2003年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2003年自由民主党総裁選挙(2003ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2003年9月20日に行われた自由民主党総裁を選出する選挙である。

概要[編集]

小泉純一郎総裁の任期満了に伴って行われた総裁選挙である。この選挙で選出された総裁から任期が2年から3年に延長された。各都道府県連の持ち票が党員数に応じてそれぞれ3票から11票ずつ配分された。

2001年4月以降の小泉政権、約2年間半の実績が党内で問われた選挙になった。

当時自民党最大派閥の橋本派は、青木幹雄ら小泉再選を支持するグループと野中広務藤井孝男を擁立するグループとの分裂選挙となり弱体化を印象づけた。野中の「毒まんじゅう」発言が出たのはこのときのことである。

立候補者[編集]

推薦人一覧
候補者 小泉純一郎 亀井静香 藤井孝男 高村正彦
推薦人代表 森喜朗 谷津義男 笹川堯 臼井日出男
選挙責任者 安倍晋三 江藤隆美 津島雄二 大島理森
推薦人 青木幹雄 荒井広幸 今村雅弘 赤城徳彦
阿部正俊 栗原博久 岩倉博文 伊藤信太郎
甘利明 阪上善秀 大木浩 北川知克
石川要三 永岡洋治 岡下信子 七条明
石破茂 林省之介 奥山茂彦 鈴木恒夫
石原伸晃 増原義剛 木村隆秀 砂田圭佑
植竹繁雄 松浪健太 倉田雅年 谷洋一
上野公成 松宮勲 小泉龍司 野田聖子
小里貞利 吉田幸弘 斉藤斗志二 浜田靖一
片山虎之助 魚住汎英 高鳥修 林義郎
久世公堯 柏村武昭 萩野浩基 平沢勝栄
自見庄三郎 亀井郁夫 村井仁 村上誠一郎
関谷勝嗣 後藤博子 森岡正宏 森英介
中馬弘毅 椎名一保 山口泰明 山口俊一
葉梨信行 中川義雄 吉川貴盛 山本有二
森田一 仲道俊哉 渡辺博道 有村治子
八代英太 日出英輔 斎藤十朗 山東昭子
山崎正昭 福島啓史郎 松田岩夫 林芳正

選挙の開票結果[編集]

得票数 議員票 党員票
小泉純一郎 399票 194票 205票
亀井静香 139票 66票 73票
藤井孝男 65票 50票 15票
高村正彦 54票 47票 7票

外部リンク[編集]