豊田達郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とよだ たつろう
豊田 達郎
生誕 (1929-06-01) 1929年6月1日
日本の旗 愛知県名古屋市
死没 (2017-12-30) 2017年12月30日(88歳没)
出身校 東京大学工学部卒業
ニューヨーク大学経営大学院修了
職業 トヨタ自動車相談役
トヨタ財団会長
トヨタ学園理事長

豊田 達郎(とよだ たつろう、1929年6月1日 - 2017年12月30日[1])は、日本実業家学位経営学修士ニューヨーク大学経営大学院)。トヨタ自動車株式会社相談役公益財団法人トヨタ財団会長(第2代)、学校法人トヨタ学園理事長(第2代)。

ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング社長(初代)、トヨタ自動車株式会社社長(第2代、工販分離前から数えると第7代[2])、トヨタ自動車株式会社副会長、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長(第2代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市白壁町出身。東京市赤坂の父・喜一郎宅に住み、東京都立第一中学校に通う。今井敬は中学の同期。1945年5月に空襲で自宅が焼失した際に豊田家の位牌をもち脱出した[3]

第一高等学校を経て、1953年東京大学工学部機械工学科を卒業した。ニューヨーク大学経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得した。

父・喜一郎没後の1953年、トヨタ自動車販売に入社した。1974年に取締役、1980年にトヨタ自動車販売取締役、1982年に工販合併でトヨタ自動車常務に就任した。1984年にフリーモント準備室長としてトヨタ自動車とゼネラルモーターズの合弁新会社「ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング」(NUMMI)を設立し、社長に就任した。以後トヨタ自動車専務、副社長を経て、1992年に社長に就任した。

1995年に病気療養のため取締役副会長、取締役相談役 (後に非取締役に) となる。1996年経済同友会副代表、他に、日本自動車工業会最高顧問、豊田中央研究所代表、トヨタ学園理事長、トヨタ財団会長など。

病気療養によりトヨタ自動車副会長退任後も、豊田工業大学シカゴ大学の共同事業としての大学院大学(Toyota Technological Institute at Chicago:豊田工業大学シカゴ校)設立に参加し、2003年にはその最初の入学式に渡米して出席するなど、足は不自由であるものの、精力的に活動していた。

豊田自動織機取締役を兼務していた。

2017年12月30日、肺炎のため死去[1]。88歳没。

家族・親族[編集]

トヨタグループの始祖・豊田佐吉は祖父。トヨタ自動車工業創業者の豊田喜一郎二男。トヨタ自動車名誉会長で工販統合後の初代社長を務めた豊田章一郎は兄。妻は清水康雄(清水家5代目当主、元清水建設社長)の娘。トヨタ自動車現社長の豊田章男は甥にあたる。ヤマタネ社長の山崎元裕は娘婿。

その他役職[編集]

  • 財団法人トヨタ財団会長
  • 社団法人日本自動車会議所顧問
  • 財団法人道路経済研究所最高顧問
  • 財団法人中部空港調査会相談役
  • 社団法人中央政策研究所理事
  • 社団法人日本オーケストラ連盟理事
  • 財団法人日本自動車教育振興財団最高顧問
  • 財団法人豊田理化学研究所評議員
  • 財団法人癌研究会評議員

出典[編集]

ビジネス
先代:
豊田章一郎
トヨタ自動車社長
第2代 : 1992年 - 1995年
次代:
奥田碩
学職
先代:
豊田英二
トヨタ学園理事長
第2代 : 1998年 - 2017年
次代:
N/A
先代:
豊田章一郎
トヨタ名古屋整備学園理事長
第2代 : 1994年 - 1998年
次代:
齋藤明彦
文化
先代:
豊田英二
トヨタ財団会長
第2代 : 1998年 - 2011年
次代:
奥田碩