堀井学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
堀井 学
ほりい まなぶ
生年月日 (1972-02-19) 1972年2月19日(45歳)
出生地 日本の旗 北海道室蘭市
出身校 専修大学商学部
前職 スピードスケート選手
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト ほりい学 オフィシャルサイト

選挙区 北海道9区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月17日 - 現職

選挙区 登別市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月8日 - 2012年12月4日
テンプレートを表示
堀井 学
基本情報
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1972-02-19) 1972年2月19日(45歳)
出身地 北海道室蘭市
公式サイト ほりい学 オフィシャルサイト
 
獲得メダル
オリンピック
男子 スピードスケート
オリンピック
1994 リレハンメル 500m
世界距離別選手権
1997 ワルシャワ 500m
世界スプリント選手権
1996 ヘーレンフェーン 総合

堀井 学(ほりい まなぶ、1972年2月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。元北海道議会議員、元スピードスケート選手。北海道室蘭市出身。専修大学卒業。日本オリエンテーリング協会顧問、北海道オリエンテーリング協会会長。

略歴[編集]

小学4年からスピードスケートを始める。白鳥台小学校、本室蘭中学校を卒業後、白樺学園高等学校に入学。その後専修大学商学部へ進学し、1994年リレハンメルオリンピック500mで銅メダルを獲得。大学卒業後はPJMジャパンに所属して競技生活を続け、1996年にはワールドカップ500m総合優勝、1000mで世界記録を樹立した[要出典]

1997年から導入されたスラップスケートへの対応に苦しみ、1998年長野オリンピックでは、500mと1000mでいずれも惨敗に終わった。2002年ソルトレイクシティオリンピックでは、500mと1000mで再び入賞を逃し、同オリンピックを最後に現役を引退した。

2007年、北海道議会議員となった。2期目途中の2012年、元内閣総理大臣である鳩山由紀夫への対抗馬として第46回衆議院議員総選挙に出馬することが決定(鳩山は立候補せず政界引退[1])。同年12月の第46回衆議院議員総選挙にて初当選[2]。これにより、日本のオリンピックメダリストとして初となる代議士に選出された[2]

政歴[編集]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

主な成績[編集]

  • 1994年2月 リレハンメルオリンピック 500m 3位入賞(銅メダル獲得)
  • 1998年2月 長野オリンピック 500m 13位、1000m 17位
  • 2002年2月 ソルトレイクシティオリンピック 500m 14位、1000m 22位

著書[編集]

  • 終わりなき挑戦―100分の2秒が人生を変えた 元就出版社、2003年 ISBN 4906631975

参照[編集]

  1. ^ “民主衰退の象徴=「選挙に追い風」の声も−鳩山氏不出馬【12衆院選】”. 時事通信社. (2012年11月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112001039 2012年11月23日閲覧。 
  2. ^ a b c ダッシュ成功!堀井学氏メダリスト初衆院議員 サンケイスポーツ 2012年12月17日閲覧
  3. ^ “堀井氏、鳩山氏に宣戦布告…自民支部が擁立承認”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年7月1日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120701-OYT1T00354.htm?from=top 2012年7月1日閲覧。 
  4. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  8. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]