マリと子犬の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリと子犬の物語
A tale of Mari and three puppies
監督 猪股隆一(本編)
清水俊文(特撮)
脚本 山田耕大
清本由紀
高橋亜子
原作 桑原眞二
大野一興
製作 相賀昌宏
高井英幸
富山省吾
製作総指揮 相賀徹夫
出演者 船越英一郎
松本明子
広田亮平
佐々木麻緒
宇津井健
音楽 久石譲
主題歌 平原綾香今、風の中で
撮影 北信康(本編)
桜井景一(特撮)
編集 三條知生
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 2007年12月8日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 31.8億円[1]
テンプレートを表示

マリと子犬の物語』(マリとこいぬのものがたり)とは2007年12月8日公開の日本映画[2]。配給は東宝

2004年10月23日に発生した新潟県中越地震において、新潟県山古志村(現・長岡市)で起きた実際のエピソードを元に映画化された。

原作[編集]

映画の原作となったのは、2005年2月に文藝春秋から出版された『山古志村のマリと三匹の子犬』である。長岡市のNPO法人「ながおか生活情報交流ねっと」の理事長・桑原眞二が、山古志村の実在の犬・マリの飼い主から、新潟県中越地震発生時のマリと子犬たちの話を聞き、絵本として出版することを発案した。絵本の売上金の一部は新潟県中越地震の復興に充てられることとなった[3]。絵本は、主に小中学生の間で広く読まれ、2007年6月現在で12.5万部が発行された。映画『マリと子犬の物語』はこの絵本を原作として制作された。映画の撮影には新潟県と新潟県長岡市・三条市が全面的に協力している[4]

あらすじ[編集]

山古志村で暮らす石川家のもとにメスの子犬がやって来た。母を亡くしている亮太と彩の兄妹は、犬にマリと名付けてかわいがった。成長したマリは、2004年10月に3匹の子犬を産んだ。10月23日夕方、山古志村は大地震の揺れに見舞われる。仕事や学校で村外にいた亮太と父・優一は難を逃れたが、在宅していた彩と祖父・優造は倒壊した家の下敷きになった。庭で子犬を世話しているマリが彩たちを励ますかのように壊れた家の中に何度も入ってくる。やがて自衛隊によって彩たちは救助されるが、避難のヘリコプターにはペットを乗せることができなかった。全村民が村外避難となった後、食べ物もなくさまざまな危険も襲ってくる中、マリは子犬を守り続ける[5]

キャスト[編集]

石川家
小出家
内村家
本間家
その他

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌の作詞と歌唱は平原綾香が手がけている[8]。平原のデビュー曲である「Jupiter」は、新潟県中越地震が起こった後、新潟県内のラジオ局でたびたびリクエストされていた[9]。被災地の復興を応援する歌となっていることを知った平原は、その後たびたび被災地を慰問に訪れていた[8]。主題歌の「今、風の中で」について、平原は被災者を主人公として作詞したと語っている。山古志で開かれた映画の試写会では、平原は会場となった体育館で大勢の住民を前に主題歌を歌った[9]

自衛隊の装備[編集]

災害観測、災害派遣のシーンでは陸上自衛隊が全面協力し、実際に出動した部隊やヘリコプター等の装備も撮影に参加した。

余談[編集]

  • 兄妹役の広田亮平佐々木麻緒は、映画『涙そうそう』でも主人公兄妹の子供時代を演じている。この映画には船越英一郎も特別出演している。また広田亮平は、山古志村が舞台のひとつである『こころ』にも出演している。
  • 通常、犬を使った撮影は同じ役を演じる犬を複数用意するが、この映画でマリ(成犬)を演じた犬は“いち”ただ1匹である。“いち”は公開初日の舞台挨拶をもってこの映画の全ての仕事を終え、北海道稚内市動物ふれあいランドに引き取られていった。
  • 特撮ゴジラシリーズのスタッフが担当しており、伝統的なミニチュアを使った地震のシーンが再現された。

関連出版物[編集]

映画の公開に先駆けて、「マリと子犬の物語」のタイトルで『週刊少年サンデー』で2007年38号から45号まで短期集中で連載された。作画は爲永ゆうによる。ほか、主に児童向けの小説や漫画も出版された。

  • 爲永ゆう 『マリと子犬の物語』 小学館〈少年サンデーコミックススペシャル〉、2007年11月。ISBN 978-4-09-121223-8
  • みやまあかね 『マリと子犬の物語 - きみがおしえてくれたもの』 小学館〈ちゃおコミックス〉、2012年4月。ISBN 978-4-09-134550-9
  • 時海結以著、山田耕大・清本由紀・高橋亜子脚本、桑原眞二・大野一興原作 『マリと子犬の物語 - 山古志村小さな命のサバイバル』 小学館〈小学館ジュニアシネマ文庫〉、2012年5月。ISBN 978-4-09-230625-7
  • 藤田杏一 『マリと子犬の物語』 小学館〈小学館文庫 ふ11-1〉、2007年10月。ISBN 978-4-09-408202-9

モデルとなったマリ[編集]

映画のマリのモデルとなった実際のマリは、地震発生から16日後に救助された後、飼い主が身を寄せていた避難所に入ることができず、子犬とともに知人宅に預けられることとなった。救出される数日前、山古志村の様子を報道する新聞記事に村内に残っていた犬の写真が掲載されたが、これを飼い主が見てマリだと気づいた。11月10日に一時帰村が許可され、飼い主が自宅に行くと、地震当日の朝に生まれた3匹の子犬とマリを見つけたが、子犬たちがよく太っていたのに対しマリはひどく痩せていたという[10]。また、心的外傷後ストレス障害 (PTSD) によるとみられる行動の変化があり、怯える様子や側溝などを跨げない様子があったという[11]。2007年12月頃に飼い主は家を再建し、マリはまた飼い主と一緒に暮らせることとなった[10]

テレビ東京系列で放送されていた『まさはる君が行く!ポチたまペットの旅』の旅犬まさはる君は、新潟県長岡市を旅した際に山古志のマリの住む家を訪れ、松本秀樹共々マリに会っている(2015年2月17日放送)[12]

マリは2016年6月10日夕方、長岡市内の飼い主宅で15歳で死んだ[11]

脚注[編集]

  1. ^ 2008年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 船越英一郎、かわいい“大女優”を前に破顔一笑”. ORICON STYLE (2007年11月20日). 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ 山古志村のマリと三匹の子犬”. 文藝春秋. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ 「マリと子犬の物語」イントロダクション”. 映画・映像 上映情報. 東宝. 2016年7月9日閲覧。
  5. ^ 「マリと子犬の物語」映画のストーリー”. Movie Walker. KADOKAWA. 2016年7月9日閲覧。
  6. ^ マリ(柴犬)が地元で『マリと子犬の物語』ロングラン記念舞台挨拶”. ORICON STYLE (2008年6月14日). 2016年1月10日閲覧。
  7. ^ 船越英一郎、松本明子「一回り大きくなれた」 『マリと子犬の物語』封切”. ORICON STYLE (2007年12月9日). 2016年1月10日閲覧。
  8. ^ a b 「マリと子犬の物語」の主題歌が平原綾香さんに決定!”. -MOVIE Topics. 東宝 (2007年8月3日). 2016年7月9日閲覧。
  9. ^ a b Active Woman file 「ミュージシャン 平原綾香さん」”. 平成21年度 広報ぼうさい. 内閣府 (2009年9月). 2016年7月9日閲覧。
  10. ^ a b きょうは何の日「2007年12月8日 映画『マリと子犬の物語』が上映された日」”. DON!. 日本テレビ (2010年12月8日). 2016年6月26日閲覧。
  11. ^ a b “中越地震で3匹の子犬守り抜いた母犬マリ死ぬ…映画「マリと子犬の物語」モデル”. スポーツ報知. (2016年6月12日). http://www.hochi.co.jp/topics/20160612-OHT1T50132.html 2016年7月9日閲覧。 
  12. ^ まさはる君”. Twitter (2015年2月16日). 2016年7月9日閲覧。 “今夜...は、新潟県長岡周辺の旅。旧山古志地区では、映画にもなった名犬・マリちゃんとまさはる君がご対面...

関連項目[編集]

外部リンク[編集]