林田裕至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林田 裕至(はやしだ ゆうじ、1961年[1] - )は、日本の美術監督。兵庫県出身[1]

略歴[編集]

東京芸術大学油画科卒業後、『爆裂都市 BURST CITY』で映画美術デビュー[1]。映画界では北村龍平紀里谷和明三池崇史監督映画の美術を多く手掛ける。映画だけでなくミュージックビデオなどの美術も手掛ける[1]

三池崇史監督のリメイク版『十三人の刺客』において、日本アカデミー賞の最優秀美術賞を受賞した[2]。2014年の同監督作品『喰女-クイメ-』では佐久嶋依里と共同で第69回毎日映画コンクール美術賞を受賞した[3]

作品[編集]

映画美術[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「インタビュー 林田裕至」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 39頁、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ a b 第34回日本アカデミー賞優秀作品 美術賞”. 日本アカデミー賞. 2015年3月5日閲覧。
  3. ^ a b 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月22日閲覧。
  4. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]