ジャパンアクションエンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ジャパンアクションエンタープライズ
Japan Action Enterprise co.,ltd.
種類 株式会社
略称 JAE
本社所在地 日本の旗 日本
162-0067
東京都新宿区富久町16番8号
新宿ユニオンビル102号室
北緯35度41分29.3秒 東経139度42分47.5秒 / 北緯35.691472度 東経139.713194度 / 35.691472; 139.713194座標: 北緯35度41分29.3秒 東経139度42分47.5秒 / 北緯35.691472度 東経139.713194度 / 35.691472; 139.713194
設立 1996年10月
業種 サービス業
法人番号 2011101031559 ウィキデータを編集
事業内容 俳優のマネージメント
スタントマン、アクションコーディネーター等の育成及びマネージメント 他
代表者 代表取締役社長 金田治
代表取締役副社長 西本良治郎
資本金 1000万円
従業員数 17人
外部リンク http://www.japanactionenterprise.com/
テンプレートを表示

株式会社ジャパンアクションエンタープライズ (: Japan Action Enterprise co.,ltd.) は、日本芸能事務所。旧社名:ジャパンアクションクラブ (JAC)。アクション俳優スタントマンが主に所属し、彼らの育成およびマネージメントのほか、映像・テレビ演劇や各種イベントの企画・構成・演出を手がける。

概要・歴史[編集]

千葉真一が世界で通用するアクションスター・スタントマンを育成・輩出するため、1970年4月に東京都中野区ジャパン・アクション・クラブ (JAC ) を創設[1]1973年11月、東京都港区六本木に資本金150万円で法人化した。結成式には若山富三郎が駆けつけてお祝いをしていた[2]

千葉主演の映画テレビドラマに数人単位で (大葉健二・金田治・西本良治郎・春田純一山岡淳二など第一期生らが) 出演していたが徐々に業界で認知されていき、千葉が出演しない作品 (子供向けスーパーヒーローもの) にも仕事が増えていった。大野剣友会が擬斗を担当する『仮面ライダー』や『超人バロム1』などでトランポリンやスタントなどを務めた後、1973年の『ロボット刑事』から単独で担当した[1][注釈 1]。1973年の千葉主演映画『ボディガード牙』以降、東映が千葉の格闘映画を次々と製作し始めると、これら作品にJACとして参加し、格闘・スタントシーンには欠かせない存在となっていく。志穂美悦子真田広之・大葉健二・黒崎輝渡洋史ら千葉以外の主演俳優や、助演俳優・スタントマンスーツアクターアクション監督などスタッフも育ち、1980年代に入ると千葉の念願の一つであるミュージカルを発表し[3]、多角的に活動していた。

千葉真一の親友である夏八木勲[4][5]桜木健一[6]萩原佐代子など[7]、所属していない俳優も出演する作品で演ずるアクションに備え、練習に通っている[4][5][6][7]

1991年7月に千葉真一はJAC日光江戸村大新東グループ)へ売却。商号を「株式会社ジャングル」とし、日光江戸村の芸能部門と統合。これにより映画・テレビドラマでの仕事に加え、日光江戸村関連の仕事も行うこととなった。

1996年10月、金田治・西本良治郎が中心となり、新たに別資本で有限会社ジャパン・アクション・クラブを設立。大新東グループより独立し再スタートする。2001年5月、資本金を1000万円に増資して株式会社ジャパンアクションエンタープライズに社名変更。2004年2月に俳優部門の強化を目的にJAEプロモーションを設立し、併せて略称もJAEへ変更した。

所属タレント[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

アクションディレクター[編集]

過去の所属者[編集]

男性[編集]

女性[編集]

JR-III[編集]

JACブラザーズ[編集]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大野剣友会が剣戟や舞台の殺陣を出自とすることから見得や決まり手を重視しているのに対し、JACはトランポリンの多用やカメラワークを意識した演出によりスピード感や迫力を重視した映画的なアクションと評される[1]
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 女性。
  3. ^ a b c d e f g h i j 京都アクション部。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o JAEプロモーション。
  5. ^ 元・アッシュアクションズ主宰。
  6. ^ 2016年2月12日死去。[要出典]
  7. ^ 現・御茶ノ水男子のしいはしジャスタウェイ。
  8. ^ 現・Velo武田、スタントジャパン所属。
  9. ^ 在籍中の2006年5月20日、交通事故により死去。享年23。[要出典]
  10. ^ 現・フリーアクションマン兼CGクリエイター。
  11. ^ 2008年9月4日病死。当時日光江戸村勤務。享年51。[要出典]
  12. ^ 現・宇都宮アート&スポーツ専門学校 声優・アナウンス科 講師。
  13. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「提携」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  14. ^ 仮面ライダーBLACK』(1987年)よりメインで担当。
  15. ^ 秘密戦隊ゴレンジャー』第67話から担当[1]。『バトルフィーバーJ』第1話から第6話まではビッグアクションが担当[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「特集企画 スーパー戦隊の神業 JACの初期スーパー戦隊アクション」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1981 太陽戦隊サンバルカン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月25日、30-31頁。ISBN 978-4-06-509606-2
  2. ^ "銀幕にかける情熱 夢・ロマン そて挑戦". 本格報道 INsideOUT. 2013年3月20日放送. 該当時間:21:00 - 21:54
  3. ^ 千葉真一 対談 石崎勝久 (映画評論家)」 (パンフレット) 『酔いどれ公爵』、新宿コマ・スタジアム、1985年4月1日、 27 - 31頁。
  4. ^ a b 春日太一 (2013年4月29日). “世界的アクションスター・千葉真一に劣らぬ夏八木勲の筋肉美”. 週刊ポスト. NEWSポストセブン. 2017年1月3日閲覧。
  5. ^ a b 夏八木勲「親友・千葉真一が明かした骨太“名脇役人生”」”. Asagei plus. アサ芸+. 徳間書店 (2013年5月29日). 2017年1月3日閲覧。
  6. ^ a b 「アクションをやるならJACへ来いよ!」『月刊平凡』第25巻第12号、平凡出版、1969年12月1日、 106頁。
  7. ^ a b 1〜10位 頂点はあのグラマラスボディな2人が一騎打ち”. Asagei plus. 萌える!特撮ヒロイン総選挙(3). 徳間書店 (2018年5月6日). 2018年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]