豊田英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とよだ えいじ
豊田 英二
生誕 1913年9月12日
日本の旗 愛知県西春日井郡金城村
死没 2013年9月17日(満100歳没)
日本の旗 愛知県豊田市
出身校 東京帝国大学工学部
職業 トヨタ自動車最高顧問
子供 豊田幹司郎長男
豊田鐵郎二男
豊田周平三男

豊田 英二(とよだ えいじ、1913年9月12日 - 2013年9月17日)は、日本実業家正三位勲等勲一等旭日大綬章豊田佐吉の甥。

トヨタ自動車工業株式会社社長(第5代)、トヨタ自動車株式会社会長(初代)、同社名誉会長(初代)、同社最高顧問(初代)、社団法人日本自動車工業会会長(第2代)、財団法人トヨタ財団理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事長(初代)、学校法人トヨタ東京整備学園理事長(初代)などを歴任した。石田退三と共に[1][2]「トヨタ中興の祖」と呼ばれている[3][4][5]

来歴・人物[編集]

愛知県西春日井郡金城村(現・名古屋市西区堀端町)に豊田平吉の二男として生まれた。

平吉は明治の末期に兄佐吉から独立、織機を据えてを織る工場を持った[6]

愛知県立第一中学校第八高等学校(現・名古屋大学)を経て、1936年東京帝国大学工学部機械工学科を卒業。豊田自動織機に入り、自動車部に配属され[7]東京市本郷区曙町(現本駒込)の豊田喜一郎宅に下宿し、豊田自動織機製作所自動車部芝浦研究所に勤務した。また多忙な喜一郎に代わり、豊田章一郎の中学校入学式に父兄代行として出席するなどした[8]

トヨタ自動車[編集]

1941年に日本が第二次世界大戦に参戦すると、トヨタの生産能力は軍のトラック製造に向けられた。そのため航空機開発は中断された。戦後GHQ財閥解体はトヨタにも影響を及ぼしたが、代わりにその後トヨタは自動車の製造によって日本の再建の一端を担うこととなる。しかし需要の増加にもかかわらず、終戦直後はほとんど破産しかかった状態で、大規模なリストラによって難をしのいだ形となった。

1945年取締役就任。日本の降伏後の混乱の中、豊田喜一郎から瀬戸物業を命じられ、岐阜県多治見市に通う日々が続いた[9]

その後常務、専務を歴任し、1967年10月、中川不器男社長(三井銀行出身)の急逝に伴い社長に就任。工・販統合直前の1982年6月まで14年9か月にわたって社長を務めた。[10]。この間、日本自動車工業会会長なども兼任。

1982年の工販合併を機に豊田喜一郎の長男である豊田章一郎に社長を譲り会長となる。

晩年[編集]

1992年に会長を退任し、名誉会長となる。1994年には取締役を退任した。1999年からは最高顧問を務めた。2000年豊田市名誉市民。

2002年に妻・寿子が死去し、豊田市に遺産1億が寄付された。英二本人も2010年2月より体調を崩し、豊田市のトヨタ記念病院に入院していた。入院中、見舞いに訪れる現社長の豊田章男を叱咤激励していたという[11]2013年9月17日、心不全で死去[12]。100歳没。10月8日の閣議正三位に叙されることが決定した[13]。2014年、長男の豊田幹司郎・アイシン精機会長ら遺族から遺産10億円が豊田市に寄付された[14]

顕彰[編集]

1994年に米国自動車殿堂入り(日本人としては本田宗一郎に次ぐ)、翌1995年にはイギリス機械学会からジェームズ・ワット国際金賞を受賞した。1999年にはアメリカの週刊誌「タイム」で「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の一人に選ばれた(日本人で他に選ばれたのは昭和天皇盛田昭夫黒澤明三宅一生井上大佑)。

エピソード[編集]

伯父豊田佐吉について豊田英二の『私の履歴書』によると、「おやじの兄弟、つまり豊田佐吉、平吉、佐助は異常に仲が良かった。みんな好きだが、末っ子の佐助が一番強かった。うちのおやじも好きだが一番弱い。長男の佐吉は真ん中ぐらいだろう。おじいさんの伊吉は大工だった。大工は毎日仕事があるわけではないから、農業もやる。大工の仕事があると、それをやって現金収入を得ていたのであろう。佐吉も見よう見まねで大工仕事をやっていた。初めは伊吉が教えていたのだろうが、親はなかなか教えにくい。だから豊橋の大工の棟梁(とうりょう)に弟子入りさせた。佐吉が最初につくった“かせ繰り機”は、機械といっても、要は大工仕事の延長であったわけだ。私がものごころついたころ、豊田の織機は御木本真珠鈴木バイオリンとともに有名になっており、佐吉は名声をはせていた。しかし、小さいころから佐吉を身近にみてきたせいか、生前、佐吉を“伯父さん”としてみたことはあっても“発明家佐吉”としてみたことはなかった」という[15]

家族[編集]

役職[編集]

  • 財団法人トヨタ財団評議員
  • 財団法人2005年日本国際博覧会顧問
  • 社団法人日本自動車会議所顧問
  • 財団法人科学技術交流財団特別顧問
  • 財団法人がん研究振興財団理事
  • 財団法人助成財団センター顧問
  • 財団法人国際文化交換協会評議員
  • 社団法人日本ポルトガル協会理事
  • 財団法人立松財団評議員
  • 財団法人大河内記念会顧問
  • 財団法人日本美術協会相談役

栄典[編集]

著書・参考文献[編集]

モデルとして演じた人物[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
ビジネス
先代:
(新設)
トヨタ自動車会長
初代 : 1982年 - 1992年
次代:
豊田章一郎
先代:
中川不器男
トヨタ自動車工業社長
第5代 : 1967年 - 1982年
次代:
(廃止)
学職
先代:
(新設)
トヨタ東京整備学園理事長
初代 : 1988年 - 1997年
次代:
栗岡完爾
先代:
(新設)
トヨタ学園理事長
初代 : 1979年 - 1998年
次代:
豊田達郎
文化
先代:
(新設)
トヨタ財団会長
初代 : 1990年 - 1998年
次代:
豊田達郎
先代:
(新設)
トヨタ財団理事長
初代 : 1974年 - 1990年
次代:
飯島宗一
その他の役職
先代:
川又克二
日本自動車工業会会長
第2代 : 1972年 - 1980年
次代:
石原俊
先代:
竹崎瑞夫
自動車技術会会長
第5代 : 1958年 - 1961年
次代:
荒牧寅雄