田村正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 正幸
たむら まさゆき
生年月日 (1951-03-01) 1951年3月1日(67歳)
出生地 日本の旗 新潟県南魚沼郡湯沢町
出身校 国士舘大学政経学部
前職 湯沢町議会議員
旅館[1]農業
所属政党自由民主党[2]→)
無所属
公式サイト 田村まさゆき後援会

Flag of Yuzawa Niigata second version.gif 第7代 湯沢町長
当選回数 2回
在任期間 2013年12月10日 - 現職
テンプレートを表示

田村 正幸(たむら まさゆき、1951年3月1日 - )は、日本政治家新潟県南魚沼郡湯沢町長(第7代、1期)。湯沢町議会議員 (1999年 - 2013年)を務めた。特技はスキー[3][4][5][6][7][8][9]

経歴[編集]

※当日有権者数:6,931人 最終投票率:74.12%(前回比:+3.32ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
田村正幸62無所属3,214票63.6%
上村清隆66無所属1,843票36.4%

政策[編集]

開花八策[18][編集]

  1. 観光産業の基盤整備(500万人観光回復 その先へ)
  2. 企業育成 産業育成(力強い経済を取り戻す)
  3. 企業誘致、起業誘致(チャレンジ出来る町へ)
  4. 若者人口増加(人口1万人回復へ)
  5. 子育て支援(未来の宝を育む)
  6. 健康な暮らし(健康的な町へ)
  7. 安心、安全な暮らし(防災体制の強化)
  8. 行財政改革(チャレンジする行政へ)

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選挙です!”. 湯沢中里観光協会blog (2013年11月27日). 2014年3月1日閲覧。
  2. ^ 政党の支部”. 新潟県報 (2013年7月1日). 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ 神立スキー場、本日オープン。”. facebook (2014年12月20日). 2015年3月15日閲覧。
  4. ^ 午後、湯沢ファミリー、湯沢高原、布場を滑りました。”. facebook (2015年1月25日). 2015年3月15日閲覧。
  5. ^ 今日、世界の苗場を滑りました。”. facebook (2015年1月31日). 2015年3月15日閲覧。
  6. ^ 泉田県知事に同行して、ガーラ、丸山をご一緒に滑りました。”. facebook (2015年2月1日). 2015年3月15日閲覧。
  7. ^ 今日も前走しました。”. facebook (2015年2月6日). 2015年3月15日閲覧。
  8. ^ 私も、後走で参加しました。”. facebook (2015年3月1日). 2015年3月15日閲覧。
  9. ^ 今日、ナスパ、三俣かぐら、田代、一本杉スキー場を滑ってきました。”. facebook (2015年3月15日). 2015年3月15日閲覧。
  10. ^ 湯沢町議会議員選挙 結果”. 2014年3月1日閲覧。
  11. ^ 湯沢町議会議員選挙 結果”. 2014年3月1日閲覧。
  12. ^ 歴代議会議長の紹介”. 湯沢町. 2015年3月15日閲覧。
  13. ^ 選挙:湯沢町長選/湯沢町議補選 町長選、田村氏が初当選 3選目指す上村氏破り/新潟”. 毎日新聞 (2013年12月2日). 2015年3月15日閲覧。
  14. ^ 田村まさゆき街頭演説(温泉通り)2013.11.30”. YouTube (2013年11月30日). 2014年3月1日閲覧。
  15. ^ 田村まさゆき選挙最終御礼挨拶”. YouTube (2013年11月30日). 2014年3月1日閲覧。
  16. ^ 田村まさゆき後援会(当確発表時)”. Facebook (2013年12月4日). 2014年3月1日閲覧。
  17. ^ 湯沢町・田村町長が初登庁”. 47NEWS (2013年12月11日). 2015年3月15日閲覧。
  18. ^ 田村まさゆき 政策集”. 2014年3月1日閲覧。
  19. ^ 世界に発信「雪国観光圏」、新潟・長野・群馬の県境7市町村が連携、ブランド観光認定めざす”. 津南新聞. 2014年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
上村清隆
Flag of Yuzawa Niigata second version.gif 湯沢町長
2013年 -
次代:
(現職)