井狩彌治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

井狩 彌治郎(いかり やじろう、1905年3月1日 - 1999年7月19日)は昭和期の実業家大丸元社長。

経歴[編集]

滋賀県出身。慶應義塾大学経済学部を経て、同大学院修了後の1931年に大丸入社。常務、専務、副社長を経て、1963年に社長に就任し、21年間務めた。その間には、パリシンガポールなど海外に積極的に出店。1984年に相談役に退いた。また1974年から2年間にわたり日本百貨店協会会長、1970年から19年間にわたり社団法人大阪工芸協会会長をそれぞれ歴任し、毎日放送取締役なども務めた。

親族[編集]

妻の祖父に明治の文人・キリスト者の上田貞治郎があり、妻の叔母にファッションデザイナー上田安子上田安子服飾専門学校創設者)がいる。京都大学名誉教授でインド哲学の井狩彌介は三男である。