2015年自由民主党総裁選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年自由民主党総裁選挙(2015ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、2015年に行われた自由民主党総裁を選出するための選挙である。

概要[編集]

2012年自由民主党総裁選挙の任期満了に伴い実施された。9月8日告示、9月20日投開票の予定であったが、現職の安倍晋三以外の立候補者がおらず、安倍が無投票再選を果たした。総裁選が無投票であったのは2001年の小泉純一郎総裁以来14年ぶり。安倍のほかに、前党総務会長野田聖子が出馬に意欲を見せたが、20人の推薦人を集めることができず、告示日に出馬断念を表明した。野田は後に、当初は20人を超える推薦人を確保したものの、安倍側からの引きはがしで20人を割り込んだと主張した[1]

推薦人一覧[編集]

推薦人一覧
候補者 安倍晋三
推薦人代表 河村建夫
推薦人 亀岡偉民
鈴木淳司
塩谷立
渡嘉敷奈緒美
若宮健嗣
寺田稔
宮川典子
森山裕
熊田裕通
大野敬太郎
斎藤健
小里泰弘
吉川貴盛
高階恵美子
山下雄平
磯崎仁彦
中原八一
中西祐介
上野通子

脚注[編集]