名尾良孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名尾 良孝(なお りょうこう、1917年3月18日 - 1991年5月6日)は、日本の政治家。元参議院議員(2期)。弁護士青森県出身。父は秋田県知事(官選)を務めた名尾良辰

来歴・人物[編集]

浦和中学を経て、中央大学法学部卒業後、弁護士として活動。1959年、埼玉県議会議員に当選。以後当選6回。在職中には埼玉県議会議長を務めた。その後1980年第12回参議院議員通常選挙自民党公認で埼玉県選挙区から立候補し初当選。鈴木派→宮沢派に属した。法務政務次官、参議院内閣委員長、同商工委員長、自由民主党埼玉県支部連合会会長、埼玉菊花連盟顧問などを歴任した。1979年藍綬褒章受章。

参議院議員2期目途中となる1991年5月6日、議員宿舎[どこ?]から投身自殺した。74歳没。病気を苦にしていたという。死去に伴い従四位叙位、勲二等瑞宝章受章。

補欠選挙に際して、後継者として通商産業省勤務の長男・名尾良泰(後に経済産業省関東経済産業局長)が名乗りを上げたが、自民党埼玉県連の支持を得られず立候補を断念した。代わりに1988年の埼玉県知事選挙で落選した元消防庁長官の関根則之が同党公認で立候補し、当選した。

議会
先代:
倉田寛之
日本の旗 参議院商工委員長
1990年 - 1991年
次代:
岩本政光
先代:
岩本政光
日本の旗 参議院内閣委員長
1987年 - 1988年
次代:
大城眞順
先代:
石沢義夫
埼玉県議会議長
第69代:1967年 - 1968年
次代:
飯塚孝司