津島淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 津島 淳
生年月日 1966年10月8日(49歳)
出身地 フランスの旗 フランス パリ
出身校 学習院大学文学部
学位・資格 文学士
前職 国会議員秘書
所属委員会 国土交通委員会
原子力問題調査特別委員会
世襲 津島雄二(父)
選出選挙区 青森1区
当選回数 2回
所属党派 無所属→)
自由民主党
党役職 自由民主党厚生労働部会副部会長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館1204号室
ウェブサイト 津島淳オフィシャルサイト
テンプレートを表示

津島 淳(つしま じゅん、1966年10月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。大臣政務官国土交通内閣府)。父は元自民党衆議院議員の津島雄二、母方の祖父は作家の太宰治[1]。元民主党衆議院議員の津島恭一は又従兄弟に当たる[2]。  

略歴[編集]

フランスパリ生まれ。1967年に帰国。麹町小学校麹町中学校学習院高等科を経て1991年学習院大学文学部を卒業後、関電工に入社。2005年に退社し、父の秘書となった[3]

2009年7月の第45回衆議院議員選挙に父の後継として青森1区から出馬するため、自民党青森県連の実施した公募に参加し[4]、候補者となった[5]。しかし、世襲批判などから公認は得られずに[6]無所属で出馬(公明党推薦、また自民党青森県連は"県連公認"として公認並みの支援をした[要出典]。)したが、民主党横山北斗に破れた。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、自民党の公認を獲得し、神道政治連盟の後援を得て青森1区から出馬。日本維新の会の升田や日本未来の党の横山を破り、初当選した。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で再選。

2015年10月、第3次安倍改造内閣にて国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官に就任。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]