鈴木憲和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 憲和
すずき のりかず
Norikazu Suzuki 20150907(2).JPG
生年月日 (1982-01-30) 1982年1月30日(35歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都中野区大和町
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員農林水産省
現職 山形県支部連合会会長長
水産部会長代理
所属政党 自由民主党額賀派
公式サイト 日本を耕す!!鈴木憲和

選挙区 山形2区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日 -
テンプレートを表示

鈴木 憲和(すずき のりかず、1982年1月30日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、自民党山形県連会長。

経歴[編集]

東京都中野区大和町生まれ[1]開成高等学校を経て、2005年3月、東京大学法学部卒業し、農林水産省に入省[2]2007年内閣官房美しい国づくり」推進室に出向。2008年3月、消費・安全局表示・規格課法令係長に昇進し、12月に「日本再耕」プロジェクトを立ち上げる。2009年6月に消費・安全局総務課総括係長に異動する[2][3]

農林水産省大臣官房総務課総括係長を経て、父が南陽市(選挙区では山形2区)出身の縁から自民党山形県連の候補者選考に応募し、2012年2月に選出され、農林水産省を退官[2]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙で山形2区に自民党から出馬。TPP交渉反対を掲げ、民主党候補の近藤洋介(TPP賛成派)を破って初当選[4]

2013年11月7日、自民党山村振興特別委員会事務局次長に就任[5]2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で再選[6]2015年自由民主党政務調査会農林部会長代理に就任。2016年1月に額賀派に入会した[7]。11月10日に農林部会長代理を辞任[8]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では希望の党へ移った近藤に比例復活も許さず3選[9]

政策・主張[編集]

農林水産業[編集]

2013年4月10日、農林水産委員会でコメの食糧援助について質疑。アフリカなど人口増加が見込まれる被援助国に対して、将来的なジャポニカ米のマーケット形成とコメの生産量拡大のため、被援助国のニーズを拡大するための政策を進めるべきと主張した[10]。同月15日、予算委員会第六分科会でTPPの関税撤廃について質疑。関税撤廃後も和牛の海外競争力を維持するため、肉質の向上とブランド化を強化し輸出を促進するべきと主張した。また、BSE検査について、財政の負担になっている過剰な検査を止め、科学的根拠に基く検査のみ実施するべきと主張した[11]

2016年11月10日、「初当選した選挙の公約がTPP反対だった。自分なりにけじめをつけるため賛成できなかった」として衆議院本会議を退席し、TPP承認案・関連法案の採決を棄権した[8]。鈴木の党議拘束違反に対して、自民党幹事長二階俊博は「処分に値しない。処分とはよほど立派な議員にすることだ」と不快感を示した[12]

若年者雇用[編集]

2014年2月4日、議院運営委員会国家公務員の人材確保について質疑。20代の人材流出が著しい点と理系人材のスキル向上が行われていない点を指摘し、優秀な人材確保と流出を防ぐための対策を検討するべきと主張した[13]。同月26日、予算委員会第七分科会で雇用対策について質疑。起業から数年後の企業の雇用創出効果が大きい点を指摘し、経済成長と雇用創出のために起業を支援するべきと主張し、公共調達の際に起業3年以内の新興企業に対する優先枠を設けるなどの取り組みを行うべきと提案した。また、地方の人材流出について、大学卒業後のUターン就業と地方中小企業の活性化が必要として支援を行うべきと主張した[14]

安全保障[編集]

2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[15]

2015年7月16日、平和安全法制の衆議院採決について、「日米安保体制を補完することで抑止力が高まり、領土・国民を守ることができる」として賛成した[16]

山形県内[編集]

2014年7月15日、南陽市平成26年台風第8号による浸水被害を受け、大沼瑞穂らと共に激甚災害指定と復旧費用の交付を求める要望書を太田昭宏国土交通大臣に提出した[17]

2015年5月30日、山形県開発推進懇談会に出席。第3次安倍内閣の掲げる地方創生推進のため、子育て支援・地方への定住化・再生可能エネルギー推進による地域活性化・公共インフラ整備について協議した[18]

その他[編集]

  • 2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、選択的夫婦別姓制度導入に賛成、としている[19]

所属団体・議員連盟[編集]

不祥事[編集]

公職選挙法違反[編集]

  • 2017年の衆議院選挙において、解散後から公示前日までに鈴木への投票を呼び掛ける趣旨の文書数千通を選挙区内の企業や個人宛てにメール便で送ったとして、鈴木の秘書が公職選挙法違反(法定外文書頒布、事前運動)容疑で書類送検された[20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「お金はなくても、汗はかきます」という政策の下に
  2. ^ a b c “政治家になるまでの歩み”. 鈴木憲和公式サイト. http://suzuki-norikazu.com/profile/%e6%94%bf%e6%b2%bb%e5%ae%b6%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%ad%a9%e3%81%bf/ 2015年6月10日閲覧。 
  3. ^ “鈴木憲和”. 衆議院. http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/238.html 2016年8月4日閲覧。 
  4. ^ “〈衆院選〉TPP論戦様変わり・山形2区”. 河北新報. (2014年12月8日). http://archive.fo/sTUCU 2015年6月21日閲覧。 
  5. ^ “全国山村振興連盟理事会を開催”. 全国山村振興連盟. http://www.sanson.or.jp/sokuhou/no_1017/1017-2.html 2015年6月21日閲覧。 
  6. ^ “〈衆院選〉「2期目のジンクス」打破”. 河北新報. (2014年12月15日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141213_51005.html 2015年6月10日閲覧。 
  7. ^ 自民・二階派、第4派閥に 麻生派と並ぶ”. 日本経済新聞 (2016年1月7日). 2016年6月27日閲覧。
  8. ^ a b 自民・鈴木憲和氏が造反=TPP採決を棄権”. 時事通信 (2016年11月10日). 2016年11月19日閲覧。
  9. ^ <衆院選山形>票上積み自民盤石 共闘崩れて希望しぼむ”. 河北新報 (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  10. ^ “第183回 衆議院 農林水産委員会 平成25年4月10日 第5号”. 衆議院. (2013年4月10日). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000918320130410005.htm 2015年6月14日閲覧。 
  11. ^ “第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号”. 衆議院. (2013年4月15日). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/003618320130415002.htm 2015年6月21日閲覧。 
  12. ^ 自民・二階俊博幹事長「処分に値しない」 TPP承認案で造反の若手議員”. 産経新聞 (2016年11月19日). 2016年11月19日閲覧。
  13. ^ “第186回 衆議院 議院運営委員会 平成26年2月4日 第4号”. 衆議院. (2014年2月4日). http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/002018620140204004.htm 2015年6月14日閲覧。 
  14. ^ “第186回 衆議院 予算委員会第七分科会 平成26年2月26日 第1号” (PDF). 衆議院. (2014年2月26日). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/186/0037/18602260037001.pdf 2015年6月14日閲覧。 
  15. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  16. ^ “安保法案衆院通過、本県4衆院議員コメント 自民「平和守る」民主「数の横暴」”. 山形新聞. (2015年7月17日). http://archive.fo/T14l1 2015年7月17日閲覧。 
  17. ^ “南陽豪雨で自公が激甚指定要望 県選出の国会議員ら、国交相に”. 山形新聞. (2014年7月16日). http://archive.fo/GoWhm 2015年6月13日閲覧。 
  18. ^ “地方創生、政府への提言で議論 県開発推進懇談会”. 山形新聞. (2015年5月31日). http://archive.fo/fEIV5 2015年6月13日閲覧。 
  19. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  20. ^ “山形 <衆院選山形>2区鈴木氏秘書を書類送検 公選法違反容疑 有権者に文書数千通”. 時事通信. http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171122_53011.html 2017年12月2日閲覧。 

外部リンク[編集]