斎藤十朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
斎藤十朗
さいとう じゅうろう
生年月日 (1940-02-05) 1940年2月5日(76歳)
出生地 日本の旗 日本 三重県伊賀市
出身校 慶應義塾大学
前職 三井銀行行員
(現・三井住友銀行
現職 社会福祉法人中央共同募金会会長
全国社会福祉協議会会長
所属政党 (自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
親族 父・斎藤昇

日本の旗 第21-22代 参議院議長
在任期間 1995年8月4日 - 2000年10月19日

日本の旗 第71代 厚生大臣
内閣 第3次中曽根内閣
在任期間 1986年7月22日 - 1987年11月6日

選挙区 三重県選挙区
当選回数 6回
在任期間 1972年10月23日 - 2004年7月25日
テンプレートを表示

斎藤 十朗(さいとう じゅうろう、昭和15年(1940年2月5日 - )は、日本政治家自由民主党所属。参議院議員(6期)、厚生大臣(71代)、参議院議長(21・22代)、自由民主党参議院議員会長を歴任。

厚生大臣・警察庁長官を務めた斎藤昇は父。妻は表千家家元千宗左の妹。

来歴・人物[編集]

三重県伊賀市(旧伊賀町)出身。1958年(昭和33年)に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。慶應義塾大学卒業後、三井銀行を経て、父・昇の死去に伴う1972年(昭和47年)の参議院議員補選に父の後を継いで立候補して初当選する。連続当選6回。

自民党内では田中派竹下派→小渕派→橋本派に所属。1986年(昭和61年)に第3次中曽根内閣厚生大臣として初入閣した(父・昇は第2次佐藤内閣第3次佐藤内閣で厚相を務めており、親子2代での厚相就任となった)。また、自民党国会対策委員長、自民党参院幹事長、自民党参議院議員会長などを歴任。「参議院のプリンス」「ミスター参議院」と呼ばれる。1989年(平成元年)の参院選惨敗によるねじれ国会下で消費税廃止法案の審議で自民党参院幹事長として対応に苦慮していたが、「審議時間は長く取れても、最終的には採決・可決・衆議院送付せざるを得ない」と小沢一郎幹事長ら党執行部に対して話すことになり、消費税廃止法案が参議院本会議で可決された。

1995年(平成7年)に、55歳で第21代参議院議長に就任して、慣例に従い自民党の党籍を離脱した。1998年(平成10年)の改選時には異例の議長再任を果たした。この背景には斎藤の仲人をつとめた竹下登元首相の後押しもあった。議長として参議院改革に尽力し、押しボタン式投票を導入した。1999年(平成11年)8月12日通信傍受法など「組織犯罪対策三法」採決では、野党が牛歩戦術を取った際、斎藤は議長職権で投票時間を制限して、牛歩を封じた。

2000年(平成12年)に選挙制度改革をめぐり、参議院の特別委員会において野党が委員会への委員名簿の提出を拒否する審議拒否戦術に出ると、斎藤は議長権限で野党の委員を選出した。10月19日、選挙制度改革をめぐる与野党調停に失敗し責任をとる形で議長を辞任した。その後もしばらくの間無所属のままでいたが2001年(平成13年)4月2日、自民党に復党。三重県連会長となる。2004年(平成16年)に、政界を引退した。第20回参議院議員通常選挙には津田健児が代わって立候補したが、民主党芝博一に敗れた。3年前の第19回参議院議員通常選挙でも自民党候補は敗れており、これで自民党は参議院三重県選挙区での議席を失った。2013年第23回参議院議員通常選挙吉川有美が勝利するまで、参議院一人区では数少ない自民党の空白区となっていた。政治家の年金未納問題が注目された際に年金の未納が発覚している。

議員引退後は、全国社会福祉協議会、中央共同募金会、全国老人クラブ連合会の各会長を務めている。また、2002年(平成14年)からは三重県遺族会会長も務めている。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第8回参議院議員補欠選挙 1972年10月22日 三重県地方区 自由民主党 326,569 65.6 1/3 - -
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 三重県地方区 自由民主党 384,553 50.0 1/4 - -
第12回参議院議員通常選挙 1980年6月22日 三重県地方区 自由民主党 521,402 58.7 1/3 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 三重県選挙区 自由民主党 527,493 57.8 1/3 - -
第16回参議院議員通常選挙 1992年7月26日 三重県選挙区 自由民主党 373,960 53.4 1/3 - -
第18回参議院議員通常選挙 1998年7月12日 三重県選挙区 無所属 389,400 45.8 1/4 - -
当選回数6回 (参議院議員6)

関連項目[編集]


議会
先代:
原文兵衛
日本の旗 参議院議長
第21・22代:1995年 - 2000年
次代:
井上裕
先代:
檜垣徳太郎
日本の旗 参議院議院運営委員長
1982年 - 1983年
次代:
遠藤要
先代:
福岡日出麿
日本の旗 参議院商工委員長
1979年 - 1980年
次代:
金丸三郎
公職
先代:
今井勇
日本の旗 厚生大臣
第67代:1986年 - 1987年
次代:
藤本孝雄
党職
先代:
原文兵衛
自由民主党参議院議員会長
第18代 : 1992年 - 1995年
次代:
遠藤要
名誉職
先代:
細川護熙
最年少参議院議員
1972年10月 - 1974年7月
次代:
糸山英太郎
その他の役職
先代:
谷嘉昭
三重県遺族会会長
第8代:2002年 -
次代:
現職