宮沢隆仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
宮沢 隆仁
みやざわ たかひと
出生地 長野県長野市
出身校 順天堂大学医学部
グロービス経営大学院大学
所属政党 日本維新の会→)
次世代の党
公式サイト 前衆議院議員 宮沢たかひと

選挙区 比例北陸信越ブロック長野1区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
テンプレートを表示

宮沢 隆仁(みやざわ たかひと、1955年2月10日 - )は、日本政治家医師次世代の党所属の前衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

長野県長野市生まれ。市内の小中学校、海城高等学校を経て、1979年、順天堂大学医学部卒業。医師免許取得。

1979年、順天堂大学脳神経外科学講座入局。1985年、脳神経外科専門医資格取得。1989~1991年、西ドイツケルン市のマックスプランク神経病研究所にて研究員を務める。1991年、医学博士学位取得。1993年、防衛医科大学校病院脳神経外科助手。1994年、同講師。2009年、さいたまセントラルクリニック院長。2010年、埼玉脳神経外科病院医師。2013年、グロービス経営大学院大学修了。

2012年、第46回衆議院議員総選挙長野1区日本維新の会公認で出馬。民主党篠原孝自由民主党小松裕に敗れるが、比例北陸信越ブロックで復活し初当選した(小松も復活当選)。

2014年、日本維新の会の分党にともない、次世代の党結党に参加。党副幹事長、国際局長に就任した[2]。また党長野県支部連合会と第一支部の設立を届け出、いずれも代表者となった。併せて、同月10日投開票予定の2014年長野県知事選挙に現職の阿部守一を推薦することを発表した[3]。この選挙では旧日本維新の会が阿部の推薦を決めていたが、分党により組織が解消したことで推薦届けが無効となっていた。一方、百瀬智之が代表に就任した新日本維新の会長野県総支部も阿部を県本部として推薦することを決定したことを発表した[4]。同年の第47回衆議院議員総選挙で長野1区から次世代の党公認で出馬するも、最下位で落選。

政策[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 議員情報|次世代の党
  3. ^ “次世代の党が阿部氏を推薦 長野知事選”. MSN産経ニュース. (2014年8月2日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140802/ngn14080202210001-n1.htm 2014年8月8日閲覧。 
  4. ^ “選挙:知事選 「次世代」「維新」共に阿部氏推薦 旧維新が解党 /長野”. MSN産経ニュース. (2014年8月2日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140802ddlk20010093000c.html 2014年8月8日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j 2014衆院選 長野1区 宮沢 隆仁 - 毎日新聞
  6. ^ a b c d e f “2012衆院選 長野1区 宮沢隆仁”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A20001004004 2014年4月3日閲覧。 
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。

外部リンク[編集]