小島敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小島 敏男
生年月日 (1939-11-11) 1939年11月11日(78歳)
出生地 埼玉県熊谷市
出身校 中央大学法学部
前職 埼玉県議会議員
所属政党 自由民主党志帥会
称号 旭日重光章

選挙区 埼玉12区
当選回数 4回
テンプレートを表示

小島 敏男(こじま としお、1939年11月11日 - )は、日本の元政治家自由民主党所属の元衆議院議員(4期)。埼玉県熊谷市出身。中央大学法学部卒業。現在は立正大学客員教授(法学部)[1]

経歴[編集]

熊谷市議会議員3期・同議長、埼玉県議会議員4期・同議長を経て、1996年第41回衆議院議員選挙に立候補するものの落選。1999年1月、中島洋次郎の議員辞職に伴う繰り上げ当選で初当選。文部科学副大臣外務大臣政務官を経て、2006年9月より、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長として拉致問題の解決にあたる。更に衆議院環境委員長などを歴任した。

先の大戦による戦没者の遺骨収集を行うNPO法人空援隊の顧問であり、超党派の顧問議員団の会長を務めている。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で落選。同年9月30日、年齢が70歳目前に迫っており再立候補時には70歳を超えてしまうことや世代交代への期待を理由に政界引退を表明した。

市議・県議・更に衆議院議員としてそれぞれ10年以上在職し、併せて三重の議員年金受給資格を持っていることでも知られている。

2010年春、旭日重光章叙勲。

役職[編集]

所属していた議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 立正大学学園新聞 第111号(2010年10月1日刊)の 3ページ目に写真が紹介されている


議会
先代:
西野あきら
日本の旗 衆議院環境委員長
2007年 - 2008年
次代:
水野賢一
公職
先代:
小野晋也
稲葉大和
日本の旗 文部科学副大臣
塩谷立と共同
2004年 - 2005年
次代:
河本三郎
馳浩
先代:
望月義夫桜田義孝丸谷佳織
日本の旗 外務大臣政務官
山口泰明丸谷佳織と共同

2001年 - 2002年
次代:
松浪健四郎今村雅弘水野賢一