中原八一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中原 八一
なかはら やいち
生年月日 (1959-04-25) 1959年4月25日(59歳)
出生地 新潟県内野町(現:新潟市西区)
出身校 明治大学政治経済学部卒業
前職 政党職員
所属政党自由民主党二階派)→)
無所属
称号 政治経済学士
公式サイト 中原 八一(なかはら やいち)前参議院議員 公式サイト

Flag of Niigata, Niigata.svg 第35代 新潟市長
当選回数 1回
在任期間 2018年11月18日 - 現職

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2010年7月26日 - 2016年7月25日

選挙区 新潟市西区選挙区
当選回数 4回
在任期間 1995年 - 2010年
テンプレートを表示

中原 八一(なかはら やいち、1959年4月25日 - )は、日本政治家新潟市長(第35代)。参議院議員(1期)、国土交通大臣政務官新潟県議会議員(4期)などを歴任。自由民主党新潟県連顧問。

人物[編集]

1959年4月に下越地方の内野町(現:新潟市西区)に生まれる。新潟市立内野中学校[1](卒業:1975年3月)→新潟県立新潟西高等学校[1](卒業:1978年3月)を経て、明治大学政治経済学部を1984年に卒業する。

大学卒業後に農林水産大臣(当時)の近藤元次秘書となる。翌1985年から1994年まで自民党本部の事務局に勤務[2]し、1995年4月には新潟県議会議員選挙に立候補し当選を果たす。

1999年4月に2期目→2003年4月に3期目→2007年4月に4期目の議員生活を過ごした後、2010年7月11日第22回参議院議員通常選挙に自民党公認候補として新潟県選挙区から出馬し初当選[2]を果たす。2013年9月30日 - 第2次安倍内閣国土交通大臣政務官に就任(2014年9月に退任)し、2016年1月4日からは参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に就任[2]する。

2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙では自民党公認候補として新潟県選挙区から出馬したものの、森裕子に敗れ、落選[3]を経験。

2017年10月 - 第48回衆議院議員総選挙比例北陸信越ブロックから自由民主党単独22位候補として出馬[4]。投開票の結果、落選した。

2018年10月28日に執行された新潟市長選挙に出馬し、98,975票を獲得して当選を果たした[5]。これにより現職の篠田昭の任期が満了した後の同年11月18日付にて第35代(公選第19代)新潟市長に就任。

選挙運動[編集]

2010年の参院選において、中原への票の取りまとめを、飲食接待して知人に依頼したとして、公職選挙法違反(供応買収)容疑で、新潟県燕市議が逮捕された、としんぶん赤旗報道された[6]

政治資金[編集]

中国総領事館移転にからむ献金問題

新潟市の中国総領事館の移転・拡張問題に関し、2012年3月の参議院国土交通委員会で「中国側からしっかりその領事館建設の中身を聞いて、妥当であるというのであれば、地元の市や県にただ任せるだけではなくて、外務省がしっかりと仲介に立ってぜひ進めていただきたい。新潟県としては、中国領事館の建設に反対するものではない」と発言。その後2014年5月、総領事館の移転用地売買に関係する不動産会社から政治献金を受けていた事実が判明。献金を受けて不動産会社に便宜を図ったとも取れる発言であるが、中原は「便宜を図る意図はなかった」としている[7]

政治資金報告書不記載

2016年、自身の政治団体や党支部などとの間でやりとりされた寄付などの政治資金収支報告書への記載漏れが指摘された。 3月14日、上脇博之 他告発人らが新潟地方検察庁に対し、政治資金規正法に違反するとして告発状を提出、受理された。 主な被疑事実は以下の通りである。

  1. 寄付金500万円の「出所不明」の被疑事実
  2. 受領寄付50万円の「闇ガネ」支出の被疑事実
  3. 受領寄付金計122万円の「闇ガネ」支出の被疑事実[8]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
篠田昭
Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市長
第35代:2018年 -
次代:
現職
先代:
赤澤亮正
松下新平
坂井学
日本の旗 国土交通大臣政務官
土井亨・坂井学と共同
2013年 - 2014年
次代:
上野賢一郎
大塚高司
青木一彦
議会
先代:
中曽根弘文
日本の旗 参議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2016年
次代:
塚田一郎