斎藤洋明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤 洋明
さいとう ひろあき
生年月日 (1976-12-08) 1976年12月8日(41歳)
出生地 日本の旗 新潟県岩船郡神林村(現村上市
出身校 学習院大学法学部政治学科卒業
神戸大学大学院国際協力研究科博士前期課程修了
前職 国家公務員公正取引委員会内閣府
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士(政治学)
修士(国際学)
公式サイト トップページ - 活動報告 - 斎藤洋明公式ブログ

選挙区 新潟3区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

斎藤 洋明(さいとう ひろあき、1976年12月8日 - )は、日本政治家官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

新潟県岩船郡神林村(現村上市)生まれ。神林村立平林小学校、神林村立平林中学校(現村上市立平林中学校)、新潟県立中条高等学校学習院大学法学部政治学科卒業。神戸大学大学院国際協力研究科博士前期課程(地域協力政策専攻)修了[1]。大学院修了後、公正取引委員会事務総局入局(内閣府入府)。内閣府参事官補佐や公正取引委員会の職員等を務めた[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙新潟3区から自由民主党公認で出馬。日本テレビが一度、民主党前職の黒岩宇洋の当選確実を報じたが[2]、新潟3区で黒岩を破り、初当選した[3]2014年第47回衆議院議員総選挙では、新潟3区で前回下した黒岩に敗れ、重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し、再選[4]

2017年第48回衆議院議員総選挙では50票差、歴代1位の惜敗率の高さ(99.947%)で復活当選した[5]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]