三池崇史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みいけ たかし
三池 崇史
三池 崇史
生年月日 (1960-08-24) 1960年8月24日(56歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府八尾市
職業 映画監督
ジャンル ホラーコメディバイオレンス
活動期間 1991年 -
主な作品
オーディション
殺し屋1
着信アリ
クローズZERO
十三人の刺客
悪の教典

三池 崇史(みいけ たかし、1960年8月24日 - )は、大阪府八尾市出身の日本映画監督

来歴・人物[編集]

幼少時代を三重県で過ごし、大阪工業大学高等学校時代はラグビーを行っていたが、入部した瞬間にレベルの違いを思い知って挫折[1]。ラグビーを断念してバイクサーキットのライセンス取得に挑んだが、走りにくい状態で前を走る人間を抜く欲求が生まれなかったため、これも断念[1]。大学へ内部進学できなくなっていた三池は横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に進学、横浜にあった今村昌平の私塾で映画を学ぶが、大師匠の大庭秀雄が最初の授業で書いた「脚本とは芸術である」という言葉に、自分が場違いであることに気付かされてこれも挫折[1]。最終的に専門学校は卒業するが殆ど中退状態となり、横浜のディスコでアルバイトを行った[1]。専門学校2年生の時に専門学校の先輩からテレビの仕事の手伝いを頼まれ、これを引き受けた[1]。真面目に専門学校に行っている生徒は卒業制作を作っている時期ではあったため学校は先輩の依頼を一度断ったが、先輩が学校の先生に「まともに学校に行っていない生徒でもいいから紹介してくれ」と頼んだところ、その筆頭として三池の名前が挙がったというのが真相であり、学校の職員がアルバイト先のディスコまで来て依頼を持ちかけたという[1]。卒業後、ディスコのアルバイトをそのままやっていくのはなんだからと、その先輩の手伝いを行うようになった[1]今村昌平恩地日出夫野田幸男西村潔井上梅次村川透らの助監督を経て、1991年にビデオ映画『突風!ミニパト隊』で監督デビュー、1995年の『新宿黒社会』で初の劇場用オリジナル作品を手掛けた。コメディからバイオレンス、ホラーなど多岐に渡るジャンルで映画制作を続ける。1998年に、『TIME』誌がこれから活躍が期待される非英語圏の監督として、ジョン・ウーと並び10位に選出。クエンティン・タランティーノイーライ・ロスパク・チャヌクなど、海外の監督にも影響を与えた(『殺し屋1』など)。また、オマー・ロドリゲス・ロペスフライング・ロータスなど、海外ミュージシャンにもファンが多いことでも知られる。『極道恐怖大劇場 牛頭』はVシネマとして初めてカンヌ国際映画祭に出品された。旧名は三池モバ。ジャンルを問わず「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」と公言しており、多作である。

三池のその映画制作スタイルは鮮烈な暴力描写を伴うため、しばしば論争を巻き起こすものの海外での評価は高い。2001年トロント国際映画祭での『殺し屋1』の上映時には、エチケット袋を観客に配り、暴力描写が自分の持ち味であることをアピールした。海外での受賞は『極道戦国志 不動』でポルト国際映画祭審査員特別賞。『オーディション』でロッテルダム国際映画祭で国際批評家連盟賞とオランダジャーナリズム連盟賞。『カタクリ家の幸福』でジェルミナーレ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞。『牛頭』で第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭審査員特別ビジュアルエフェクト賞など多数。フランシス・コッポラやウェイ・ワンがアジア人監督作品をプロデュースする企画に日本から参加が発表されるなど、ハリウッドからの引き合いもあったが、長期間携わる上に他の仕事に関わることを禁じる契約がある依頼は自分の気質には合わないため、断っているという。

2004年『IZO』(イゾウ)は、R-15指定。幕末時代の殺し屋・岡田以蔵をモチーフに、過去・未来を通じ、時間を超越した殺戮を繰り広げる様を描く。豪華な出演陣が話題となった。ヴェネチア国際映画祭に正式招待された。

2006年にはアメリカのケーブルテレビ局Showtimeが企画した、ホラー映画の巨匠13人によるオムニバステレビシリーズ『マスターズ・オブ・ホラー』の第1シーズンに、日本人唯一の参加を果たした。しかし、実際に三池が製作した『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(原作・岩井志麻子)はアメリカのテレビで最も表現規制が緩いとされる有料チャンネルの放送コードにさえ引っ掛かってしまう内容のもので、北米での放映は見送られることとなり、話題となった。また、日本では角川ヘラルド・ピクチャーズ(現・角川映画)配給で映画館公開も計画されていたが、映倫が審査を拒否したため、映倫の審査が必要ないイメージフォーラムで単館上映した。

2007年11月、米『TIME』誌の調査による「Top 25 Horror Movies(ホラー映画ベスト25)」に唯一の日本映画として『オーディション』が選出された。

2014年、第9回ローマ国際映画祭ガラ部門にて、監督作品「神さまの言うとおり」が、日本人初の「マーベリック賞」を授与される事が決定された。[2]

2015年、第6回オアハカ映画祭にて、監督作品『極道大戦争』で最優秀監督賞を受賞[3]

好きな映画監督は黒澤明[4]五社英雄[5]デヴィッド・リンチ[6]ポール・バーホーベン[6]デヴィッド・クローネンバーグ[6]。好きな映画は『燃えよドラゴン[7]、『スターシップ・トゥルーパーズ[6]、『雲霧仁左衛門[4]、『闇の狩人[4]、『七人の侍[4]、『座頭市シリーズ(特に1962年の第1作目)』[4]など。

最近は漫画やアニメを原作とした作品を撮っている。

人物・評価[編集]

  • 2017年3月にミュージシャンのMIYAVIと共に行った対談ではMIYAVIから「ボクの大好きな映画監督です」「人間って汚いものじゃないですか?いま綺麗な映画が多いと思うんですけど、その汚さを日本人映画監督として、ポップ、マイノリティーではなく第一線として『どう表現するか?』というところで闘っている監督だと思っています」と評されている。同じ対談で三池は映画監督としての自身を「ボクには向上心がない。だから逆に言うとMIYAVIさんたちの世代って『ぬるい』っていう風に自覚せざるを得ない世代でしょ?我々はそう思ってなかったから」「俺はぬるい状況であったからこそ生きてられた。それを30ぐらいで監督になった時にかなり強く感じたんですよ」と評価している[1]
  • 現場と作品以外からはずっとなにかから逃げていると語る人物でもあり、大学進学の見込みが無くなった際もラジオで「大学落ちたら横浜放送映画専門学院!」というCMを聴いて、大学進学に失敗した自分の逃げ道として映画を学び始めた[1]
  • 現場では逃げ道がないため、俳優からの演技に関する質問には全部答えるなど熱心に仕事をこなすが、現場を離れると資料としてプロデューサーがくれる映画に一切目を通さないなど気の抜けた姿勢になる。ただし、娯楽としては映画を楽しんで観賞する性分である[1]

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

出演作品[編集]

その他の参加作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

OV[編集]

歌舞伎[編集]

  • 地球投五郎宇宙荒事 (2015年2月、EXシアター六本木) 演出[10]

出典[編集]

外部リンク[編集]