坂上富男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂上 富男
さかがみ とみお
生年月日 1927年1月2日
出生地 日本の旗 日本 新潟県三条市
没年月日 (2018-04-09) 2018年4月9日(91歳没)
出身校 日本大学法文学部政経学科
所属政党日本社会党→)
旧民主党→)
民主党→)
民進党
称号 旭日中綬章

選挙区旧新潟3区→)
比例北陸信越ブロック新潟4区
当選回数 3回
在任期間 1986年7月6日 - 1990年1月24日
1993年7月18日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

坂上 富男(さかがみ とみお、1927年1月2日 - 2018年4月9日)は、日本政治家弁護士衆議院議員を通算3期務めた。従四位[1]

来歴[編集]

新潟県三条市出身[2]1949年日本大学法文学部政経学科卒業

1952年、弁護士税理士事務所を開設。燕三条税理士法人の代表社員になる。

1982年4月25日に行われた新潟県知事選挙に社会党・共産党の推薦を得て立候補。現職の君健男との一騎打ちに敗れ落選。

1986年第38回衆議院議員総選挙旧新潟3区から、社会党の統一候補として立候補し初当選。

1990年第39回衆議院議員総選挙で社会党は坂上と前県議の目黒吉之助の二人に公認を出す。結果は目黒がトップ当選を果たし、坂上は次点で落選した。

1993年第40回衆議院議員総選挙でも社会党は坂上と目黒の二名公認にこだわった。結果は坂上が返り咲き、目黒は次々点で落選した。

1996年9月29日、民主党が発足。小選挙区が導入された10月の第41回衆議院議員総選挙新潟4区から同党公認で立候補するも得票数3位で落選。しかし比例復活で3期目の当選を果たした。

2000年第42回衆議院議員総選挙も民主党公認で立候補。しかし自由党公認で立候補した菊田真紀子との間で票が分散し、再び得票数3位で落選。このときは比例復活もかなわなかった。

2003年第43回衆議院議員総選挙は新潟2区に国替えし民主党公認で立候補するも落選。比例復活もかなわず政界を引退した。

2004年 旭日中綬章受章[3]。その後は民主党や民進党で党新潟県連顧問を務めた[4]。2018年4月9日、老衰で死去[5]

政策[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年4月28日朝刊
  2. ^ 坂上富男、新潟県弁護士会
  3. ^ 「春の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2004年4月29日朝刊
  4. ^ 民進党新潟県連ウェブサイト 県連役員” (日本語). 民進党. 2017年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月29日閲覧。
  5. ^ “坂上富男氏が死去 元衆院議員”. 日本経済新聞. (2018年4月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29219900Q8A410C1CZ8000/ 2021年3月17日閲覧。 
  6. ^ 第145回国会法務委員会請願4221号
議会
先代:
木村義雄
日本の旗 衆議院逓信委員長
1997年 - 1998年
次代:
中沢健次