富山省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

富山 省吾(とみやま しょうご、1952年2月27日[1][2] - )は、日本映画プロデューサー東宝映画代表取締役社長を歴任。沖縄県出生[1]東京都出身[1][2]

略歴[編集]

プロデュース作品[編集]

ゴジラシリーズ[編集]

『vsビオランテ』では田中友幸が中心であったが、『vsキングギドラ』以降は田中の体調問題もあり富山に比重が置かれていった[1]

その他のプロデュース作品[編集]

著書[編集]

  • 富山省吾『ゴジラのマネジメント プロデューサーとスタッフ25人の証言』KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2015年3月7日。ISBN 4048690000

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 222–225, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 富山省吾」
  2. ^ a b c d e f g h i 若狭新一 2017, p. 273, 「関係者インタビュー プロデューサー 富山省吾」
  3. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 76, 「ゴジラVSシリーズとは 富山省吾」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]