堀井学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀井 学
ほりい まなぶ
Horii Manabu (2017).png
外務大臣政務官在任時の肖像写真
生年月日 (1972-02-19) 1972年2月19日(50歳)
出生地 日本の旗 北海道室蘭市
出身校 専修大学商学部
前職 スピードスケート選手
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党安倍派
公式サイト 堀井学 公式サイト

選挙区北海道9区→)
比例北海道ブロック
当選回数 4回
在任期間 2012年12月17日 - 現職

選挙区 登別市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月8日 - 2012年12月4日
テンプレートを表示

堀井 学(ほりい まなぶ、1972年2月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。元外務大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。元北海道議会議員、元スピードスケート選手。北海道室蘭市出身。専修大学卒業。日本オリエンテーリング協会会長、北海道オリエンテーリング協会会長、室蘭ふるさと大使[1]

来歴[編集]

1972年2月19日に北海道室蘭市に生まれる。小学4年からスピードスケートを始める。室蘭市立白鳥台小学校、本室蘭中学校を卒業後、白樺学園高等学校に入学。その後専修大学商学部へ進学。

リレハンメル五輪で銅メダル獲得[編集]

1994年リレハンメルオリンピック500mで銅メダルを獲得。大学卒業後は王子製紙を経てPJMジャパンに所属して競技生活を続け、1996年にはワールドカップ500m総合優勝、1000mで世界記録を樹立した[2]

1997年から導入されたスラップスケートへの対応に苦しみ、1998年長野オリンピックでは、500mと1000mでいずれも惨敗に終わった。2002年ソルトレークシティオリンピックでは、500mと1000mで再び入賞を逃し、同オリンピックを最後に現役を引退した[3]

政界進出[編集]

北海道議会議員[編集]

2007年4月執行の第16回統一地方選挙北海道議会議員選挙に向け、自民党登別支部の役員が堀井と会談し北海道議会議員選挙への出馬を打診、堀井は「(出馬を)前向きに検討したい」と語ったとされる[4]。数日後、自民党北海道連会長橋本聖子から出馬を直接要請した後、堀井が出馬を表明[5]

北海道議会議員選挙に登別市選挙区から自由民主党公認で立候補[6]し、北海道議会議員に当選[7]

2011年4月執行の第17回統一地方選挙にて北海道議会議員に再選[8]

衆議院議員[編集]

2期目途中の2012年、元内閣総理大臣である鳩山由紀夫への対抗馬として第46回衆議院議員総選挙北海道9区から自民党公認で立候補することが決定[9]。なお北海道9区は1996年に小選挙区制が導入されて以来、自民党が過去一度も小選挙区で議席を獲得できない選挙区であった[10]

鳩山は民主党(当時)、連合、自身の後援会による合同選挙対策本部をつくり立候補の構えをみせたが、公示直前になり立候補を取りやめ政界引退[11][12]

同年12月の第46回衆議院議員総選挙にて民主党公認山岡達丸らを比例復活を許さぬ大差で初当選[13]。これにより、日本のオリンピックメダリストとして初となる代議士(衆議院議員)に選出された[13]2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で再選。

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣において外務大臣政務官に就任[14]。2018年スウェーデンで開催された「子どものための2030アジェンダ:ソリューションズ・サミット」に日本政府代表で出席するなど主に欧州・アフリカ地域の外交を担当した。2021年6月、それまで顧問を務めていた日本オリエンテーリング協会の会長に就任[15][16]。2018年首相官邸に設置されるアイヌ推進会議の座長代理に就任[17]

2021年10月執行の第49回衆議院議員総選挙に北海道9区から自民党公認(公明党推薦)で出馬したが、小選挙区において山岡に敗れ、初めて比例復活での当選となった[18]

政策[編集]

コロナ対策感染対策のため消費税引き下げ[編集]

コロナ対策感染症収束後の景気回復として時限的な消費税引き下げを導入すべき[19]とするほか、雇用調整助成金の延長や持続化給付金の再給付を主張している[20]

また、「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同するなど積極財政派である[21]

安定安価な電気確保による鉄鋼業の競争力復活[編集]

鉄鋼業が盛んであった室蘭市の復活のためには、原発の活用による安定安価な電源供給により競争力確保がやむ負えないとしている[22]。「原子力発電はエネルギー安全保障、経済性、CO2排出面で優れており、石炭、水力、地熱と並んでコストが安く、出力が一定の重要な電源」であると主張する[23]

原子力規制委員会の審査に合格した原発は再稼働すべき[24]であり、北海道電力泊原発はすぐに再稼働すべきとしている[23][25]

鉄鋼業への研究開発費助成によりカーボンニュートラル達成[編集]

また、政府が掲げる脱炭素社会の目標達成に向けて、鉄鋼業がカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に苦しまぬよう、設備投資や研究開発費への助成にも取り組んでいくとしている[26]

北方領土の4島一括返還[編集]

北方領土問題で日本はロシアに4島一括返還を求め続けるべきとしている[27]。また、北方領土でのロシアとの共同経済活動は北方四島の返還につながると思うとする[28]

外務大臣政務官の担当地域はロシアを含めたヨーロッパ、中東、アフリカ。特に力を入れたのは北方領土の帰属問題を抱えるロシアとの関係強化[29]

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致[編集]

カジノを含む統合型リゾート(IR)に賛成しており[30]、自身の選挙区内の苫小牧市への誘致による雇用創出を目指している[31]

その他[編集]

  • 憲法の改正に賛成[24][32][30][33]。改正すべき項目として「憲法改正の手続」「戦争放棄と自衛隊(第9条)」「緊急事態条項」を挙げる[30][33]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、2014年のアンケートでは「反対」[30]。2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[33]。2021年には地方議員に送ってた選択的夫婦別姓制度導入に反対する文書に名前を連ねていた[34]。同性婚を法律で認めることについて、どちらとも言えない[33]

人物[編集]

  • 1997年に当時看護師の女性と結婚し、同年12月に誕生した長男[35] をはじめとした4男1女の父である。
  • 選手時代、スポーツ選手として尊敬する人物として、黒岩彰(カルガリー五輪銅メダリスト、後の埼玉西武ライオンズ球団代表)と回答している[36]。また政治家として尊敬する人物は橋本聖子と回答している[37]
  • 旅行(温泉巡り)、スポーツ観戦
  • 喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[38]

所属団体・議員連盟[編集]

スケート選手としての主な成績[編集]

  • 1994年 リレハンメルオリンピック 500m 3位入賞(銅メダル獲得)[43]
  • 1996年 ワールドカップ500m総合優勝、1000mで世界記録[2]
  • 1998年 長野オリンピック 500m 13位、1000m 17位[44]
  • 2002年 ソルトレイクシティオリンピック 500m 14位、1000m 22位[45]

著書[編集]

  • 終わりなき挑戦―100分の2秒が人生を変えた 元就出版社、2003年 ISBN 4906631975

参照[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 室蘭市/ふるさと大使”. www.city.muroran.lg.jp. 2022年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 堀井学プロフィール”. 2021年10月20日閲覧。
  3. ^ 第18回オリンピック冬季競技大会 プロフィール”. 2021年11月20日閲覧。
  4. ^ “選挙:北海道議選・登別区 堀井学氏、出馬か 今週末にも態度表明”. 毎日新聞北海道朝刊. (2007年3月15日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  5. ^ “選挙:北海道議選 スピードスケートの堀井学氏、出馬へ”. 毎日新聞東京夕刊. (2007年3月17日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  6. ^ “’07統一選:道議選 立候補者(その2止) /北海道”. 毎日新聞北海道朝刊. (2007年3月31日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  7. ^ “選挙:北海道議選 堀井学さん、道議に当選「燃える使命感」--登別市”. 毎日新聞北海道朝刊. (2007年4月9日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  8. ^ “2011統一地方選・北海道:道議選 喜びの当選者 /北海道”. 毎日新聞. (2011年4月11日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  9. ^ “堀井氏、鳩山氏に宣戦布告…自民支部が擁立承認”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年7月1日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120701-OYT1T00354.htm?from=top 2012年7月1日閲覧。 
  10. ^ “自民・堀井学氏が初当選 「最後まで鳩山さんと戦った」”. 朝日新聞. (2012年12月16日) 
  11. ^ “民主衰退の象徴=「選挙に追い風」の声も−鳩山氏不出馬【12衆院選】”. 時事通信社. (2012年11月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112001039 2012年11月23日閲覧。 
  12. ^ “鳩山元首相、総選挙出馬を断念 野田首相に追い込まれ”. 朝日新聞. (2012年11月21日) 
  13. ^ a b ダッシュ成功!堀井学氏メダリスト初衆院議員 サンケイスポーツ 2012年12月17日閲覧
  14. ^ 9区選出の自民党・堀井衆院議員 外相政務官就任へ”. 苫小牧民報 (2017年8月7日). 2017年8月9日閲覧。
  15. ^ https://www.facebook.com/jimusyo.horiimanabu/posts/3089691897926058
  16. ^ 日本オリエンテーリング協会 公式Twitter
  17. ^ 内閣官房アイヌ総合政策室”. 2021年10月20日閲覧。
  18. ^ 衆議院選挙2021 北海道(札幌・函館など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  19. ^ “衆院選2021 候補者アンケート 北海道9区”. 日本放送協会. (2021.10.20) 
  20. ^ “日胆の将来 訴え熱く 衆院選北海道9区 2候補が第一声”. 北海道新聞. (2021年10月19日) 
  21. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月24日閲覧。
  22. ^ “2氏が西胆振入り 衆院選北海道9区初の週末”. 北海道新聞. (2021年10月24日) 
  23. ^ a b “2014衆院選:候補者アンケート/1 泊原発について /北海道”. 毎日新聞. (2014年12月9日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  24. ^ a b “2012 衆院選”. 毎日新聞. (2012年). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A01009002002 2017年10月14日閲覧。 
  25. ^ “衆院選:候補者・道内課題アンケート/1 泊原発再稼働は(その2止) /北海道”. 毎日新聞北海道版. (2012年12月9日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  26. ^ “2氏が西胆振入り 衆院選北海道9区初の週末”. 北海道新聞. (2021年10月24日) 
  27. ^ “2014衆院選:候補者アンケート/2(その2止) 北方領土問題について /北海道”. 毎日新聞. (2014年12月10日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  28. ^ “衆院選2017:候補者アンケート/3 北方領土 /北海道”. 毎日新聞北海道版. (2017年10月19日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月20日閲覧。 
  29. ^ 堀井学外務大臣政務官の北方領土返還要求中央アピール行動「アピール行進」出発式への参加”. 外務省. 平成29-12-01閲覧。
  30. ^ a b c d “2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. (2014年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2017年10月20日閲覧。 
  31. ^ “「鉄のまち」働き手の支持はどこへ 立憲候補支援の労組、どう動く”. 朝日新聞. (2021年10月23日) 
  32. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査:第46回総選挙”. 朝日新聞. (2012年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/asahitodai/ 2017年10月20日閲覧。 
  33. ^ a b c d “2017年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. (2017年). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/asahitodai/koho.html?k=00000ZFM 2017年10月20日閲覧。 
  34. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年2月25日閲覧。
  35. ^ 「苦しんだ1年」 涙の堀井、スラップで“迷路”” (1998年2月16日). 2019年4月2日閲覧。
  36. ^ 第18回オリンピック冬季競技大会 プロフィール”. 日本オリンピック委員会. 2021年10月20日閲覧。
  37. ^ 衆議院議員選挙2021”. Yahoo!Japan. 2021.10.20閲覧。
  38. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  39. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  40. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  41. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  42. ^ アイヌ政策を推進する議員の会への要請”. 2019年8月24日閲覧。
  43. ^ 堀井 学(1994年 リレハンメル 銅)”. 2021年10月20日閲覧。
  44. ^ 選手 堀井 学”. 2021年10月20日閲覧。
  45. ^ 選手 堀井 学”. 2021年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
武井俊輔
滝沢求
山田美樹
日本の旗 外務大臣政務官
岡本三成
堀井巌と共同

2017年 - 2018年
次代:
山田賢司
辻清人
鈴木憲和