十三人の刺客 (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十三人の刺客
監督 三池崇史
脚本 天願大介
製作 「十三人の刺客」製作委員会
製作総指揮 中沢敏明
Jeremy Thomas
平城隆司
出演者 役所広司
山田孝之
伊勢谷友介
沢村一樹
古田新太
高岡蒼甫
六角精児
波岡一喜
近藤公園
石垣佑磨
窪田正孝
伊原剛志
松方弘樹
吹石一恵
谷村美月
斎藤工
阿部進之介
内野聖陽
光石研
岸部一徳
平幹二朗
松本幸四郎
稲垣吾郎
市村正親
音楽 遠藤浩二
撮影 北信康
編集 山下健治
製作会社 セディックインターナショナル
配給 日本の旗 東宝
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
イギリスの旗 Artificial Eye
公開 日本の旗 2010年9月25日
アメリカ合衆国の旗 2011年4月29日
イギリスの旗 2011年5月6日
上映時間 日本の旗 141分(オリジナル)
世界の旗 126分(海外公開版)
製作国 日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
言語 日本語
製作費 $6,000,000(見積値)[1]
興行収入 日本の旗 16.0億円[2]
アメリカ合衆国の旗 $802,778[3]
世界の旗 $17,555,141[3]
テンプレートを表示

十三人の刺客』(じゅうさんにんのしかく)は、2010年公開の日本映画1963年の映画十三人の刺客』を三池崇史の監督によりリメイクした作品。PG12指定。テレビ朝日東宝提携作品。

キャッチコピーは、戦わなければ,変わらない。命を燃やせ。

ストーリー[編集]

時は江戸時代後期の弘化元年(1844年)。将軍の異母弟にあたる明石藩主松平斉韶は暴虐・無法の振舞い多く、明石藩江戸家老間宮図書は老中土井大炊頭屋敷前にて切腹、憤死した。幕閣では大炊頭を中心に善後策を検討したが、将軍の意により、斉韶にはお咎めなし、となった。斉韶の老中就任が来春に内定していることを知る大炊頭は、やむなく暗黙のうちに斉韶を討ち取ることを決意し、御目付役の島田新左衛門を呼び出した。

新左衛門は大炊頭の意を受け、斉韶を討つべく仲間を集める。新左衛門に恩のある浪人の平山九十郎。友人である御徒目付組頭の倉永左平太とその配下である三橋軍次郎。三橋の配下である樋口源内、堀井弥八、日置八十吉、大竹茂助。長年、島田家に仕えている一族の石塚利平。以上8名が集まった。

一方、斉韶の配下である明石藩御用人千石鬼頭半兵衛は大炊頭の不審な動きを察知し、明石藩近習頭浅川十太夫と共に嘗ての同門でもある新左衛門の動きを探る。その過程で浅川は明石藩近習出口源四郎らを嗾け、八十吉を拉致して情報を手に入れようとするが駆け付けた九十郎によって出口らは切り捨てられ、それによって半兵衛は新左衛門の企みを理解する。

新左衛門の元には九十郎の門弟である小倉庄次郎、金二百両との引き換えに参加を申し出た浪人の佐原平蔵、新左衛門の甥である島田新六郎が新たに加わる。

12人となった一行は嘗て息子とその妻を斉韶に戯れで惨殺された尾張家木曽上松陣屋詰牧野靭負の協力を得て、参勤交代帰国途上の中山道落合宿にて斉韶を討つことにした。

落合宿に向かう道中の山中で出合った山の民である木賀小弥太を仲間に加え、13人となった一行は落合宿を大金で宿場ごと買い取り、様々な罠を仕掛け、斉韶一行を待ち構える。

半兵衛は200人以上の護衛を用意して対抗。落合宿にやってきた斉韶一行と新左衛門ら十三人の刺客が激突する。

死闘の末、斉韶の護衛は半兵衛を含めた3人にまで減り、刺客側は新左衛門と新六郎の2人以外は力尽きる。

半兵衛は新左衛門に1対1の決闘を挑むも敗死。新六郎が残った2人の護衛と戦っている間に新左衛門はお飾りと罵られて激昂した斉韶と相打ちになる。 斉韶は受けた傷に苦しみながらも「今日という日が今までで最も楽しかった」と新左衛門に礼を述べた後に首を跳ねられて死に、新左衛門も力尽きる。

生き残った新六郎は息を吹き返した小弥太と別れ、一人帰路につくのだった。

キャスト[編集]

刺客
明石藩
幕府
尾張藩
その他

製作[編集]

監督の三池崇史は、「映画黄金時代の熱を表現したい」、「ヒットしそうな映画ばかり作る傾向に逆らいたい」、「CGは極力使わないでオーソドックスに撮る」と語った[4]

撮影は2009年7月5日より山形県鶴岡市にある庄内映画村で開始された。宿場町を再現したセットは東京ドーム20個分の広さを誇り、2008年8月より2億円をかけて製作された[4][5]

スタッフ[編集]

オリジナル版との違い[編集]

  • クライマックスの殺陣シーンにおける敵の数が300人に増え、仕掛けやアクションが派手になっている。
  • グロテスクな映像が加わっている(PG12指定)。
  • 三橋の下の名前が異なる。
  • 石塚利平が刺客に加わるにあたってのエピソードがなく、そのため利平の父親が登場しない。
  • 樋口源内、日置八十吉、佐原平蔵のエピソードが加えられている。
  • 浅川が半兵衛に反感を抱いている設定がない。
  • 斉韶一行を川を渡る際に襲撃しようとして断念するエピソードがない。
  • 木賀小弥太が落合宿の郷士でなく山の民になり、小弥太が想いを寄せる女が徳兵衛の娘・加代から山の女・ウパシになっている。
  • 新左衛門が最初から戦いに加わっている。
  • 斉韶、半兵衛、新左衛門の死に至るまでの展開が違う。
  • 最後に生き残る人数が違う。
  • ラストシーンが違う。

受賞[編集]

その他の評価

関連作品[編集]

小説
漫画
  • 森秀樹『十三人の刺客』(『ビッグコミック増刊号』連載、2010年) - 本作の公開直前まで3回にわたって連載され、単行本が映画公開に合わせて同年9月25日に発売された(小学館ビッグコミックススペシャル ISBN 978-4-09-183574-1)。

エピソード[編集]

DVD・ブルーレイ[編集]

2011年5月27日に通常版と豪華版の2種類が発売された。レンタルは2011年5月13日から始められた。レンタルは通常版のみ。

  • 通常版
    • 映像特典:予告、特報、TVスポット集
  • 豪華版
    • 映像特典:予告、特報、TVスポット集(通常版と同じ)
    • 特典ディスク:
      • メイキング(約82分)
      • 完成披露試写会(約17分)
      • 初日舞台挨拶(約10分)
      • キャスト・スタッフ インタビュー(約51分)
      • ヴェネチア映画祭レポート(約22分)
      • 未公開シーン(約2分)
    • 封入特典:プレスシート復刻縮刷版
    • 初回限定封入特典:絵コンテ集(特製アウターケース付き)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jûsan-nin no shikaku (2010) - Box office / business” (英語). IMDb. 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ 2010年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ a b 13 Assassins (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月12日閲覧。
  4. ^ a b “「十三人の刺客」47年ぶりに復活”. デイリースポーツ. (2009年7月20日). オリジナル2010年4月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100417013428/http://www.daily.co.jp/gossip/2009/07/20/0002142566.shtml 2010年3月14日閲覧。 
  5. ^ “「十三人の刺客」 役所広司でリメーク”. サンスポ. (2009年7月20日). オリジナル2009年8月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090831092209/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/07/20/01.html 2010年3月14日閲覧。 
  6. ^ “〈速報〉「十三人の刺客」スペインの映画祭で受賞”. 朝日新聞. (2010年10月18日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201010180093.html 2010年10月24日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “十三人の刺客・三池崇史監督賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2010年12月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101202-709016.html 2010年12月2日閲覧。 
  8. ^ ““狂気”稲垣吾郎が助男優演賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2010年12月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101202-708983.html 2010年12月2日閲覧。 
  9. ^ 2010年日本映画ベストテン”. ヨコハマ映画祭. 2010年12月10日閲覧。
  10. ^ 2010年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2010年12月10日閲覧。
  11. ^ 第34回日本アカデミー賞優秀賞 発表!”. 日本アカデミー賞. 2010年12月18日閲覧。
  12. ^ 第65回毎日映画コンクール 受賞結果発表!”. 毎日映画コンクール. 2011年1月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年1月18日閲覧。
  13. ^ 特集:第65回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その1)”. 毎日jp. 2011年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 特集:第65回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その2止)”. 毎日jp. 2011年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ 日本シナリオ作家協会 菊島隆三賞”. 社団法人シナリオ作家協会. 2011年1月25日閲覧。
  16. ^ “邦画1位に「悪人」…おおさかシネマフェスティバル”. スポーツ報知大阪. (2011年1月26日). オリジナル2011年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110201014656/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/gossip/cinema/news/20110126-OHO1T00067.htm 2011年1月27日閲覧。 
  17. ^ 第15回(2010年)日本インターネット映画大賞結果発表”. 日本インターネット映画大賞. 2011年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月9日閲覧。
  18. ^ a b 5th AFA Nominees” (英語). アジア・フィルム・アワード. 2013年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月22日閲覧。
  19. ^ “【FANTASIA2011】最優秀監督賞&最優秀女優賞を日本映画が受賞!”. HogaHolic(ホウガホリック). (2011年8月9日). オリジナル2012年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120612221152/http://holic-mag.net/whatsnew/2011/08/09/1019/ 2011年8月9日閲覧。 
  20. ^ “ザ・シネマハスラー 2010年 全映画ランキング!(12月18日確定)”. TBSラジオ. (2010年12月18日). http://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/12/20101218.html 2010年12月19日閲覧。 
  21. ^ “ブルーリボン賞各部門ノミネート決定”. デイリースポーツ. (2011年1月6日). オリジナル2011年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111001171640/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/01/06/0003719069.shtml 2011年1月26日閲覧。 
  22. ^ “2010年 第84回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報. (2011年1月12日). http://www.kinejun.com/kinejun/best10/tabid/64/Default.aspx 2011年1月21日閲覧。 
  23. ^ “2010年日本映画ベストテン&ワーストテン”. 映画芸術DIARY. (2011年1月20日). http://eigageijutsu.com/article/181634398.html 2011年1月21日閲覧。 
  24. ^ The 5th Asian Film Awards Nomination List Announcement (PDF)” (中国語). アジア・フィルム・アワード. 2011年1月24日閲覧。
  25. ^ “ロッテルダム国際映画祭、ベスト10内に『十三人の刺客』含む邦画2本が!オスカーノミネート作ひしめく中”. シネマトゥデイ. (2011年2月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0030206 2011年2月9日閲覧。 
  26. ^ 2011 受賞作品&投票結果 1位〜20位”. 映画館大賞. 2011年4月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月5日閲覧。
  27. ^ TSUTAYA映画ファン賞2010”. TSUTAYA. 2011年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月22日閲覧。
  28. ^ “過去50年のリメイク映画ベスト50 米サイト選出”. 映画.com. (2011年6月13日). http://eiga.com/news/20110613/4/ 2011年6月13日閲覧。 
  29. ^ “The 20 Best Movies of 2011 (So Far)”. Paste Magazine. (2011年7月1日). http://www.pastemagazine.com/blogs/lists/2011/07/the-20-best-films-of-2011-so-far.html?p=2 2011年7月3日閲覧。 
  30. ^ 2011 NBR Awards Announced”. ナショナル・ボード・オブ・レビュー (2011年12月1日). 2011年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月3日閲覧。
  31. ^ 2〜10位 第2回ビデオ屋さん大賞”. キネマ旬報社. 2012年3月24日閲覧。
  32. ^ 放送された映画は1988年米映画レッドブル』(主演:アーノルド・シュワルツェネッガー)。
  33. ^ “イーグルス「デスペラード」初の映画タイアップ…映画「十三人の刺客」”. スポーツ報知. (2010年7月13日). オリジナル2010年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100714174622/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100713-OHT1T00051.htm 2010年7月13日閲覧。 
  34. ^ “映画「ノルウェイの森」ベネチア国際映画祭コンペ部門へ 「十三人の刺客」も”. MSN産経ニュース. (2010年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100729/tnr1007292135009-n1.htm 2010年8月3日閲覧。 
  35. ^ 映画興行成績ランキング2010年9月25日~9月26日goo映画 2010年9月28日
  36. ^ “海老蔵そろそろ解禁?三池崇史監督、海老蔵主演の時代劇を編集中!映画祭に出席できず”. シネマトゥデイ. (2011年1月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0029986 2011年1月30日閲覧。 
  37. ^ “ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルのラインナップが発表! 山田孝之が出席予定で『十三人の刺客』のノーカット映像も公開予定!”. シネマトゥデイ. (2011年6月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032759 2011年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]