岡本芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 芳郎
03okamoto.jpg
内閣府大臣政務官就任に際し公表された公式肖像写真
生年月日 (1943-10-05) 1943年10月5日(78歳)
出生地 日本の旗 日本徳島県徳島市
出身校 東京大学農学部農業工学科[1]
前職 農林水産省構造改善局次長
所属政党 自由民主党平成研究会
称号 博士(農学)(東京大学・1997年

選挙区 比例四国ブロック
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2009年
テンプレートを表示

岡本 芳郎(おかもと よしろう、1943年10月5日 - )は、日本農水官僚政治家学位博士(農学)(東京大学・1997年)。自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

徳島県徳島市出身。徳島県立城南高等学校を経て、東京大学農学部農業工学科にて農学を修め農業工学科[1]1967年に卒業した。

官界[編集]

大学卒業後、農林省に入省。徳島県庁耕地課長などを歴任し、1996年より農林水産省構造改善局次長を務めた。

政界[編集]

2000年第42回衆議院議員総選挙徳島1区から出馬するも、仙谷由人に敗れた。2003年第43回衆議院議員総選挙比例四国ブロックより立候補し初当選。自由民主党内では平成研究会に所属した。2005年9月、第44回衆議院議員総選挙に出馬し、徳島1区で再び仙谷に敗れるも、比例四国ブロックで復活当選2007年8月、第1次安倍改造内閣にて総務大臣政務官に任命された。2009年1月より麻生内閣内閣府大臣政務官経済財政政策規制改革沖縄及び北方対策地方分権改革地方再生道州制などの担当)を務めた。

国会では、衆議院総務委員会理事、農林水産委員会委員、国家基本政策委員会委員などを務めた。自民党では徳島県連合会の会長や徳島県第一選挙区支部の支部長などを務めた。また、徳島県土地改良事業団体連合会の特別顧問や会長も務めた。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、仙谷との三度目の対決となったが、またも敗北。比例四国ブロックでの復活もできず、議席を失った。

略歴[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 朝日新聞人物データベース
公職
先代:
宇野治
並木正芳
松浪健太
日本の旗 内閣府大臣政務官
宇野治
並木正芳と共同

2009年
次代:
田村謙治
津村啓介
泉健太
先代:
河合常則
土屋正忠
谷口和史
日本の旗 総務大臣政務官
二之湯智
秋葉賢也と共同

2007年 - 2008年
次代:
中村博彦
坂本哲志
鈴木淳司