部谷京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

部谷 京子へや きょうこ1954年 - )は、日本映画美術監督広島県広島市南区出身[1]

人物・経歴[編集]

広島市立白島小学校、広島女学院中学校・高等学校卒業後に上京し、武蔵野美術大学造形学部卒業。在学中から円谷プロに参加。1984年、武田一成監督『私の中の娼婦』(にっかつ)で初めて美術スタッフとしてクレジットに名前が載る。

1992年、周防正行監督『シコふんじゃった。』で、美術監督としてデビューし、1996年、同監督の『Shall we ダンス?』、2006年、同監督の『それでもボクはやってない』の美術に対し、日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。以後、優秀美術賞も含め、合計10回受賞。故郷である広島の原爆を絡めた吉田喜重監督『鏡の女たち』(2003年)の美術も担当。

2010年1月31日、NHK課外授業 ようこそ先輩』に出演し、母校、広島市立白島小学校を訪ねた。また同年、福屋八丁堀本店8階にオープンした映画館八丁座』(旧:松竹東洋座・広島名画座)の内装デザインを手掛け話題となった。

2013年、『天地明察』の美術で第67回毎日映画コンクール美術賞受賞[2]。2016年11月、紫綬褒章を受章[3]

主な美術監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中国新聞 2013年11月10日 p. 27『シネマ尾道開館5周年』
  2. ^ 鈴木隆; 広瀬登 (2013年1月18日). “毎日映画コンクール:大賞は「終の信託」”. 毎日jp. 毎日新聞社. pp. 1-2. 2013年2月7日閲覧。
  3. ^ 秋の褒章、772人20団体の受章決まる 朝日新聞 2016年11月2日

外部リンク[編集]