大仲清治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大仲 清治おおなか せいじ1934年12月15日 - 没年不明)は、日本の元プロ野球選手、元俳優。旧芸名・別名:大仲 清二

人物[編集]

奈良県出身。高校卒業後に阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)に入団しプロ野球選手となるが、1954年に退団し手塚勝巳が設立した東宝の野球部に移籍する[1]

その後宝塚映画での俳優活動をきっかけに東宝専属となり、以降ジャンルを問わず数多くの映画に出演している。

怪獣島の決戦 ゴジラの息子』では、183cmの長身からミニラと共演するシーンでのゴジラスーツアクターとして抜擢される。しかし撮影の合間キャッチボールをしていた際にボールを拾おうとしてマンホールに指を挟んで怪我をしてしまい、ゴジラ役を降板。急遽、関田裕が代役として起用されたというエピソードがある[2]

普段から「俺は野球のために東宝に来たから、役者はあんまり向いていない」と言っており、専属俳優制度が危うくなった際には真っ先に東宝系列のボウリング場への異動願を提出し、俳優を引退した。その後「みんなも大仲を見習ってほしい」という上層部の声や異動先で係長に出世した大仲の姿を見て、異動を決意した俳優も多かったという。

洋泉社刊『特撮秘宝 VOL・3』に故人である旨の記述がある[3]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 快獣ブースカ
    • 第11話「ブー横丁の学習塾」(1967年):人間コング
    • 第33話「不思議なドンブラ島」・第34話「ドンブラ島の化け狸」(1967年):藤原純友の部下

出典[編集]

  1. ^ a b c d 中島春雄 2010, p. 351.
  2. ^ 中島春雄 2010, pp. 162 - 163.
  3. ^ 『特撮秘宝』vol.3、洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2016年、225頁。ISBN 978-4-8003-0865-8
  4. ^ 「俳優名鑑」、『東宝特撮映画DVDコレクション』第9号、デアゴスティーニ・ジャパン2010年2月16日、 8頁、 雑誌 22763-2/16。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]