斎藤明彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

齋藤 明彦(さいとう あきひこ、1940年7月24日 - )は、日本工学博士実業家トヨタ自動車副社長デンソー代表取締役会長を歴任。

1968年、名古屋大学大学院工学研究科博士課程終了。同年、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。同社取締役、副社長等を経て、2005年デンソー代表取締役副会長、2007年代表取締役会長。

経歴[編集]

  • 1959年 東海高等学校卒業[1]
  • 1963年 名古屋大学工学部卒業[2]
  • 1968年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程修了、工学博士(学位請求論文『差形係数励振振動の研究』[3]
  • 1968年 トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社
  • 1975年 製品企画室(セリカカリーナ担当)
  • 1980年 製品企画室(カローラ担当)
  • 1989年 トヨタ自動車㈱製品企画統括部チーフエンジニア
  • 1996年 トヨタ自動車常務取締役
  • 1998年 トヨタ自動車専務取締役
  • 2001年 トヨタ自動車副社長
  • 2005年 デンソー代表取締役副会長
  • 2007年 デンソー代表取締役会長
  • 2009年 デンソー特別顧問

引用[編集]

  1. ^ 「【1959年・東海高校卒業】齋藤明彦(デンソー顧問・トヨタ自動車顧問)インタビュー 」
  2. ^ 「特別寄稿 」
  3. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
岡部弘
デンソー会長
第11代:2007年 - 2009年
次代:
深谷紘一