ハゲタカ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハゲタカ
監督 大友啓史
脚本 林宏司
製作 富山省吾
製作総指揮 諏訪部章夫
市川南
出演者 大森南朋
玉山鉄二
栗山千明
高良健吾
松田龍平
柴田恭兵
音楽 佐藤直紀
主題歌 『ROAD TO REBIRTH』
撮影 清久素延
編集 大庭弘之
製作会社 「ハゲタカ」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年6月6日
上映時間 134分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8.3億円[1]
テンプレートを表示

ハゲタカ』は、2009年平成21年)に公開された日本映画

作家・真山仁による一連の経済小説、「ハゲタカ」、「ハゲタカII」(「バイアウト」改題)、「レッドゾーン」を原作として製作された。

概要[編集]

NHK土曜ドラマハゲタカ」が国内外で高い評価を得た[2]ことから、東宝など(後述の製作委員会参照)により映画化されることとなった。

ドラマから4年後が舞台で、出演者・スタッフともテレビドラマをほぼ踏襲し、原作者・真山仁が執筆した続編『レッドゾーン』をベースにテレビ版の後日談となる予定で、2009年5月公開を目指し[3]、2009年1月15日にクランクインした。

しかし、リーマン・ショックが発生し、当初予定されていた脚本(日本に進出してくる中国系ファンドを日本の金融界がどう迎え撃つかという構想だった)が、全く時流に合わない物となり、制作サイドは、時系列をテレビ版と実際の時間との中間に位置する話として、完成していた脚本をそのまま採用するか、あるいは、現在の時間軸に合わせた物にするかの決断を迫られることとなった。制作サイドは検討の結果、「現在の時間軸に合わせた物語にするために脚本を大幅に書き換え(8割程度を書き換えたと言われる)、配役やその設定自体を見直す」という大胆な決断を下した。このため、当初の3月撮影終了、5月公開という予定は不可能となり、公開日は正式に6月6日と発表し直された。

映画の公開に合わせ、2009年平成21年)5月にドラマのノベライズ本が「TV版 ハゲタカ」として主婦と生活社から上下2巻で発売された。

何年も映画番組の放送が無かったNHK総合テレビにて2010年平成22年)8月7日に「スペシャル・エディション」が放送。スコープサイズの画面左右をトリミングしたハイビジョンサイズで、尺も約106分と短くなっている。番組冒頭でテレビシリーズのあらすじ紹介が行われた。

ストーリー[編集]

かつて、日本を買い叩き、一世を風靡した「ハゲタカ」こと鷲津政彦(大森南朋)。かれは芝野健夫(柴田恭兵)とともにあけぼの光学を立ち上げた後も、着々と企業買収を繰り返してはいたものの、一向に変わらない日本社会に嫌気がさし、最近は隠遁に近い生活を送っていた。一方、ターン・アラウンドマネージャーとしてあけぼの光学を立ち上げた芝野は、日本を代表する自動車企業アカマ自動車に役員として迎えられ、企業再生の道を模索していた。

そんな時、芝野は海外を中心としたインターネットでアカマ自動車の悪評が流されているのに気が付き、誰かがアカマを狙っている、と考え鷲津の元を訪れ助けを求める。しかし、鷲津はこれを無下に断った。

一方、中国政府系ファンド・CLICの意向を受けたブルー・ウォール・パートナーズの劉一華(玉山鉄二)はアカマ自動車のTOBに乗り出すことを宣言する。そこには中国政府が自国へと技術を取り込みたい思惑があったのだが、劉はそれを知る由もない。一方、鷲津は劉の記者会見を知り、MGS銀行頭取・飯島(中尾彬)とアカマ自動車社長・古谷(遠藤憲一)の要請にてホワイトナイトとしてアカマ買収に立ち向かうことを決意する。

「ハゲタカ」鷲津と「赤いハゲタカ」劉のアカマをめぐる攻防戦の幕が切って落とされた。しかし・・・国家規模の巨額資本をバックに攻勢を仕掛ける劉に対し、鷲津はただ圧倒され成すすべもない。

そこで鷲津はドバイにてオイルマネーを調達、かつては敵対関係であった西乃屋旅館社長・西野(松田龍平)の協力を得てある計画を実行に移す。それは、アカマや劉、その背後にいるCLICだけでなく、世界中のマーケットさえ巻き込むことになる、いわば「資本主義の破壊」への壮絶なるシナリオであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

鷲津政彦 - 大森南朋
鷲津ファンド代表。日本経済に愛想を尽かして国外で暮らしており、国内ではすでに「過去の人」扱いされている(死んだとのうわさも立った)。芝野らの要請を受け、劉と対決することに。
劉一華 - 玉山鉄二
ブルー・ウォール・パートナーズ代表。中国の寒村出身で、残留日本人孤児三世。ホライズン社で「使い走り」をしていた際に鷲津と出会っている。幼少の頃に農作業中に「アカマ自動車」製の赤い車を見たのをきっかけにアカマ自動車に強い想い入れがある。しかし何故、田舎町で日本車を見たか本人も謎である。
三島由香 - 栗山千明
東洋テレビのニュースキャスター。34歳となった現在でも現場取材をこなす。
守山翔 - 高良健吾
アカマ自動車派遣工。劉にそそのかされ、アカマ自動車への糾弾デモを行う。
古谷隆史 - 遠藤憲一
アカマ自動車代表取締役社長。
西野治 - 松田龍平
西乃屋旅館社長。IT社長時代の人脈を利用し、鷲津の策に協力する。
飯島亮介 - 中尾彬
アカマ自動車の筆頭株主であるMGS銀行頭取。
芝野健夫 - 柴田恭兵
アカマ自動車執行役員。

その他のキャスト[編集]

村田丈志 - 嶋田久作
鷲津ファンド社員。調査担当。
中延五郎 - 志賀廣太郎
鷲津ファンド社員。不動産取引のエキスパート。
野中裕二 - 小市慢太郎
東洋テレビ報道局プロデューサー。
デイビッド・ブラックマン - グレゴリー・ペーカー
スタンリー・ブラザース社員で、アカマ自動車ファイナンシャル・アドバイザー。
ジム・ブラウン - クリストファー・ペレグリニ
ブルー・ウォール・パートナーズ社員。
柴崎大輔 - 脇崎智史
東洋テレビ報道局ディレクター。
青木 - 浜田晃
アカマ自動車の重役。
アンナ - エマ・ハワード
鷲津ファンド社員。鷲津の秘書。
若槻猛 - 野村修一
鷲津ファンド社員。
李克仁 - 貴島功一朗
ブルー・ウォール・パートナーズ社員。
孫 - 明日嘉
ブルー・ウォール・パートナーズ社員。
張健祥 - 中村譲
ブルー・ウォール・パートナーズ社員。
坂本 - 津田健次郎
スタンリー・ブラザース証券日本支社・社員。
男 - 滝藤賢一
公園で劉一華を襲う男。

※ なお、最終的な編集段階にいたっての脚本の大幅な変更に伴い、石丸謙二郎(裁判長役)などエンドロールに名前だけが登場するが、出演シーンはカットされたキャストも存在する。

劇中に登場する「アカマGT」について[編集]

アカマ自動車の社長室には、初代から3代目までのアカマGTのミニチュアが飾られている。初代はS310型ダットサン・フェアレディ(1962年-1970年)に似せたイメージになっており、2代目はS30型日産・フェアレディZ(1969-1978年)に大型のフロントグリルを付けたようなモデルになっている。このうち初代と3代目は茨城県鉾田市の有限会社イバフルによって実車が製作された。初代はハードトップを装着したNA型ユーノス・ロードスターベースの「ダックスガーデン (DUCKS-GARDEN)・ロードスター311タイプ3」に新しくデザインされたフロントグリルが装着された。3代目にはマツダ・RX-8ベースの「ダックスガーデン・RX-8 ストラーレ (Strale)」が使用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2009年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2010年平成22年)2月下旬号、キネマ旬報社2010年、 173頁。
  2. ^ ハゲタカ (テレビドラマ)#受賞参照。
  3. ^ 読売新聞2008年11月15日

外部リンク[編集]