山古志村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまこしむら
山古志村
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
中之島町越路町三島町
山古志村小国町長岡市
現在の自治体 長岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方
都道府県 新潟県
古志郡
団体コード 15421-1
面積 39.83km².
総人口 1,960
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 長岡市栃尾市小千谷市
魚沼市
村の木 ブナ
村の花 ハギ
山古志村役場
所在地 947-0204
新潟県古志郡山古志村竹沢乙461
外部リンク 山古志村Internet Archive
座標 北緯37度19分35.7秒東経138度53分24.0秒座標: 北緯37度19分35.7秒 東経138度53分24.0秒
山古志村の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

山古志村(やまこしむら)は、新潟県の中越地方に位置した長岡市への通勤率は20.1%(平成12年国勢調査)。2005年4月1日に長岡市に編入合併された。

概要[編集]

山古志の棚田

1970年代から民俗学者の宮本常一村おこしを手伝い、丘陵地の斜面に広がる森林と棚田ニシキゴイの養殖、そして「牛の角突き」と呼ばれる闘牛など「日本の原風景が残る村」を観光資源としてPRしていた[1]

2003年3月から9月にかけて放映されたNHK朝の連続テレビ小説こころ』の舞台にもなった。

2004年10月23日に発生した新潟県中越地震により甚大な被害を受けた。村役場(現山古志支所)に設置されていた震度計が激しい揺れで壊れたため具体的な震度は不明だが、地震発生前の風景は地震に伴う土砂崩れなどで著しく崩落し、その姿を大きく変えた。また村域に通じるすべての道路が寸断されたため孤立し、村は全村民に対し避難指示を出し、26日までに隣接する長岡市など(大半が長岡ニュータウン内の仮設住宅)での避難生活を余儀なくされた。(避難指示は長岡市への編入合併後の2007年4月1日にほぼ全域で解除されたが、震災以降に地域外へ生活拠点を移した世帯が多く、域内の高齢化が深刻化しつつある。)

合併後、山古志地域のすべての地名には「古志」が冠されたが、2006年7月、前述の『こころ』や中越地震などで知名度が高くなった「山古志」の地名を復活させたいという多くの地域住民・旧村民の声を受けて、長岡市議会に提議された町名変更の議案が可決された。これにより同年11月1日から山古志地域の住所表記に「山古志」の名が1年8か月ぶりに復活することとなった(例:長岡市古志虫亀→長岡市山古志虫亀)。

地理[編集]

  • 山:金倉山
  • 河川:芋川
  • 湖沼:小規模な沼がいくつか点在する。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

村長[編集]

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
    • 錦鯉
  • 産業人口

地域[編集]

健康[編集]

  • 平均年齢

教育[編集]

村域内には小学校中学校高等学校分校が各1校所在し、山古志竹沢に両校を併設した校舎が設けられている。

交通[編集]

公共交通[編集]

鉄道[編集]

地域内には鉄道路線が経由する箇所は無い。最寄り駅は長岡駅宮内駅小千谷駅越後川口駅越後広瀬駅など。いずれもコミュニティバス路線バスの乗り継ぎ、タクシーもしくは自家用車でのアクセスとなる。

路線バス[編集]

越後交通と同社の地域子会社である越後柏崎観光バスの2社が長岡市や小千谷市方面とを結ぶ路線を計4路線運行していたが、前述の中越地震の影響で、村域内を運行する路線バスは全便が運休・減便となった。

道路[編集]

村域内には高速道路が経由する箇所は無い。最寄りのインターチェンジは関越自動車道小千谷ICとなる。 現在も国道352号など未成区間が残存している道路や、一部県道には冬季間全面通行止となる区間がある。 中越地震では村域内の多くの幹線道路が寸断された。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

錦鯉の品評会

出身有名人[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 河北新聞、2007年1月3日付

関連項目[編集]