鈴木長蔵 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 長蔵(すずき ちょうぞう、1846年8月12日(弘化3年6月21日[1])- 1909年明治42年)5月22日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員新潟市長。幼名・周蔵[3]

経歴[編集]

越後国蒲原郡新潟町上大川前通九番町(現新潟県新潟市中央区上大川前通)で、廻船問屋「小川屋」・鈴木周平の息子として生まれる[1][4][5]。私塾で学ぶ[2]

明治2年3月1869年)開港用掛になり開港業務に携わり、さらに年寄格・検断を務める[4][5]1872年、新潟町の第三、第四小区の戸長に就任[4][5]1875年、活版印刷業・隆文社を設立し、それを発行元に1877年新潟新聞』を創刊した[5]1879年、新潟県会が開設され、県会議員に選出され副議長を務め、新潟市会議員、同議長も務めた[4][5]1891年6月30日、新潟市長に就任し、二期市長を務めて1899年5月30日に退任した[3]1902年8月、第7回衆議院議員総選挙に新潟市から出馬して当選[2]第8回総選挙でも当選し、衆議院議員を二期務めた[2]

実業界では、新潟川汽船会社の設立、北越興商会の結成、北越鉄道の設立などを行い、新潟県農工銀行頭取、初代新潟商業会議所会頭などを務めた[3][4][5]。また、1873年私立新潟病院を設立して取締役となり、西洋医学の導入、普及に努めるなど、多方面にわたり新潟市の発展に尽力した[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』初版、1159-1160頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』334頁。
  3. ^ a b c 『日本の歴代市長』第2巻、45頁。
  4. ^ a b c d e f 『新潟県大百科事典』復刻デスク版、1050頁。
  5. ^ a b c d e f 『新潟県県民百科事典』531頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 新潟日報事業社出版部編『新潟県大百科事典』復刻デスク版、新潟日報事業社出版部、1984年。
  • 野島出版編集部編『新潟県県民百科事典』野島出版、1977年。
  • 人事興信所編『人事興信録』初版、1903年。