神谷誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かみや まこと
神谷誠
生年月日 (1965-10-06) 1965年10月6日(52歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 特撮監督映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1988年 -

神谷 誠(かみや まこと、1965年10月6日 - 、東京都出身[1])は、日本特撮監督映画監督

経歴[編集]

川北紘一樋口真嗣らのもとで助監督などを務め、織田裕二主演の『ホワイトアウト』で特撮監督としてデビューした[1]

都内の都立高校時代にゾンビ作品の8mm自主映画などを制作・監督していたが、卒業後はアニメ『うる星やつら』を制作していたスタジオディーンで設定制作のアルバイトをしていた時期もあり、後期の同作ではエンドクレジットに表記されている。

ライトノベル作家の紙谷龍生とは高校時代の同級生で、苗字の読みが同じことから、お互いに「ゴッド」「ペーパー」と呼び合っていた仲だった。また、高校時代にはリアルファイトでダブルアームスープレックスを決めて一撃で相手を沈めてしまったほどの怪力。

Avalon』では、撮影中に怒って現場から立ち去り、丸1日帰らなかったことがある。

ゴジラvsメカゴジラ』では、参加しているにもかかわらずスタッフロールに名前がない。

2008年公開のフルCG映画『バイオハザード:ディジェネレーション』で長編監督デビュー[1]

代表作[編集]

特撮助監督[編集]

特撮監督[編集]

監督作品[編集]

テーマパーク[編集]

出演[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]