山岡淳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山岡 淳二(やまおか じゅんじ、1952年7月1日 - )は、ジャパンアクションエンタープライズに所属していた元アクション監督広島県出身。

1970年代中盤のスーパー戦隊シリーズ、1990年代前半のメタルヒーローシリーズのアクション監督として活躍した後、東京ドームシティのヒーローショーのアクション演出を担当。

同時期にアクション監督として活動していたJAE社長の金田治は山岡を高く評価しており、その奇抜な演出に刺激を受けていたという[1]

作品[編集]

俳優[編集]

スタントマン[編集]

アクション監督[編集]

他多数

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第67話より参加。
  2. ^ 初期の数話のみ。
  3. ^ 前半のみ。
  4. ^ 初期の数話は共同で担当し、以降はメインを担当する。

出典[編集]

  1. ^ a b c 「特集企画 スーパー戦隊の神業 JACの初期スーパー戦隊アクション 証言!金田治」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1981 太陽戦隊サンバルカン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年8月25日、31頁。ISBN 978-4-06-509606-2
  2. ^ 「各番組情報」『昭和石ノ森ヒーロー列伝』徳間書店〈HYPER MOOK〉、2013年10月15日、113頁。ISBN 978-4-19-730131-7