世界は二人のために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界は二人のために
佐良直美シングル
A面 世界は二人のために
B面 愛は哀しく
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本ビクター
作詞・作曲 作詞: 山上路夫
作曲: いずみたく
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン[1]
  • 1968年度年間41位(オリコン)
  • 佐良直美 シングル 年表
    世界は二人のために
    (1967年)
    私の好きなもの
    (1967年)
    テンプレートを表示

    世界は二人のために」(せかいはふたりのために)は、1967年5月15日に発売された佐良直美シングル。発売元は日本ビクター

    解説[編集]

    明治製菓「アルファチョコレート」のCMソングの後半に歌詞を足して[2]リリースされた、佐良直美の歌手デビュー・シングル盤。

    本楽曲がヒットした結果、1967年第9回日本レコード大賞で新人賞を受賞した。また、同年大晦日の『第18回NHK紅白歌合戦』に初出場。デビューした年に出場歌手として選出される快挙となった。以降、1979年第30回まで歌手として13回連続出場、司会も5回務めるなど、1970年代の紅白を支えた。紅白で、他には1973年第24回でも歌唱されており、合計で3回歌唱されている。

    発売翌年にも渡ってセールスを伸ばし、1968年のシングル年間ヒットチャートオリコン)では第41位にランクインするなど、累計120万枚の売り上げとなった[3]。尚、オリコンがシングル週間ヒットチャートを公式発表し始めたのは同年1月からで、前年1967年の公式年間ヒットチャートは存在しない。

    1968年に開催された第40回選抜高等学校野球大会では、選手入場行進曲に選ばれた。

    作曲者のいずみたく中村八大が手がけた音楽を特集したNHK-BS2特別番組『BSエンターテインメント 昭和歌謡黄金時代 〜中村八大といずみたく〜[4]』(2006年11月24日放送)に佐良がVTR出演した際、「当初は、こんな童謡みたいな曲が売れるわけがない、と思った」とコメントを寄せた。

    発売当時自由民主党幹事長であった福田赳夫は「若い人は『世界のために二人はあるの』という気概を見せてほしい」と皮肉っている[5]

    「二人のため、世界はあるの」と歌われる本楽曲は、結婚披露宴の余興定番曲と紹介されることがあり、消しゴム版画家コラムニストナンシー関が著書『何をかいわんや』内「歌は世につれ④結婚式ソングの考察」(世界文化社刊)で取り上げている。

    競作・カバー[編集]

    トヨタ・ヴォルツコマーシャルソングに起用されている。

    収録曲[編集]

    1. 世界は二人のために
    2. 愛は哀しく

    収録作品[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ オリコンが初めて週間ヒットチャートの発表をした1968年1月4日付の順位である。なお、本楽曲がヒットしていた1967年の週間ヒットチャートは、オリコンによる集計が開始されていないため、存在しない。
    2. ^ 当時の石坂浩二小川知子が出演するCM版では、男性コーラスによる歌唱で、歌詞の「あなた」の部分が「君」になっている。後半はスキャット。
    3. ^ 佐良直美さんインタビュー
    4. ^ BSエンターテインメント 昭和歌謡黄金時代 中村八大といずみたく(NHKアーカイブス)
    5. ^ 『若きサムライのために』所収の三島由紀夫との対談にて

    関連項目[編集]