東條昭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東條 昭平(とうじょう しょうへい、本名・東条庄兵=読み同じ、1939年12月5日 - )は、主に特撮テレビドラマ作品の元監督・元演出家福島県喜多方市出身。

1966年円谷プロ作品『ウルトラQ』にて助監督として関わり、キャリアをスタートし、68年、同プロ作品『戦え!マイティジャック』で監督デビュー。

来歴・人物[編集]

日本大学藝術学部映画学科卒業後、テアトルプロに入社。助監督として始動した。その後、テアトルプロのプロデューサーからの紹介で円谷プロダクションへ移籍し、『ウルトラQ』第6話「育てよ! カメ」から特撮に携わった[1][注釈 1]。本編版と特撮班の両方を経験した後、満田かずほの計らいにより『戦え! マイティジャック』(1968年、円谷プロ・フジテレビ)第7話「来るなら来てみろ!」でテレビ映画初監督を務めた[1][3]。映画監督デビューは『ジャンボーグA&ジャイアント』(1974年、円谷プロ)。

ウルトラシリーズの監督デビュー作は、上原正三脚本の『帰ってきたウルトラマン』の第33話「怪獣使いと少年」であるが、この作品はその内容からTBSに「この作品は受け取れない」と断られ、リテイクした。

この一件でウルトラシリーズから干された東條は、『ミラーマン』や『ジャンボーグA』で監督業を続けることになり、『ジャンボーグA』終了直後の1974年初頭からは特撮監督という形で『ウルトラマンタロウ』に参加。次作『ウルトラマンレオ』の第5話からは、本編監督も兼ねてウルトラシリーズへの完全復帰を果たすが、続く第6話「男だ!燃えろ!」を経て、当分は特撮監督のみを任されることになる。1974年末の第38話「決闘!レオ兄弟対ウルトラ兄弟」からは再び本来の監督業に復帰し、『レオ』の終了後も『プロレスの星 アステカイザー』、『恐竜大戦争アイゼンボーグ』、『恐竜戦隊コセイドン』などの円谷作品を中心に活躍した。

ウルトラマン80』の終了によって監督業の職を失いかけた1981年に、『太陽戦隊サンバルカン』から東映作品に参加。東映特撮最強の鬼監督と呼ばれ、一切の妥協を許さない徹底した演技指導は極めて厳しく、新人スタッフや新人役者には鬼軍曹と恐れられた。中川素州いわく、「熱血スパルタ演出で有名」。反面、その特異なキャラクターを慕われることも多かった。テンポが速くスピーディーな演出が特徴。現アクション監督で当時スーツアクターだった村上潤によると、東條と小西通雄はアクションシーンの編集が実に上手かったそうである。

東映のスーパー戦隊シリーズの演出本数215本(映画、Vシネマ含めて)は渡辺勝也に次ぐ第2位である[3][4]。そのうちの『大戦隊ゴーグルファイブ』、『科学戦隊ダイナマン』、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』、『超力戦隊オーレンジャー』の4作品でパイロット&メイン監督を務めた。第5作『太陽戦隊サンバルカン』から第19作『超力戦隊オーレンジャー』まで、第8作『超電子バイオマン』と第9作『電撃戦隊チェンジマン』を除いて監督を担当した。

しかし、1997年頃の東映特撮演出陣の一新により『ビーファイターカブト』第48話「BF基地ビートルベース大爆破?!」を最後に活躍の場をなくし、監督業を引退した。

現在は時折特撮関係のムックでインタビューに答えている。また、近年は鈴木美潮プロデュースのイベントにたびたび参加するようになった。

エピソード[編集]

  • 特撮監督の佐川和夫とは日芸の同期だった。ただし、学生時代は全く交流がなく、付き合いは円谷プロで仕事をするようになってからである[5]
  • 特撮監督としても、着ぐるみ俳優に対しての演技指導は過酷で、レオ役の二家本辰巳をして「東條さんの回が一番辛かった」と証言するほど、東條の妥協を許さぬスパルタな鬼演出は恐れられていた。二家本が満足できない演技をするとよく東條からドロップキックを受けていたという。
  • 『太陽戦隊サンバルカン』に参加できたのは、メインだった竹本弘一監督の降板によるものと[要出典]、円谷時代に知り合いだった矢島信男が東映プロデューサーの吉川進に東條を紹介したのがきっかけであったという[6]。同作品で劇場版を演出、翌年の『大戦隊ゴーグルファイブ』では早くもメイン&パイロット監督を任されることになる。
  • また東映作品では『太陽戦隊サンバルカン』、『大戦隊ゴーグルファイブ』のみ東條昭平名義ではなく、東条昭平名義だった。
  • 円谷プロダクションと東映とではカットの長さが一番の違いであると述べている[6]。また前者ではキャラクターをリアルに描くことを重視しているのに対し、後者ではキャラクターを活かした作品作りを行っているのも違いであるとしている[6]
  • 東條のこういった厳しさについて、東映に東條を紹介した矢島信男は「感情の起伏が激しい一面もあってね。それは八つ当たりとかではなくて、どうしてもイメージが形にならないことがあって、撮影が遅々として進まない時ですね。彼は非常に純粋な人でしたから。それが故の苦しみというのもあったかもしれないな。」とコメントしている[7]
  • 千葉のマネージャーだった池田からは雑誌「宇宙船」[要文献特定詳細情報]にて「東條監督は早口すぎて何を喋ってるかわからない」とかつて評されたこともある。またアフレコで失敗した役者には容赦なく灰皿を投げつけるというエピソードまで披露している。
  • 千葉は東條について、2013年9月のツイッターで「東條監督に育て上げられたせいで私はその後他のアイドルに比べて、どんな仕事でも楽々生温く感じて楽勝でした。厳しい監督の存在は大事だよね」とツイートしていた[要文献特定詳細情報]
  • 同じく『ダイレンジャー』でシャダムを演じた西凛太朗も当時はアフレコが苦手で、よく東條に怒鳴られたという[8]
  • 忍者戦隊カクレンジャー』撮影中、河合秀が余りの暑さに倒れてしまった。そのとき東條は「立ちなさい!」と言って無理やり立たせ、頭を叩いたという。
  • 一方で「大好きな監督」「優しい監督」「大変お世話になった監督」という証言が藤山律子柴田時江志村忍吉田真弓といった女優やスーツアクターから数多く寄せられている。
    • スーツアクターの高岩成二は最も印象に残っている監督として東條を挙げており、普段は優しいが演出になると子役にも厳しい職人肌の人物であることを証言している[9]
  • 白倉伸一郎のツイッターによると[要文献特定詳細情報]、2011年末には『星雲仮面マシンマン』などでともに作品に取り組んだ小笠原猛の葬儀に参列していたという。白倉はその時の東條について、葬儀の席で喜んでは不謹慎かもしれないがとしたうえで、「久々にお目にかかり、お変わりなく元気なお姿を嬉しく思いました」とコメントしていた。また別のツイートでは東條について「優しいお人柄がにじみ出る温厚な人当たりでいらっしゃいますが、こと演出となると、怒鳴る暴れる灰皿投げる……大監督というのはそんなものでしょう」と評していた。
  • 参加した東映特撮作品18シリーズのうち、最終回を担当したシリーズは半分の9シリーズに当たる。また戦隊シリーズでは最終回を務めた作品は7シリーズに及ぶが、これは同シリーズの最多記録である。

出演歴[編集]

  • 帰ってきたウルトラマン』第13話「津波怪獣の恐怖・東京大ピンチ!」冒頭で、船員役で鉢巻をして踊る姿が見られる。また第43話「魔神月に吼える」の、傍若無人な等身大グロテス星人も東條が演じている。また、スーツアクター担当の遠矢孝信によれば、遠矢が『スペクトルマン』の撮影とかち合ったために不在だった時には東条が代わりに怪獣(サドラなど)を演じたことがあった[10]
  • 『ミラーマン』第50話「地球最後の日」では、御手洗博士の緊急会見を食堂のテレビを見て動揺する客の一人を演じている。
  • 自身の監督作品である『超新星フラッシュマン』第33話「パパは負けない!」では柔道大会の観客としてカメオ出演していた。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

助監督[編集]

映画[編集]

  • ジャンボーグA&ジャイアント(1974年、円谷プロ、チャイヨー・フィルム)
  • ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団(1974年、円谷プロ、チャイヨー・フィルム)
  • 太陽戦隊サンバルカン(1981年、東映)
  • 大戦隊ゴーグルファイブ(1982年、東映)
  • 科学戦隊ダイナマン(1983年、東映)
  • エリマキトカゲ一人旅(1985年、チャイヨー・フィルム)
  • 超新星フラッシュマン 大逆転!タイタンボーイ!!(1986年、東映)*共同監督:山田稔[注釈 2]
  • 五星戦隊ダイレンジャー(1993年、東映)
  • 忍者戦隊カクレンジャー(1994年、東映)
  • ゴジラ・レッドムーン・エラブス・ハーフン 怪獣番外地(未制作、東宝、円谷プロ)

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 満田かずほとの対談では、第13話「ガラダマ」からであったと満田が述べている[2]
  2. ^ テレビ15話、17話、18話の再編集版。15話の監督は長石多可男だがノンクレジット。

出典[編集]

  1. ^ a b 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 57, 東條昭平インタビュー.
  2. ^ ウルトラマン研究読本 2013, p. 78, 監督&スタッフ座談会.
  3. ^ a b c d SFドラマ大図鑑 2013, p. 64, Staff Interview 東條昭平
  4. ^ ウルトラマン研究読本 2013, p. 83.
  5. ^ 白石雅彦、萩野友大『帰ってきたウルトラマン大全』双葉社、2003年1月15日、295頁。ISBN 978-4575294941
  6. ^ a b c スーパー戦隊大全集 1988, p. 183, 「スーパー戦隊シリーズインタビュー STAFF編」
  7. ^ DVD『ウルトラマンレオ Vol.5』(デジタルウルトラプロジェクト)のライナーより。
  8. ^ 2009年の『宇宙船』10月号インタビューより[要ページ番号]
  9. ^ 「スーパー戦隊制作の裏舞台 高岩成二」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.5 魔法戦隊マジレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年7月10日、33頁。ISBN 978-4-06-509516-4
  10. ^ きくち英一「「帰ってきたウルトラマン」座談会 第一部 徹底検証『帰ってきたウルトラマン』全51話」『ウルトラマン・ダンディー〜帰ってきたウルトラマンを演った男〜』風塵社、平成7年8月3日、ISBN 4-938733-19-6、35頁。

参考文献[編集]