ゴジラ (ブルー・オイスター・カルトの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴジラ
ブルー・オイスター・カルトシングル
初出アルバム『スペクターズ』
B面 ノスフェラツ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1977年
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ドナルド・ローザー
プロデュース ブルー・オイスター・カルト、デヴィッド・ルーカス、マレイ・クラッグマン、サンディ・パールマン英語版
テンプレートを表示
ゴジラ(ライヴ)
ブルー・オイスター・カルトシングル
B面 アメリカ合衆国の旗ゴジラ[1]
日本の旗ワイルドで行こう(ライヴ)[2]
リリース
規格 7インチ・シングル(日本盤)
12インチ・シングル(アメリカ盤、プロモ)
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
レーベル コロムビア・レコード
CBSソニー(日本盤)
作詞・作曲 ドナルド・ローザー
プロデュース ブルー・オイスター・カルト、マレイ・クラッグマン、サンディ・パールマン
ミュージックビデオ
「Godzilla」 - YouTube
テンプレートを表示

ゴジラ」(Godzilla)は、アメリカ合衆国ハードロックバンドブルー・オイスター・カルト1977年スタジオ・アルバム『スペクターズ』で発表した楽曲。1978年にはシングル・カットされている[3]。作詞・作曲はバンドのリード・ギタリストである"バック・ダーマ"ことドナルド・ローザーにより、日本の怪獣映画ゴジラ』をモチーフとした曲である[4]。なお、ローザーが観たのはレイモンド・バーが主演したアメリカ編集版で、ローザーは後年、PopEntertainment.comによるインタビューにおいて「彼(バー)が日本人の俳優たちと共演するシーンをよく見ると、彼らはカメラの方を向いていないことが分かるよ、だって明らかに別人だからね。彼のシーンはハリウッドで撮影されて、編集で追加されたんだろうね」と語っている[4]。2番の後には、臨時ニュースを模した日本語のスポークン・ワードが取り入れられた[5]

収録アルバム『スペクターズ』は全米43位を記録したが、本作はBillboard Hot 100入りを果たせなかった[6]

ドナルド・ローザーとエリック・ブルームは1998年、アメリカ制作の『GODZILLA』で本作が使用されなかったことに対する返答として「Nozilla」というパロディ・ソングを作った[7]

2019年には新たにカヴァーされ、同年公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のエンドタイトルで使用された。

ライヴにおける演奏[編集]

本作はライヴで頻繁に演奏され、『暗黒の狂宴〜B.O.C.ライヴ』(1978年)には1978年6月1日のイングランド公演[8]、『Extraterrestrial Live』(1982年)には1981年10月9日のハリウッド公演の演奏[9]、『A Long Day's Night』(2002年)には2002年6月21日のシカゴ公演の演奏が収録された[10]。また、1978年にはライヴ・ヴァージョンがシングルA面曲としてリリースされており、アメリカ盤プロモーション・シングルに収録されたライヴ音源は1977年のデトロイト公演における録音で、このテイクはレガシー・レコーディングスから発売されたコンピレーション・アルバム『Setlist: The Very Best of Blue Öyster Cult Live』(2010年)にも収録された[11]

大衆文化での使用例[編集]

本作は2019年までゴジラシリーズサウンドトラックに使用されたことはなかったが[7]、『デトロイト・ロック・シティ英語版』(1999年公開)[12]、『DOGTOWN & Z-BOYS英語版』(2001年公開)[13]といった映画で使用された。音楽ゲームの分野では、『ギターヒーロー』で使用され[14]、また、『ロックバンド[14]及び『Rocksmith』ではダウンロード曲に採用された[15]

スポーツの分野では、松井秀喜ニューヨーク・ヤンキース入団直後の2003年に入場曲として使用した[16][17]

カヴァー[編集]

  • スマッシング・パンプキンズ - ライヴで演奏。1990年8月25日のシカゴ公演における演奏は、アルバム『ギッシュ』(1991年)の2011年デラックス・エディション盤に付属したDVD『Live at the Metro, 1990』に収録された[18]
  • フー・マンチュー - EP『Godzilla』(1997年)及びコンピレーション・アルバム『Eatin' Dust』(1999年)に収録[19]
  • セバスチャン・バック - ライヴで歌唱。ライヴ・アルバム『ブリング・エム・バック・アライヴ!』(1999年)には「モンキー・ビジネス」とのメドレーとして収録された[20]
  • レーサーX - アルバム『スーパーヒーローズ』(2001年)に収録[21]

脚注[編集]

  1. ^ Blue Öyster Cult - Godzilla (Vinyl) at Discogs - アメリカ盤シングル(Columbia 3-10725)の情報
  2. ^ Blue Öyster Cult - Godzilla (Vinyl) at Discogs - 日本盤シングル(CBS Sony 06SP307)の情報
  3. ^ Neely, Tim; Popoff, Martin (2009). Goldmine Price Guide to 45 RPM Records. Krause Publications. p. 81. ISBN 9780896899582.  Google Books参照
  4. ^ a b PopEntertainment.com: Blue Oyster Cult (Buck Dharma) interview - article by Ken Sharp - 2015年2月11日閲覧
  5. ^ Godzilla by Blue Öyster Cult Songfacts - 2015年2月11日閲覧
  6. ^ Blue Öyster Cult | Awards | AllMusic
  7. ^ a b Donald Roesser of Blue Oyster Cult in DaBelly Magazine - article by Naughty Mickie - 2015年2月11日閲覧
  8. ^ Blue Öyster Cult - Some Enchanted Evening (CD, Album) at Discogs
  9. ^ Blue Öyster Cult - Extraterrestrial Live (CD, Album) at Discogs
  10. ^ Blue Öyster Cult - A Long Day's Night (CD, Album) at Discogs
  11. ^ Ladies & Gentlemen: The Setlists! -- NEW YORK, June 8 /PRNewswire/ -- - 2015年2月11日閲覧
  12. ^ Detroit Rock City (1999) - Soundtracks - IMDb
  13. ^ Dogtown and Z-Boys (2001) - Soundtracks - IMDb
  14. ^ a b Blue Oyster Cult in Video Games - blueoystercult.com - 2015年2月11日閲覧
  15. ^ Rocksmith 2014 song list | GamesRadar - 2015年2月11日閲覧
  16. ^ GODZILLA TAKES COLLAR IN DEBUT - NY Daily News - article by Anthony McCarron - 2015年2月11日閲覧
  17. ^ スポニチ Sponichi Annex松井、新天地開幕戦で「毎打席本塁打」宣言! - 2015年2月11日閲覧
  18. ^ Smashing Pumpkins* - Gish (CD, Album) at Discogs
  19. ^ (Godzilla's) Eatin' Dust - Fu Manchu | AllMusic - Review by Greg Prato
  20. ^ Bring 'Em Back Alive - Sebastian Bach | AllMusic - Review by Greg Prato
  21. ^ Superheroes - Racer X | AllMusic - Review by Brian O'Neill