石崎徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石崎 徹
いしざき とおる
生年月日 (1984-01-25) 1984年1月25日(34歳)
出生地 日本の旗 新潟県新潟市東区
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党石破派
称号 学士(政治学)
公式サイト 石崎とおる Official Site

選挙区 新潟1区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

石崎 徹(いしざき とおる、1984年1月25日 - )は、日本政治家財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

新潟県新潟市東区で生まれ、紫竹地区で育つ[1]。新潟市立大形小学校、新潟市立大形中学校、新潟県立新潟高等学校卒業[1]代々木ゼミナール新潟校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業[1]。大学在学中、マックス・ヴェーバーの著書『職業としての政治』を読み、政治を志した[2]2006年国家公務員Ⅰ種試験(法律職)に合格し、2007年財務省に入省[1]2010年内閣官房に出向し、国家戦略室主査[1]2012年3月、自由民主党が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に合格し、財務省を退官した[1]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で新潟1区から出馬。民主党前職の西村智奈美を破り、28歳で初当選した[3]2014年12月の第47回衆議院議員総選挙でも新潟1区で民主党の西村智奈美を破り、再選[4]

2015年9月28日石破派の結成に参加した[5]2017年第48回衆議院議員総選挙では、立憲民主党から立候補した西村智奈美に新潟1区で敗れたが[6]重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し、3選[7]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

週刊新潮の報道によれば、2014年に30代前半の女性秘書に対し、キスを迫ったりホテルに誘ったりしたために、石崎からのセクハラを苦にした秘書は採用からわずか1ヶ月で退職した[11]。また、地元である新潟県のテレビ局に勤務する女性記者と同棲しながら、同じ自由民主党に所属する丹羽秀樹衆議院議員の公設第2秘書と交際していた二股疑惑も、日刊ゲンダイにより報じられた[11]。日刊ゲンダイ側の本件に対する問い合わせに対して、石崎の事務所は回答しなかった[11]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロフィール - 石崎とおる Official Site
  2. ^ “【衆院選】候補者の横顔 新潟1区(届け出順)”. 産経新聞. (2017年10月12日). http://www.sankei.com/region/news/171012/rgn1710120024-n1.html 2018年3月11日閲覧。 
  3. ^ “2012衆院選 新潟1区”. 毎日新聞. https://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A15001 2018年3月11日閲覧。 
  4. ^ “2014衆院選 新潟1区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A15001&st=tk#001 2018年3月11日閲覧。 
  5. ^ “石破派「水月会」が発足 参加した20人の国会議員は?”. ハフィントンポスト. (2015年9月29日). https://www.huffingtonpost.jp/2015/09/27/sugetsukai_n_8205270.html 2018年3月11日閲覧。 
  6. ^ “【衆院選】新潟1区、西村智奈美氏、立憲民主の風に乗り当確”. 産経新聞. (2017年10月23日). http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230099-n1.html 2018年3月11日閲覧。 
  7. ^ “第48回衆院選 新潟”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=15#001 2018年3月11日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “第48回衆院選 自民 新潟1区 石崎 徹”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A15001002002 2018年3月11日閲覧。 
  9. ^ “自民ハト派が結集へ 7日に若手12人が初会合 「過剰なナショナリズム排す…」”. 産経新聞. (2015年5月5日). http://www.sankei.com/politics/news/150505/plt1505050022-n1.html 2015年5月6日閲覧。 
  10. ^ “自民若手、戦後歴史の勉強会発足 初会合に24人出席”. 産経新聞. (2015年5月7日). http://www.sankei.com/politics/news/150507/plt1505070025-n1.html 2015年5月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “第二の“ゲス議員”か 自民・石崎議員にセクハラ&二股疑惑”. 日刊ゲンダイ. (2016年3月16日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177370 2018年3月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]