^ 毎日放送社長に三村氏 - 日本経済新聞電子版 2015年6月12日付人事速報欄。
  5. ^ MBS社長、世陸高視聴率「ライブは強いなと実感」(『スポーツ報知2017年8月30日付記事)を参照。計画の発表段階では、「ライブセンター」内のスタジオに見学スペースを設ける予定だった。実際には、「ライブセンター」の新設に合わせて「ちゃぷらステージ」(M館1階のイベントスペース)を改修したため、一般の視聴者が当番組を見学できる機会を特別企画の生放送・収録時に限っている。
  6. ^ 三村景一社長記者会見を開催(毎日放送2019年1月18日付プレスリリース)