山本拓 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山本 拓
生年月日 (1952-07-07) 1952年7月7日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 福井県鯖江市
出身校 法政大学文学部
前職 福井県議会議員
所属政党 自由民主党→)
自由党→)
自由改革連合→)
新進党→)
無所属→)
自由民主党(二階派
称号 文学士(法政大学)
親族 父・山本治
公式サイト 山本拓公式ホームページ

選挙区 福井県全県区→)
福井2区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 7回
テンプレートを表示

山本 拓(やまもと たく、1952年昭和27年)7月7日 ‐ )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党福井県連会長。

農林水産副大臣第1次安倍内閣)、衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長、衆議院懲罰委員長、衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長福井県議会議員(2期)等を歴任した。

父は鯖江市長、福井県議会議長、自民党福井県連幹事長を歴任した山本治。父方の祖父は山本雅雄(元福井県議会議員)。同じく自民党衆議院議員の高市早苗は元妻(2004年-2017年)[1]

来歴[編集]

福井県鯖江市生まれ。福井県立武生高等学校法政大学文学部卒業。郷里・鯖江市の鯖江青年会議所理事長を経て、福井県議会議員選挙に出馬し、2期務める[要出典]1990年平成2年)、第39回衆議院議員総選挙自由民主党公認で福井県全県区から出馬し、当選した。

1994年(平成6年)、新井将敬太田誠一柿澤弘治佐藤静雄米田建三と山本の6人で自民党を離党し、保守無所属高市早苗を加えて自由党(柿澤自由党)を結党[要出典]羽田内閣で党首の柿澤が外務大臣に就任し、与党入りする。羽田内閣総辞職後、元首相の海部俊樹を党首に自由改革連合を結成に参加し、同年末の新進党結党に合流する[要出典]

小選挙区比例代表並立制導入に伴い、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙では福井2区から新進党公認で出馬したが、自民党の牧野隆守に敗れ、落選。1997年(平成9年)1月に新進党を離党し、福井県知事選挙に無所属で出馬したが、現職の栗田幸雄に大差で敗北した。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙への出馬も見送ったが、この間に自民党に復党。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙には自民党公認で福井2区から出馬し、当選。

2004年(平成16年)、当時は落選中だった高市早苗と結婚[1]。高市が2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙で当選したことで、夫婦共に衆議院議員となった。2006年(平成18年)に発足した第1次安倍内閣農林水産副大臣に任命された。

2008年自由民主党総裁選挙では麻生太郎に投票したが、翌2009年(平成21年)6月、世論調査麻生内閣支持率が2割を切ると、麻生の自由民主党総裁としての任期が切れる9月の総裁選を、第45回衆議院議員総選挙前に前倒しして実施するよう求める署名運動を自民党内で開始(麻生おろし)。6月22日、108人の賛同者がいると発表したが、賛同者の名前は明かさなかった[2]。108人という数字について、党内には真偽を疑う声もあったが、山本は「麻生首相が「やけくそ解散」の準備を始めるなら、前倒しに必要な署名(216人分)を確保して総裁選を実現する」と発言していた[3]。山本の所属する町村派では、同派相談役の森喜朗が「いったん辞めたのを私が身元引受人のようになって入れたのに、また騒動を起こしている。恥ずかしいので派閥から排除してほしい」と述べ[4]、山本の派閥除名を要求した[4]。その後、党執行部の巻き返しにより、総裁選の前倒しの動きは頓挫する。

第45回衆議院議員総選挙では、福井2区で民主党糸川正晃[5]を破り、5選。2010年(平成22年)11月、翌2011年(平成23年)の第17回統一地方選挙で実施される福井県知事選挙に出馬する意向が報じられた[6]が、最終的に出馬を見送り、自民党は現職の西川一誠を支援した。同年に町村派を退会[7]し、以後は無派閥で活動する[要出典]

2012年(平成24年)12月の第46回衆議院議員総選挙では、福井2区で民主党の糸川らを破り、6選。選挙後、衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に就任した。2014年(平成26年)12月の第47回衆議院議員総選挙では、0増5減による福井県選挙区の見直しにより、比例北陸信越ブロックに転出することとなった[8]。投開票の結果、7回目の当選。また、町村派退会以来無派閥で通していたが、この選挙の直前に二階派に入会した[要出典]。2017年7月19日、妻で同僚の高市早苗議員と政治スタンスの違いから離婚を発表[9]

政策・主張[編集]

原子力政策[編集]

内政[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入に反対[12]
    • 一方、元妻の高市早苗は、旧姓を通称として利用し政治活動を行っている[13]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “高市早苗総務相が離婚 自民・山本拓衆院議員と”. 福井新聞ONLINE. 福井新聞社. (2017年7月19日). http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/217887 2017年7月19日閲覧。 
  2. ^ “総裁選前倒しに賛同者が「108人に」 自民党・山本拓氏”. 産経新聞. (2009年6月22日) 
  3. ^ “「総総分離論」自民内に浮上 麻生首相続投でも総裁選前倒し”. 日本経済新聞. (2009年6月23日) 
  4. ^ a b “山本拓氏の派閥除名求める 森氏、総裁選前倒し署名で”. 47NEWS. 共同通信社. (2009年7月1日). http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070101000751.html 2012年2月19日閲覧。 
  5. ^ 衆議院解散まで国民新党に所属していたが、解散後に同党を離党し民主党に入党した。
  6. ^ “選挙:知事選 自民衆院議員・山本氏が出馬準備 後援会要請「前向きに検討」 /福井”. 毎日新聞. (2010年11月15日). http://mainichi.jp/area/fukui/news/20101114ddlk18010400000c.html 2010年11月22日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 清和政策研究会 会員紹介
  8. ^ 山本拓氏が比例に転出 自民が福井の選挙区で調整 - 日本経済新聞
  9. ^ 高市総務相が離婚 国会議員夫妻「政治スタンスの違い」 朝日新聞 2017年7月19日閲覧
  10. ^ 「地下原発」を提言します。
  11. ^ a b c “2012衆院選 福井2区 山本拓”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A18002004004 2013年4月18日閲覧。 
  12. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  13. ^ 結婚のご報告 2004年09月23日 早苗コラム
  14. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  15. ^ パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)

外部リンク[編集]

議会
先代:
保岡興治
日本の旗 衆議院政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長
2014年 - 2016年
次代:
山本公一
先代:
保岡興治
小島敏男
日本の旗 衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2012年 - 2014年
2007年 - 2008年
次代:
平沢勝栄
柳本卓治
先代:
山本有二
日本の旗 衆議院懲罰委員長
2012年
次代:
近藤昭一
公職
先代:
宮腰光寛
三浦一水
日本の旗 農林水産副大臣
国井正幸と共同

2006年 - 2007年
次代:
今村雅弘
岩永浩美