木内均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 木内 均
生年月日 (1964-08-03) 1964年8月3日(52歳)
出生地 日本の旗長野県佐久市
出身校 法政大学法学部政治学
前職 長野県議会議員
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 木内ひとしウェブサイト
選挙区 比例北陸信越ブロック長野3区
当選回数 2回
テンプレートを表示

木内 均(きうち ひとし、1964年8月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

長野県佐久市生まれ[1]長野県野沢北高等学校を経て、1988年3月、法政大学法学部政治学科卒業[1]。在学中は、内田健三のゼミに所属[2]。同年4月、松下政経塾入塾[1]1993年2月、卒塾、第9期生。

1993年4月の佐久市議会議員選挙で初当選[1]2000年、2期目の途中で辞職[1]2001年4月、佐久市長選挙に出馬したが、落選[1]。同年5月から7月まで参議院議員小山峰男選挙スタッフを務める[1][3]2002年1月から12月まで社団法人佐久青年会議所青少年教育改革委員長を務め、『佐久っ子道場』を主宰する[1]

2003年4月、長野県議会議員選挙で初当選[1]2011年4月、2期目の途中で辞職[1]。衆議院議員を目指して政治活動を始める。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙長野3区自由民主党から神道政治連盟の後援を得て出馬。民主党寺島義幸に敗れるも、比例北陸信越ブロックで復活して初当選[4]2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で長野3区から出馬し、維新の党井出庸生に敗れるも、比例北陸信越ブロックで復活して再選。

主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 木内ひとしのプロフィール
  2. ^ 地域から日本を変える 1995年9月 全国にいる仲間を武器に
  3. ^ 小山峰男氏の叙勲祝賀会開かれる!
  4. ^ 木内均:長野3区
  5. ^ 2014年衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  6. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  7. ^ [1]
  8. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]