長島忠美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
長島 忠美
ながしま ただよし
生年月日 1951年1月9日(64歳)
出生地 新潟県古志郡山古志村(現長岡市
出身校 東洋大学経済学部
前職 新潟県山古志村長
長岡市復興管理監
所属政党 自由民主党二階派
称号 経済学士
公式サイト 衆議院議員 長島忠美

選挙区 比例北陸信越ブロック→)
新潟5区
当選回数 4回(うち比例2回)
在任期間 2005年9月11日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2000年 - 2005年

日本の旗 山古志村議会議員
当選回数 2回
在任期間 1993年 - 2000年
テンプレートを表示

長島 忠美(ながしま ただよし、男性、1951年1月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、復興副大臣国際ボランティア学生協会特別顧問。

新潟県中越地震で被災した新潟県古志郡山古志村の、最後の村長である。山古志村長(2期)、山古志村議会議員(2期)、東洋大学理事長を務めた。

概要[編集]

略歴[編集]

  • 4月、母校・東洋大学の第31代理事長に就任。同年の第45回衆議院議員総選挙で再選。
  • 12月、東洋大学理事長に再任。(2012年12月まで)

新潟県中越地震[編集]

山古志村長在任中の2004年10月23日、新潟県中越地震が発生し、山古志村の村民は全員が村外への避難を余儀なくされる。村長の長島も対応に追われた[要出典]

震災後、山古志村民と共に長岡市内の仮設住宅に居住。他の村民が退去するのを見届けた後、2007年12月31日に最後の1世帯として退去。山古志村へ戻った[2]

その後は各地で開催される防災関連の行事や講演会、シンポジウムに参加し、中越地震の際の経験を語りながら、災害対策に関する提言を行っている[要出典]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば反対[3]

人物[編集]

  • 山古志村での家業は虫亀地区で代々続く農業で、牛を飼育し畜産業も営んでいるほか、民宿も経営している[4]
  • 新潟県中越地震復興の一環として2006年から始まった企画「幸子米」[5]のために、山古志地区の棚田を提供した[6]
  • 2014年5月に超党派の議員連盟・立憲フォーラムノルウェーノーベル平和賞委員会へ提出した「憲法9条にノーベル平和賞の授与を求める署名」に署名した。長島は本件に対し「私は改憲派だ。軽い気持ちで署名した」「9条を守れという運動に参加するつもりはない」としている[7]

著書[編集]

  • (石川拓治・長島忠美)「国会議員村長―私、山古志から来た長島です」 2007年11月 小学館 ISBN 4093877491

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
谷公一浜田昌良
日本の旗 復興副大臣
浜田昌良と共同

2014年 -
次代:
現職
公職
先代:
梶原康弘鷲尾英一郎
日本の旗 農林水産大臣政務官
稲津久と共同

2012年 - 2014年
次代:
佐藤英道中川郁子
先代:
郡和子金子恵美加賀谷健橋本清仁
日本の旗 復興大臣政務官
亀岡偉民島尻安伊子德田毅と共同

2012年 - 2014年
次代:
岩井茂樹山本朋広