広神村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広神村
Flag of Hirokami, Niigata.svg Emblem of Hirokami, Niigata.svg
広神村旗 広神村章
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 新設合併
堀之内町小出町湯之谷村広神村守門村入広瀬村魚沼市
現在の自治体 魚沼市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
北魚沼郡
団体コード 15445-8
面積 105.64km2
総人口 8,898
(2004年10月1日)
隣接自治体 小出町守門村入広瀬村
堀之内町湯之谷村山古志村
村の木 ウワミズザクラ[1]
村の花 カタクリ[1]
広神村役場
所在地 946-8511
新潟県北魚沼郡広神村今泉1488-1[1]
外部リンク 広神村HP(WARPによるアーカイブ)
広神村の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト
現・魚沼市域における平成の大合併。当町は小出町の北隣に位置した。

広神村ひろかみむらは、日本の新潟県北魚沼郡にあった村。2004年11月1日付で、小出町堀之内町湯之谷村守門村入広瀬村と合体(新設合併)した上で市制を施行し、魚沼市を発足した。

小出町への通勤率は2000年に実施されたの国勢調査時で16.4%

地理[編集]

村の面積のうち田畑は12.5%、宅地は1.8%であり、その他は山林や雑種地などが占めている[2]

  • 山:権現堂・唐松山、鳥屋ヶ峰
  • 河川:破間川
  • 湖沼:

気候[編集]

最高積雪は多くの年で2 mを超え、3か月以上の根雪となる[2]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行により、北魚沼郡島町村藪神村羽川村下条村中条村小平尾村が成立。
  • 1901年11月1日
    • 島町村の一部(中島・中島新田地区)と藪神村,羽川村が合併して藪神村となる。島町村の残部である四日町地区は小出町,佐梨村と合併して小出町となる。
    • 下条村,中条村,小平尾村が合併して広瀬村となる。
  • 1955年3月30日 - 藪神村広瀬村が合併し、広神村となった[3]
  • 1956年10月1日 - 隣接する山古志村芋川地区を編入する[3]
  • 2004年11月1日 - 他町村と合併し、魚沼市となり消滅。

このほか、魚沼市の歴史も参照のこと。

行政[編集]

  • 村長:坂西 満男

経済[編集]

主な産業[編集]

農業(最高級米“魚沼産コシヒカリ”の名産地)

姉妹都市・提携都市[編集]

教育[編集]

村内には小学校2校、中学校1校が存在[4]

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 中山隧道
  • 神湯温泉 神湯とふれあいの里
  • 上原コスモス畑
  • 道光高原緑地公園

イベント[編集]

  • 只見線ナイトウオーク25km・60km
  • さつまいも祭り
  • 鳥追い
  • 歳の神
  • ふるさとひろかみ触れ合い祭り

出身有名人[編集]

その他[編集]

豊かな自然に囲まれた、大変美しい土地である。

以前(1980年代まで)には、旧広瀬村域では有線放送電話が各家庭に引かれ、専用の電話帳も作成され、防災無線も兼ねて活用されていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 市町村要覧:広神村
  2. ^ a b 村のあらまし:自然 - 広神村 - WARPによるアーカイブ
  3. ^ a b 村のあらまし:地勢・沿革 - 広神村 - WARPによるアーカイブ
  4. ^ 村のあらまし:教育 - 広神村 - WARPによるアーカイブ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光・その他