東條昭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東條 昭平(とうじょう しょうへい、本名・東条庄兵=読み同じ、1939年12月5日 - )は、主に特撮テレビドラマ作品の元監督・元演出家福島県喜多方市出身。

1966年円谷プロ作品『ウルトラQ』にて助監督として関わり、キャリアをスタートし、68年、同プロ作品『戦え!マイティジャック』で監督デビュー。

来歴・人物[編集]

円谷プロ時代まで[編集]

日本大学藝術学部映画学科卒業[要出典]。特撮監督の佐川和夫とは大学の同期だった。ただし学生時代は全く交流がなく、付き合いは円谷プロで仕事をするようになってからである[1]

卒業後テアトルプロに入社[2]。助監督として東宝や大映のテレビドラマに参加した[2]。その後、テアトルプロのプロデューサーからの紹介で円谷プロダクションへ移籍し、『ウルトラQ』第6話「育てよ! カメ」から特撮に携わった[3][2][注釈 1]。本編版と特撮班の両方を経験した後、満田かずほの計らいにより『戦え! マイティジャック』(1968年、円谷プロ・フジテレビ)第7話「来るなら来てみろ!」でテレビ映画初監督を務めた[3][5][2]。映画監督デビューは『ジャンボーグA&ジャイアント』(1974年、円谷プロ)。

ウルトラシリーズの監督デビュー作は、上原正三脚本の『帰ってきたウルトラマン』の第33話「怪獣使いと少年」であるが、この作品はその内容からTBSに「この作品は受け取れない」と断られ、リテイクした[2]

この一件でウルトラシリーズから干された東條は、『ミラーマン』や『ジャンボーグA』で監督業を続けることになり、『ジャンボーグA』終了直後の1974年初頭からは特撮監督という形で『ウルトラマンタロウ』に参加[2]。次作『ウルトラマンレオ』の第5話からは、本編監督も兼ねてウルトラシリーズへの完全復帰を果たすが、続く第6話「男だ!燃えろ!」を経て、当分は特撮監督のみを任されることになる。1974年末の第38話「決闘!レオ兄弟対ウルトラ兄弟」からは再び本来の監督業に復帰し、『レオ』の終了後も『プロレスの星 アステカイザー』、『恐竜大戦争アイゼンボーグ』、『恐竜戦隊コセイドン』などの円谷作品を中心に活躍した。

東映時代[編集]

ウルトラマン80』の終了によって監督業の職を失いかけた1981年に、円谷時代に知り合いだった矢島信男が、東映プロデューサーの吉川進に紹介した事により[6][2]、『太陽戦隊サンバルカン』から東映作品に参加[2]。同作の劇場版を演出し、東映出身者以外の監督に不満を覚える関係者もいたが、吉川が東映東京撮影所と距離を置こうとしたのだろうと、東條は推測している[2]。翌年の『大戦隊ゴーグルファイブ』では、早くもメイン&パイロット監督を任される。

東映特撮最強の鬼監督と呼ばれ、一切の妥協を許さない徹底した演技指導は極めて厳しく、新人スタッフや新人役者には鬼軍曹と恐れられた。反面、その特異なキャラクターを慕われることも多かった。テンポが速くスピーディーな演出が特徴。現アクション監督で当時スーツアクターだった村上潤によると、東條と小西通雄はアクションシーンの編集が実に上手かったそうである。

円谷プロと東映とでは、カットの長さが一番の違いであると述べている[6]。また前者ではキャラクターをリアルに描くことを重視しているのに対し、後者ではキャラクターを活かした作品作りを行っているのも違いであるとしている[6]。円谷時代から東映の手法を研究しており、『ジャンボーグA』で『仮面ライダー』と同様のカット割りを取り入れようとしたが、手法の異なる円谷プロでは理解されなかったという[2]。研究していたものの、実際に東映作品に参加しやってみると苦労したという[2]

東映のスーパー戦隊シリーズの演出本数215本(映画、Vシネマ含めて)は渡辺勝也に次ぐ第2位である[5][7]。そのうちの『大戦隊ゴーグルファイブ』、『科学戦隊ダイナマン』、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』、『超力戦隊オーレンジャー』の4作品でパイロット&メイン監督を務めた。第5作『太陽戦隊サンバルカン』から第19作『超力戦隊オーレンジャー』まで、第8作『超電子バイオマン』と第9作『電撃戦隊チェンジマン』を除いて監督を担当した。

しかし、1997年頃の東映特撮演出陣の一新により『ビーファイターカブト』第48話「BF基地ビートルベース大爆破?!」を最後に活躍の場をなくし、監督業を引退した。

現在は時折特撮関係のムックでインタビューに答えている。また、近年は鈴木美潮プロデュースのイベントにたびたび参加するようになった。

スタッフ・キャストの感想[編集]

  • 吉田真弓(『超新星フラッシュマン』に出演) - 常に自身の主演回担当だったこともあり、世話になった人物として挙げている。その一方で撮影中に千葉弁が出ると東條から千葉弁に対して注意があったが、内心では東條の方が訛っていると思っていたという[8]
  • 嶋大輔(『超獣戦隊ライブマン』に出演) - エキセントリックであり、厳しく怒鳴って共演者の西村和彦の天敵になっていたと証言している[9]。しかし本質はいい人で、俳優に対して演出に意見を求めるなどディスカッションをしており、俳優側からはとてもやりやすかったと述べている[9]
  • 佐藤健太(『高速戦隊ターボレンジャー』に出演) - 普段はとても温厚で、読売ジャイアンツが勝つと機嫌がよかったが、撮影になると子役にも容赦なく叱責していたと述べている[10]。またスケジュール管理はしっかりしていたと証言している[10]
  • 藤敏也(『地球戦隊ファイブマン』に出演) - 当初は敵を指差すなどの大げさな演技を苦手としていたが、子供が観る番組であるからそういった演技が必要であることを東條に厳しく指導され、その後は開き直って演技できるようになり[11]、後に新劇でシェイクスピアなどの古典作品を演じるときにも役立っていると述べている[11]。また子役にも大人と対等の厳しさで注文をつけていたが、撮影中のトラブルを後には引っ張らない、さっぱりとした人物であったと証言している[11]
  • 和田圭市(『五星戦隊ダイレンジャー』に出演) - 同作品ではレッドを明確なリーダーとはしていなかったが、東條はレッドやピンクがストーリーを引き締めていくという考えで、思い入れの強さが伝わってきたと述べている[12]
  • さとう珠緒(『超力戦隊オーレンジャー』に出演) - 普段は優しいが撮影になるとエキサイトしてメンバー全員が怒られていたといい、第13話ではタレント犬にも怒っていたと述べている[13]
  • 高岩成二(スーツアクター) - 最も印象に残っている監督として挙げており、普段は優しいが演出になると子役にも厳しい、職人肌の人物であることを証言している[14]
  • 中川素州(スーツアクター) - 熱血スパルタ演出で有名と証言している。
  • 矢島信男(東映に東條を紹介した人物) - 「感情の起伏が激しい一面もあってね。それは八つ当たりとかではなくて、どうしてもイメージが形にならないことがあって、撮影が遅々として進まない時ですね。彼は非常に純粋な人でしたから。それが故の苦しみというのもあったかもしれないな。」とコメントしている[15]

主な作品[編集]

テレビ[編集]

助監督[編集]

映画[編集]

  • ジャンボーグA&ジャイアント(1974年、円谷プロ、チャイヨー・フィルム)
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団(1974年、円谷プロ、チャイヨー・フィルム)
  • 太陽戦隊サンバルカン(1981年、東映)
  • 大戦隊ゴーグルファイブ(1982年、東映)
  • 科学戦隊ダイナマン(1983年、東映)
  • エリマキトカゲ一人旅(1985年、チャイヨー・フィルム)
  • 超新星フラッシュマン 大逆転!タイタンボーイ!!(1986年、東映)*共同監督:山田稔[注釈 3]
  • 五星戦隊ダイレンジャー(1993年、東映)
  • 忍者戦隊カクレンジャー(1994年、東映)
  • ゴジラ・レッドムーン・エラブス・ハーフン 怪獣番外地(未制作、東宝、円谷プロ)

オリジナルビデオ[編集]

カメオ出演[編集]

  • 帰ってきたウルトラマン
    • 第13話「津波怪獣の恐怖・東京大ピンチ!」 - 冒頭で鉢巻をして踊る船員
    • 第43話「魔神月に吼える」 - 傍若無人な等身大グロテス星人
    • スーツアクターの遠矢孝信によれば、遠矢が『スペクトルマン』の撮影とかち合ったために不在だった時には、東条が代わりに怪獣(サドラなど)を演じたことがあった[16]
  • 『ミラーマン』第50話「地球最後の日」 - 御手洗博士の緊急会見を食堂のテレビを見て動揺する客の一人
  • 『超新星フラッシュマン』第33話「パパは負けない!」 - 柔道大会の観客

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 満田かずほとの対談では、第13話「ガラダマ」からであったと満田が述べている[4]
  2. ^ アニメ作品。総監督を担当。
  3. ^ テレビ15話、17話、18話の再編集版。15話の監督は長石多可男だがノンクレジット。

出典[編集]

  1. ^ 白石雅彦、萩野友大『帰ってきたウルトラマン大全』双葉社、2003年1月15日、295頁。ISBN 978-4575294941
  2. ^ a b c d e f g h i j k 20th1988 2018, p. 33, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 東條昭平」
  3. ^ a b 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 57, 東條昭平インタビュー.
  4. ^ ウルトラマン研究読本 2013, p. 78, 監督&スタッフ座談会.
  5. ^ a b c d SFドラマ大図鑑 2013, p. 64, Staff Interview 東條昭平
  6. ^ a b c スーパー戦隊大全集 1988, p. 183, 「スーパー戦隊シリーズインタビュー STAFF編」
  7. ^ ウルトラマン研究読本 2013, p. 83.
  8. ^ 『東映ヒーローMAX』Vol.12、辰巳出版〈タツミムック〉、2005年3月10日、77頁。ISBN 4-7778-0127-6
  9. ^ a b 20th1988 2018, pp. 18-19, 「SPECIAL INTERVIEW '88 嶋大輔
  10. ^ a b 「SPECIAL INTERVIEW '89 佐藤健太」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1989 高速戦隊ターボレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年6月10日、18-19頁。ISBN 978-4-06-513715-4
  11. ^ a b c 「SPECIAL INTERVIEW '90 藤敏也」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1990 地球戦隊ファイブマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年4月25日、18-19頁。ISBN 978-4-06-513711-6
  12. ^ 「SPECIAL INTERVIEW'93 和田圭市」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1993 五星戦隊ダイレンジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年12月19日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513704-8
  13. ^ 「SPECIAL INTERVIEW'95 さとう珠緒」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1995 超力戦隊オーレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年4月10日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513710-9
  14. ^ 「スーパー戦隊制作の裏舞台 高岩成二」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.5 魔法戦隊マジレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年7月10日、33頁。ISBN 978-4-06-509516-4
  15. ^ DVD『ウルトラマンレオ Vol.5』(デジタルウルトラプロジェクト)のライナーより。
  16. ^ きくち英一「「帰ってきたウルトラマン」座談会 第一部 徹底検証『帰ってきたウルトラマン』全51話」『ウルトラマン・ダンディー〜帰ってきたウルトラマンを演った男〜』風塵社、平成7年8月3日、ISBN 4-938733-19-6、35頁。

参考文献[編集]