有川貞昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ありかわ さだまさ
有川貞昌
生年月日 (1925-06-17) 1925年6月17日
没年月日 (2005-09-22) 2005年9月22日(満80歳没)
出生地 東京府
死没地 静岡県賀茂郡東伊豆町
職業 撮影技師特技監督
ジャンル 特撮映画
活動期間 1945年 - 2005年
著名な家族 有川潤(長男)
事務所 東宝
円谷プロダクション

有川 貞昌(ありかわ さだまさ、1925年大正14年)6月17日 - 2005年平成17年)9月22日)は、東京府出身の撮影技師特撮監督日本映画撮影監督協会会員。通り名は有職読みの「ていしょう」。

来歴[編集]

1943年(昭和18年)、日比谷の映画館で東宝映画『南海の花束』(1942年、阿部豊監督)を観て、四発飛行艇「川西大艇」に魅せられ、四国の海軍航空隊に入隊。飛行機パイロットの訓練を受ける。

1944年(昭和19年)、台湾南部の航空隊に配属され、雷撃機搭乗隊員として、対潜哨戒作戦に従事する。この航空隊での映画会で、『雷撃隊出動』(1944年、山本嘉次郎監督)を鑑賞し、出来栄えの素晴らしさに感動する。

1945年(昭和20年)、内地で敗戦を迎える。本人によれば、「幾度か死地を脱した末のことであった」という。同年8月、縁故で砧の東宝撮影所に入所。「技術部録音部」に配属される。

1948年(昭和23年)、前々年からの東宝争議で、東宝撮影所は映画製作が止まってしまう。学生野球の経験があることから、有川は若い女優らと地方へ野球の試合に向かわされ、缶詰会社の社員と試合をして、もらって帰った缶詰を組合に供出するというような日々を送った。

撮影所が政治闘争の場となり、映画製作どころか組合の言いなりのような状態に「とにかく嫌になった」という有川は、同年6月に東宝撮影所を退社。この前に、戦時中に観て感激した、『雷撃隊出動』を撮影した円谷英二を訪ねたところ、飛行機の話題で意気投合。誘われて円谷が自宅敷地に設置した「円谷特殊技術研究所」の撮影助手となる。この「円谷特殊技術研究所」には、利光貞三富岡素敬山本久蔵樺島幸男荒木秀三郎真野田陽一らがいた。

1950年(昭和25年)、東宝に復帰し、正式に専属契約を結ぶ。

この年、GHQによる公職追放でフリーランスの身となっていた円谷が、東宝撮影所内に「円谷特殊技術研究所」を設置。有川は研究所員として加わり、合成撮影などを請け負い、「東宝マーク」の作成も行う。

1953年(昭和28年)、円谷監督が嘱託として東宝に復帰。これに伴い、同じく撮影技師の富岡素敬、真野田陽一と共に東宝砧撮影所のキャメラマンとなる。

同年、『太平洋の鷲』(本多猪四郎監督)で円谷組特撮キャメラマンを務める。

1954年(昭和29年)、怪獣映画『ゴジラ』で特撮パートのキャメラマンを務める。以後、数多くの映画、テレビの特撮作品を手がけ、昭和期における特殊撮影技術を代表する一人となる。円谷の下では、引き(ロング画面)のキャメラマンを担当。また、円谷の代理で本多猪四郎との連絡役も務めた。

1957年(昭和32年)、『地球防衛軍』(本多猪四郎監督)のタイトルロールで、初めて「撮影」としてクレジット記名される。

1962年(昭和37年)、『紅の空』(谷口千吉監督)で特技監督の円谷を補佐し、特技演出を務める。

1963年(昭和38年)、円谷英二が「株式会社円谷特技プロダクション」を創設。円谷に請われ、同社とフジテレビとの番組企画『WOO』に企画参加する。

1965年(昭和40年)、「円谷特技プロダクション」製作のテレビ映画『ウルトラQ』の「五郎とゴロー」「1/8計画」で特技監督デビュー。以後、円谷特技プロのテレビ作品で腕を振るう。

1966年(昭和41年)、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(福田純監督)では、円谷に代わって実質的に特撮演出のほとんどを務める(クレジットは「特殊技術 監督補」)。

1967年(昭和42年)、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(福田純監督)で、正式に東宝の2代目特技監督の称号を得る。

1968年(昭和43年)、円谷特技プロダクションが「円谷プロダクション」と社名変更。登記上の取締役に就任(名義のみ)。

1969年(昭和44年)、円谷とともに大阪万博の『三菱未来館』の「サークロマ立体映像」を制作。

1970年(昭和45年)、師匠の円谷英二が死去。「サークロマ立体映像」の仕上げを行う。円谷の死去直後にクランクインした『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』(本多猪四郎監督)で特技監督(クレジットは特殊技術)を担当、これが東宝での最後の特撮劇場作品となる。

1971年(昭和46年)、東宝特技課の解散に伴い、東宝を退社。このことについて、「オヤジ(円谷の敬称)がいなくなっちゃったんじゃ、もう東宝にいる意味が無くなった」との趣旨のコメントを残している。この年、東宝の系列会社である国際放映に移籍。

1972年(昭和47年)、東宝に請われてTVドラマ『愛の戦士レインボーマン』(NET)の特撮を担当。テレビの低予算下での、ミニチュアなど自作しながらの「手作り特撮」が、大いに勉強になったと語っている。

1977年(昭和52年)、元東宝の造形スタッフの村瀬継蔵に招かれ、香港のショウ・ブラザーズ製作の『北京原人の逆襲』(ホー・メン・ファ監督)で特技監督を務める。

1979年(昭和54年)、『西遊記II』(日本テレビ)で、プロデューサーを務める。

2005年(平成17年)9月22日、肺癌のため死去。80歳没。告別式は代々幡斎場で行われた。

晩年は映像関係の専門学校の講師として、特撮技術の指導に当たった。

円谷英二との出会い[編集]

有川は戦時中に観た『ハワイ・マレー沖海戦』(1942年、山本嘉次郎監督)や『雷撃隊出動』(1944年、山本嘉次郎監督)を観て感激し、パイロットを目指して海軍航空隊に入隊したが、これらの映像を記録フィルムと信じて疑わなかったという。1947年(昭和22年)に東宝を辞めた際に、円谷英二監督が有川と同じ理由で東宝を辞め、独立したと聞いて、人[1] から聞いた住所をあてに個人的に自宅を訪問した。

映画が記録フィルムであると信じていた有川は円谷に、「『雷撃隊出動』の現場担当者は、どこの部隊の人ですか」と聞いたのであるが、円谷に「あれは映画で、飛行機は模型だよ」と言われてびっくりしたという。このときは特撮の知識など何もなかったが、円谷自身三等飛行士であることから、夜中まで飛行機の話題で話し込むこととなった。

この突然の訪問の帰り際に、円谷に「どうだ、日本ではもう飛行機(戦闘機)は飛ばせられんが映画ならできる。君も一緒にやらんか?」と言われた有川は、夢中で「はい!」と答えた。これがその後25年にわたる、円谷監督と特撮との歴史の始まりだったと有川は述懐している。

人物・エピソード[編集]

円谷英二の愛弟子として薫陶を受け、円谷を「オヤジ」と呼んで慕った。意見の違いでぶつかり合うこともあったが、「そこは信頼関係ですから、根に持つこともありませんでしたね」と語っている。師と仰ぐ円谷と同じく、元は飛行機乗り志望であり、『空の大怪獣ラドン』(本多猪四郎監督)を始め、多くの映画で特撮用の空中撮影のために、円谷と2人でセスナの操縦桿を握っている。

前年の『白夫人の妖恋』(豊田四郎監督)に次いで、日本初の総天然色フィルムによる特撮怪獣映画となる『空の大怪獣ラドン』では、特撮・本編合わせてスタッフ全員が未経験のカラー撮影にあたり、どの会社のカラーフィルムを使うかが論議となった。結局、イーストマン・カラーが用いられたが、これは特撮班カメラマンである有川の強い推薦によるものだった。

この『空の大怪獣ラドン』で、福岡市天神地区で特撮スタッフとロケハンをしていたところ、地元のチンピラたちが因縁をつけてきた。ところが、彼らが東宝の特撮スタッフだと知ると、チンピラたちは「なんね、この九州にゴジラが来るとね!?」と驚いて態度を豹変させ、歓待してくれたという[要出典]

有川によると、『ゴジラの息子』は、有川がオヤジ(円谷)を継いで、東宝の二代目特技監督に就任したことを祝って、「ゴジラにも息子をやろう」と生まれた企画だったという。

川北紘一によれば、現場では非常に厳しい人物であったという[2]

代表作[編集]

映画[編集]

公開年 作品名 制作(配給) 役職
1953年 10月21日 太平洋の鷲 東宝撮影所
東宝
撮影
1954年 2月10日 さらばラバウル
11月3日 ゴジラ
12月29日 透明人間
1955年 4月24日 ゴジラの逆襲
8月14日 獣人雪男
1956年 6月22日 白夫人の妖恋
12月26日 空の大怪獣ラドン
1957年 12月28日 地球防衛軍
1958年 6月24日 美女と液体人間
10月14日 大怪獣バラン
1959年 4月19日 孫悟空
7月5日 潜水艦イ-57降伏せず
10月25日 日本誕生
12月26日 宇宙大戦争
1960年 4月10日 電送人間
4月26日 ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐
12月11日 ガス人間第一号
1961年 1月3日 大坂城物語
7月30日 モスラ
8月13日 紅の海
9月17日 ゲンと不動明王
10月8日 世界大戦争
1962年 3月21日 妖星ゴラス
紅の空
8月11日 キングコング対ゴジラ
1963年 1月3日 太平洋の翼
5月29日 青島要塞爆撃命令
8月11日 マタンゴ
10月26日 大盗賊
12月22日 海底軍艦
1964年 1月13日 士魂魔道 大龍巻 宝塚映画
(東宝)
4月29日 モスラ対ゴジラ 東宝撮影所
(東宝)
8月11日 宇宙大怪獣ドゴラ
12月20日 三大怪獣 地球最大の決戦
1965年 6月19日 太平洋奇跡の作戦 キスカ
8月8日 フランケンシュタイン対地底怪獣 東宝撮影所
ベネディクト・プロダクション
(東宝)
10月31日 大冒険 東宝撮影所
渡辺プロダクション
(東宝)
12月19日 怪獣大戦争 東宝撮影所
ベネディクト・プロダクション
(東宝)
1966年 7月13日 ゼロ・ファイター 大空戦 東宝撮影所
(東宝)
7月31日 フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ 東宝撮影所
ベネディクト・プロダクション
(東宝)
12月17日 ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 東宝撮影所
(東宝)
特技監督
1967年 12月16日 怪獣島の決戦 ゴジラの息子
1968年 8月1日 怪獣総進撃
1970年 8月1日 ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣
1978年 3月11日 北京原人の逆襲 ショウ・ブラザーズ
1983年 12月 フェニックス

テレビ[編集]

オーディオコメンタリー出演[編集]

活躍当時の特撮現場でのエピソードは、以下のDVDの有川自身のコメンタリーで聞くことができる。

  • 『ゴジラの逆襲』 (同じ円谷組の特撮カメラマン・富岡素敬との共同)
  • 『空の大怪獣 ラドン』
  • 『フランケンシュタイン対地底怪獣』
  • 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』
  • 『愛の戦士レインボーマン』

脚注[編集]

  1. ^ 後の有川夫人である。昭和22年初頭の一時期に円谷英二は「南旺撮影所」職区長に配属されていて、この円谷の秘書を務めていた。
  2. ^ 川北紘一 『特撮魂 東宝特撮奮戦記』 洋泉社2010年、55頁。ISBN 978-4-86248-515-1

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]