渡辺浩太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 浩太郎(わたなべ こうたろう、1904年明治37年)2月17日 - 1994年平成6年)11月28日[1])は、日本の政治家新潟市長全国市長会会長。

経歴[編集]

新潟県中蒲原郡石山村中野山(現新潟市東区中野山)で生まれる[2]新潟県立新潟中学校を経て、1927年慶應義塾大学政治科を卒業[1][2]

卒業後に帰郷し、1929年に石山村助役に就任[1][2]。その後、同村会議員を務め、1943年、同村が新潟市と合併後に新潟市議会議員となり、この間、同議長を三期務めた[1][2]

1959年5月2日、新潟市長に就任し、1975年5月1日まで市長を連続四期務めた[1][2]新潟大火新潟地震からの復興、地盤沈下問題への対応、ガルベストン市(アメリカ合衆国テキサス州)・ハバロフスク市(ソビエト連邦)との姉妹都市提携、スポーツ音楽都市宣言などを推進した[1][2]。また、1972年から3年間全国市長会会長を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1994~1996』628頁。
  2. ^ a b c d e f 『日本の歴代市長』第2巻、51頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ株式会社、1997年。