太陽の傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太陽の傷
監督 三池崇史
脚本 大川俊道
原案 夏山佳久
製作 夏山易子
出演者 哀川翔
佐藤藍子
森本慧
音楽 遠藤浩二
撮影 金子正人
編集 島村泰司
配給 シネマパラダイス
公開 日本の旗 2006年9月16日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

太陽の傷』(たいようのきず)は、2006年9月16日公開の日本映画

概要[編集]

主演は、数々の三池崇史監督作品に出演している哀川翔。脚本は、「太陽にほえろ」シリーズ、「あぶない刑事」シリーズの大川俊道。スタッフは、三池組が集結した。仮題として「A LICENSE TO KILL 帰郷」。[1]

2006年9月16日からユーロスペースにて劇場公開された。

2007年1月21日にDVDが東映ビデオから発売された。

ストーリー[編集]

幼い娘、愛する妻と共にささやかな幸せをかみしめて生きる、中年男・片山(哀川翔)。彼はある日、少年グループの浮浪者への暴行を止めようとして、グループのリーダー・神木(森本慧)の恨みを買う。漠然とした不安を感じる中、神木の手により最愛の娘が殺害される。神木は警察に連行されるが、マスコミ報道では事件の遠因が片山にあると取りあげられ、世間の冷たい視線に耐え切れずに妻も自ら命を絶つ。3年後、神木が既に仮釈放扱いで保護観察所から出ていることを知った片山は、本当に更生しているのかを、神木本人に会って確かめようとする。だが、少年法や保護更生プランが壁になって、面会することさえままならない。一方、神木は少年たちの間で伝説の存在になっていた。片山の中に、神木への復讐心が徐々に芽生え始めてゆく。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:三池崇史
  • 製作:夏山易子
  • 製作統括:夏山静香
  • プロデューサー:田所幸三、夏山昌一郎
  • 企画:夏山佳久
  • 企画協力:瀬戸恒雄
  • 原案:夏山佳久
  • 脚本:大川俊道
  • 撮影:金子正人
  • 照明:田村文彦
  • 録音:佐藤幸哉
  • 音響効果:柴崎憲治
  • 編集:島村泰司
  • 美術:坂本朗
  • 音楽:遠藤浩二
  • 助監督:加藤文明、金丸雄一
  • 配給:シネマパラダイス

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]