熊代昭彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊代 昭彦
くましろ あきひこ
生年月日 (1940-02-21) 1940年2月21日(79歳)
出生地 岡山県津高郡一宮村
(現・岡山市北区
出身校 東京大学法学部
ウィスコンシン大学大学院
前職 国家公務員厚生省
現職 市民の党「自由と責任」代表
所属政党自由民主党橋本派)→)
国民新党→)
無所属→)
市民の党「自由と責任」
称号 法学士(東京大学・1963年
政治学修士(ウィスコンシン大学・1969年
配偶者 熊代 百合子
公式サイト くましろ昭彦ホームページ

選挙区 中区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2011年5月1日 - 2013年9月
在任期間 2015年5月1日 - 2015年12月

内閣 第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
在任期間 2002年1月22日 - 2002年10月2日

選挙区旧岡山1区→)
岡山2区
当選回数 4回
在任期間 1993年7月19日 - 2005年8月8日
テンプレートを表示

熊代 昭彦(くましろ あきひこ、1940年2月21日 ‐ )は、日本政治家厚生官僚市民の党「自由と責任」代表。

衆議院議員(4期)、総務政務次官第2次橋本改造内閣)、内閣府副大臣内閣総理大臣補佐官第1次小泉内閣第1次小泉第1次改造内閣)、岡山市議会議員(2期)などを歴任した。

来歴[編集]

岡山県津高郡一宮村尾上(現・岡山市北区尾上)の農家に生まれる。岡山県立岡山操山高等学校東京大学法学部卒業。1963年厚生省(現・厚生労働省)に入省。厚生省では年金局資金課長、大臣官房総務審議官、援護局長等を務める。1969年ウィスコンシン大学大学院に留学し、政治学修士の学位を取得。

岡山県選出の衆議院議員橋本龍太郎に見いだされ、1993年7月に厚生省を退官。第40回衆議院議員総選挙大村襄治の後継者として自民党公認で旧岡山県第1区(定数5)から出馬。同区最下位ながら初当選を果たした。以後当選4回[1]厚生族議員である。小渕派→橋本派に所属し、橋本の側近として活動。2003年自由民主党総裁選挙では小泉純一郎を支持するか否かで平成研究会の対応が決まらない中、いったん総裁選に出馬表明を行うが、20人の推薦人を集められず、出馬を断念した。

2002年1月、第1次小泉内閣内閣府副大臣規制改革沖縄及び北方対策担当)に就任し、併せて内閣総理大臣補佐官行政改革担当)にも任命された。内閣府副大臣、首相補佐官のいずれも第1次小泉第1次改造内閣まで務める。

2005年7月、首相の小泉が成立に執念を燃やす郵政民営化法案の衆議院本会議採決で反対票を投じた。そのため郵政解散による第44回衆議院議員総選挙では自民党の公認を得られず、自民党は岡山市長の萩原誠司を熊代の選出選挙区である岡山県第2区で公認した。熊代は8月に総選挙出馬を断念し、萩原の辞職に伴う岡山市長選挙に鞍替えして出馬するが、高谷茂男に敗れた。

その後国民新党に入党し、2007年第21回参議院議員通常選挙に同党公認で比例区から出馬したが、落選した。2008年6月に国民新党を離党し、次期総選挙に無所属で出馬する意向を表明。2009年第45回衆議院議員総選挙に岡山2区から無所属で出馬するが、民主党津村啓介、自民党の萩原の後塵を拝し、3位で落選した。

2010年10月には地域政党市民の党「自由と責任」を結党し、自ら代表に就任した。2011年4月に行われた岡山市議会議員選挙に中区選挙区から出馬し[2]、6917票を獲得しトップ当選した[3]2012年2月14日、大阪維新の会に呼応して結成された岡山維新の会の幹事長に就任した。

2013年5月、同年10月に投開票が行われる岡山市長選挙への立候補を表明し[4]、同年9月に辞職。10月6日に実施された岡山市長選挙に無所属で立候補したが、当選者の大森雅夫、2位の高井崇志の後塵を拝し3位で落選。投票日直前に投票を依頼する文書を市内の多数の町内会長に郵送したとして、公職選挙法違反(法定外文書頒布)の疑いで、陣営幹部2人とともに岡山県警察によって12月6日付で書類送検された[5]

2015年4月に行われた岡山市議会議員選挙に中区選挙区から出馬し最下位当選。返り咲きを果たした。しかし、同年12月1日に最高裁は上記市長選における公選法違反(法定外文書頒布罪)で罰金50万円公民権停止3年の判決を下し、有罪が確定。市議を失職した[6]

略歴[編集]

政策・主張[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
仲村正治
松下忠洋
村田吉隆
日本の旗 内閣府副大臣
松下忠洋村田吉隆と共同

2002
次代:
伊藤達也
根本匠
米田建三