Welcome to the stage!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Welcome to the stage!
高橋洋子シングル
A面 TENSIONS - welcome to the stage
B面 Who will know - furusato
Who will know - 2017
Who will know - snedronningen
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル KING AMUSEMENT CREATIVE(KICM-1747)
作詞・作曲 Mike Wyzgowski(全作詞)
高橋洋子(作詞#1,2,4)
鷺巣詩郎(作詞#2,4、全作曲)
プロデュース 森山敦
チャート最高順位
高橋洋子 シングル 年表
真実の黙示録
(2015年)
Welcome to the stage!
(2017年)
残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン
(2018年)
SHIRO'S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music 収録曲
Gaining Through Losing
(11)
TENSIONS – he who pays the piper
(12)
Fly into the Sun – prelude
(13)
テンプレートを表示

Welcome to the stage!』(ウェルカム・トゥー・ザ・ステージ)は、高橋洋子の27枚目のシングル2017年3月22日に、KING AMUSEMENT CREATIVEから発売された[1]

概要[編集]

スターチャイルドが廃止されKING AMUSEMENT CREATIVEに移行した後に発売された1枚目のシングルで、前作の『真実の黙示録』から2年ぶりのリリースである。

ゴジラ対エヴァンゲリオンの企画と高橋洋子のデビュー25周年企画の一貫として、高橋と鷺巣詩郎がタッグを組んで製作された[2]。ジャケットのイラストは安野モヨコが担当した[3]。この企画は、高橋が鷺巣に「『エヴァンゲリオン』の楽曲をボーカライズしてみたい」と相談したことで実現した[4]。同時に鷺巣から『シン・ゴジラ』の挿入歌も歌ってほしいと提案され、「Who will know」を歌うことが実現した。[4]。ジャケットのイラストは「シン・ゴジラVSエヴァンゲリオン」をイメージしたものである[5]

1曲目の「TENSIONS」は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズのBGMとして使用された「Battaille Décisive(EM20)」に歌詞を加えてアレンジした楽曲である[5][注 1]。2〜4曲目の「Who will know」は、2016年に公開された映画『シン・ゴジラ』の挿入歌として使用された「Who will know」をカヴァーした楽曲である[5]。オリジナルは、イギリス人ソプラノ歌手のキャサリン・ボットが歌唱担当している。

本作と 「シン・ゴジラ劇伴音楽集」の2作同時購入セットも発売され、特典として2作のジャケットのデザインのステッカーが付与された[6]

YOKO SINGS FOREVER』、『SHIRO’S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music』、『映画 シン・ゴジラ 劇伴音楽集』と同時発売され、同日にBunkamuraオーチャードホールで開催された「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」の物品販売でも発売された[7]。また同交響楽では、ゲスト出演した高橋が「Who will know」と「残酷な天使のテーゼ」を歌唱した。

収録曲[編集]

(全作曲:鷺巣詩郎

  1. TENSIONS - welcome to the stage [3:42]
    作詞:Mike Wyzgowski, 高橋洋子、編曲:鷺巣詩郎, CHOKKAKU
  2. Who will know - furusato [4:05]
    作詞:鷺巣詩郎, Mike Wyzgowski, 高橋洋子、編曲:鷺巣詩郎
  3. Who will know - 2017 [3:32]
    作詞:Mike Wyzgowski、編曲:鷺巣詩郎, TEHO, 天野正道
  4. Who will know - snedronningen[注 2] [4:07]
    作詞:鷺巣詩郎, Mike Wyzgowski, 高橋洋子、編曲:鷺巣詩郎

参加ミュージシャン[編集]

TENSIONS - welcome to the stage
Guitar, bass and synth programming CHOKKAKU
Choir Catherine Bott (soprano), Deborah Miles-Johnson (alto), Andrew Busher (tenor) and Michael George (bass)
Master of Ceremony Ian Pitter
Strings orchestra Perry Montague-Mason and The London studio orchestra
Orchestra principals Perry Montague-Mason (1st violin), Emlyn Singleton (2nd violin), Peter Lale (viola), Caroline Dale (cello) and Chris Laurence (contrabass)
French horns Martin Owen, Michael Thompson and Laurence Davies
Orchestra and choir arrangement Shiro SAGISU
Mixed CHOKKAKU and Masahiro Kawaguchi
Who will know - furusato
Choir Catherine Bott (soprano), Deborah Miles-Johnson (alto), Andrew Busher (tenor) and Michael George (bass)
Strings orchestra Perry Montague-Mason and The London studio orchestra
Orchestra principals Perry Montague-Mason (1st violin), Emlyn Singleton (2nd violin), Peter Lale (viola), Caroline Dale (cello) and Chris Laurence (contrabass)
Orchestra and choir arrangement Shiro SAGISU
Mixed Shiro SAGISU
Who will know - 2017
Choir Catherine Bott (soprano), Deborah Miles-Johnson (alto), Andrew Busher (tenor) and Michael George (bass)
Strings orchestra Perry Montague-Mason and The London studio orchestra
Orchestra principals Perry Montague-Mason (1st violin), Emlyn Singleton (2nd violin), Peter Lale (viola), Caroline Dale (cello) and Chris Laurence (contrabass)
French horns Martin Owen, Michael Thompson and Laurence Davies
Orchestra and choir arrangement TEHO, Masamichi AMANO, Shiro SAGISU
Mixed Shiro SAGISU
Who will know - snedronningen
Strings orchestra Perry Montague-Mason and The London studio orchestra
Orchestra principals Perry Montague-Mason (1st violin), Emlyn Singleton (2nd violin), Peter Lale (viola), Caroline Dale (cello) and Chris Laurence (contrabass)
Orchestra and choir arrangement Shiro SAGISU
Mixed Shiro SAGISU

収録アルバム[編集]

曲名 バージョン アルバム 発売日 規格品番 トラック番号
TENSIONS TENSIONS – he who pays the piper SHIRO'S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music[8] 2017年3月22日 MHCL-30449 #12
TENSIONS alterna 2018 アニソン録 プラス。[9] 2018年8月29日 KICA-2529 Disc4-#6
Who will know Who will know OST シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽[10] 2017年12月27日 KICA-92522(初回盤)
KICA-2522(通常盤)
Disc1-#8
Who will know - furusato Disc2-#19

スタッフクレジット[編集]

Produced, composed and arranged 鷺巣詩郎
Studios Labo recorders and Ro-JAM (Tokyo), ∠R (Yokohama), Beethoven (Paris) and Air Lyndhurst hall (London)
Recording engineers Pupert Coulson、川口昌浩、CHOKKAKU、鷺巣詩郎
Assistant engineers 高西和明、Tom Baily
Mastering engineer Patricia Sullivan (Bernie Grundman mastering studios)
Finish engineering 辻元宏
Production assistants 和田昌哉藤田淳之介、谷本由紀子(Ro-JAM)、鷺巣由比子(Ro-JAM)
Artist management 島辺マサヒロ(ポッシブル)
The cover picture 安野モヨコ
Art direction & design 市古斉史(TGB design.)
Artwork coordinator 鎌野友理子(キングレコード)
Promoter 江畑航(キングレコード)
Sales promoter 佐藤雄(キングレコード)
Director & producer 島居理恵
Executive Producer 森山敦(キングレコード)
Special Thanks khara, GroundWorks, CORK

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 映画『シン・ゴジラ』でもアレンジされたバージョンが使用されている。
  2. ^ 「snedronningen」は「スネドロニンゲン」と発音する。

出典[編集]

  1. ^ KAC公式さんのツイート: "【高橋洋子】2017年3月22日(水) デビュー25周年企画シングルのタイトルが『Welcome to the stage!』に決定!収録内容も公開となりましたので、是非HPをご覧下さい!!"”. Twitter. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ 【シン・ゴジラ VS エヴァ】 高橋洋子デビュー25周年記念「Welcome to the stage」”. EVANGELION STORE. 2017年3月29日閲覧。
  3. ^ 安野モヨコさんのツイート: "鷺巣詩郎さんと高橋洋子さんのシングル『Welcome to the stage!』のジャケットを安野モヨコが描き下ろし。エヴァとゴジラをイメージして対になった女性。手元の"槍"にも注目です!それぞれのエヴァっぽさ、ゴジラっぽさ、をお楽しみください💕3月22日発売です🌟スタッフ…"”. Twitter. 2017年3月29日閲覧。
  4. ^ a b 鷺巣詩郎、高橋洋子を「唯一無二」と絶賛 【シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽】開催”. Billboard JAPAN. 2017年3月29日閲覧。
  5. ^ a b c 安野モヨコ、シン・ゴジラVSエヴァのイラスト執筆!高橋洋子×鷺巣詩郎の新CD”. ニコニコニュース. 2017年3月29日閲覧。
  6. ^ 鷺巣詩郎 伊福部昭 「シン・ゴジラ劇伴音楽集」、高橋洋子 「Welcome to the stage!」、 2作同時購入セット: 音楽”. KING e-SHOP. 2017年3月29日閲覧。
  7. ^ 『シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽』開催!”. 株式会社カラー. 2017年3月29日閲覧。
  8. ^ SHIRO’S SONGBOOK 録音録 The Hidden Wonder of Music”. ORICON NEWS. 2019年7月6日閲覧。
  9. ^ アニソン録 プラス。 - 鷺巣詩郎”. ORICON NEWS. 2019年7月6日閲覧。
  10. ^ シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽 - 鷺巣詩郎,天野正道,東京フィルハーモニー管弦楽団”. ORICON NEWS. 2019年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]