松浦雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松浦 雅子(まつうら まさこ、1960年 - )は、日本の映画監督脚本家

経歴[編集]

石川県金沢市出身。思春期を金沢で過ごし、金沢大学附属高等学校を卒業。その後上京し、横浜国立大学教育学部卒業。大学在学中より、シナリオセンター、松竹シナリオ研究所シナリオを学ぶ。大学四年の時、松竹映画「シングルガール」の共同脚本として、脚本家デビュー。大学卒業後、東北新社CM本部に所属。CMディレクターとして演出家デビューする。当時は、数少ない女性CMディレクターとして活躍、数百本のCM演出を手がけ、その名を知られる。

その後、CM演出をしながら、映画脚本も書き続け、95年松竹映画「人でなしの恋」(阿部寛羽田美智子主演)で脚本・監督デビュー。その後、サンダンス映画祭優秀脚本賞などを受賞し、本格的に映画界に進出。

フジテレビ「デボラがライバル」(吉川ひなの主演)、東宝映画プラトニックセックス」(加賀美早紀オダギリジョー主演)、「ダンボールハウスガール」(米倉涼子主演)などを監督。それまでは、旬のアイドルを起用した映画やCM演出が多かったが、2001年より、ミュージカルや舞台の構成・演出にも進出する。

2002年には、元宝塚歌劇団トップスターの、真琴つばさによる音楽劇「コントラスト」の構成演出を、アートスフィアにて成功させる。この他、音楽プロモーションビデオや短編映画も数多く手がけ、そのほとんどのオリジナル脚本も執筆している。

作風は、CMディレクター出身ならではの、スタイリッシュな映像と、細やかな女性心理の描写で知られる。近年は、ピンクリボン活動を始め、映画「MAYU~ココロの星」では、乳がんと闘う実在の女性をモデルに映画の脚本・監督を務め、全国を上映・講演で回る。

劇場用映画作品[編集]

  1. 「シングルガール」'83(共同脚本) 主演 桃井かおり
  2. 「人でなしの恋」’95 (脚本・監督) 主演 阿部寛 羽田美智子(東京国際映画祭正式出品作品)
  3. 「デボラがライバル」'97(監督) 主演 吉川ひなの 谷原章介(東京国際女性映画祭出品)
  4. 「ダンボールハウスガール」'01 (脚本・監督)主演 米倉涼子
  5. 「プラトニックセックス」'01(監督) 主演 加賀美早紀 オダギリジョー
  6. 「MAYU〜ココロの星」'07(脚本・監督)主演 平山あや

その他の作品[編集]

NTT,docomo,グリコ、日立製作所、ロート製薬、Pana Home、ロッテ、三菱電機、JAL、トヨタ、コーセー、カネボウなど。CM演出歴は、数百本以上に上る。

  1. 短編映画「いつかそうであったような」(脚本・監督)主演:内山理名
  2. 短編映画「時間の国のアリス」(脚本・監督)    主演:深田恭子
  3. 短編映画「あなたへの月」(脚本・監督)      主演:平山あや
  4. 音楽劇「コントラスト」真琴つばさ (構成演出) '02(アートスフィア)
  5. ミュージカル「エディットピアフ」(原案・構成) '04(アートスフィア)
  6. TOKIO PV「Love & Peace

受賞歴[編集]

  • 脚本「イエローの森」で、シネマ100サンダンス国際賞・優秀賞受賞。

参考[編集]