神谷誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かみや まこと
神谷誠
生年月日 (1965-10-06) 1965年10月6日(57歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 特撮監督映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1988年 -
テンプレートを表示

神谷 誠(かみや まこと、1965年10月6日[1] - )は、日本特撮監督映画監督東京都[2][1]

経歴[編集]

1988年、映画『アナザー・ウェイ ―D機関情報―』より川北紘一のもとで特撮助監督を務める[1]。平成ゴジラシリーズや平成ガメラシリーズの特撮助監督を歴任した[1]

織田裕二主演の『ホワイトアウト』で特撮監督としてデビューした[2]。2008年、フルCG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』で長編監督デビュー[2][1]

エピソード[編集]

幼少期は東宝スタジオの近所に住んでおり、同所に忍び込んでミニチュアセットや着ぐるみの倉庫を覗くなどしていた[1]

川北組への参加は専門学校の先輩からの紹介によるものであったが、その先輩は「(神谷が)川北を尊敬している」と吹聴していたため、そのことを知らなかった神谷は川北本人を前にこれを否定してしまい、雇われはしたもののインチキ呼ばわりされたという[1]

ゴジラvsメカゴジラ』は、特撮テレビドラマ『電光超人グリッドマン』へ参加していたため途中参加となり、クレジットも表記されていない[1]

作品[編集]

特撮助監督[編集]

特撮監督[編集]

監督[編集]

テーマパーク[編集]

その他[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ノンクレジット[1]
  2. ^ ツジノミナミと共同。
  3. ^ 土井淳と共同。
  4. ^ 土井淳と共同。
  5. ^ 小坂一順と共同。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『平成ゴジラ クロニクル』川北紘一 特別監修、キネマ旬報社、2009年11月30日。ISBN 978-4-87376-319-4 

外部リンク[編集]