坂野義光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ばんの よしみつ
坂野 義光
生年月日 (1931-03-30) 1931年3月30日
没年月日 (2017-05-07) 2017年5月7日(86歳没)
出生地 日本の旗 日本 愛媛県越智郡桜井町(現・今治市
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
テンプレートを表示

坂野 義光(ばんの よしみつ、1931年3月30日 - 2017年5月7日[1])は、日本映画監督、先端映像研究所代表取締役社長愛媛県[2]越智郡桜井町(現・今治市)出身。

略歴[編集]

愛媛県で生まれ育ち、中学3年生のときに上京[2]東京都立第一中学校から東京大学文学部美術史科に進む。

1955年(昭和30年)に大学を卒業し、東宝に入社[2]。当時の東宝は縁故採用であったため、母親の友人であった白洲次郎の紹介を受けた[2]。助監督を志望していたが、当初の配属は本社文芸部であった[2]。1956年(昭和31年)に演出助手係に移り、助監督を永く務めた。スキューバダイビングの免許を持ち、1961年(昭和36年)から水中撮影班に移る。

映画斜陽に伴う東宝解体期には、水中撮影を生かした映像制作の陣頭に立った。

1971年(昭和46年)、自ら企画した『ゴジラ対ヘドラ』で脚本兼任[注釈 1]で監督デビュー[2]。この作品で怪獣ゴジラに空を飛ばせるというアイデアを立案するが、田中友幸プロデューサーに許可を得る段階で田中は撮影途中に体調不良から入院。当時、東宝の専務だった馬場和夫に全権委任され、馬場の判断によってアイデアの採用が決まった。しかし完成作品を見た田中は「性格を変えてもらっちゃ困るんだよな」と坂野に難色を示し、次回作も担当する予定であったが白紙となった[3][2][注釈 2]。以後、坂野は劇映画監督から手を引き、得意の水中撮影を生かし、『すばらしい世界旅行』などのテレビのドキュメンタリー映像に関わる。

1983年、70ミリフィルムを用いた大型映像「ジャパネックス・システム」を開発[注釈 3]

1989年(平成元年)[元号要検証]東宝映像美術常務取締役に就任[3]1994年(平成6年)まで務める[5]

2000年(平成12年)、先端映像研究所を設立し、代表取締役に就任[6]

2014年(平成26年)、坂野のIMAXによる3Dゴジラ短編映画の企画が、ハリウッドで長編映画の企画として採用され、『GODZILLA ゴジラ』として公開された。坂野はエグゼクティブ・プロデューサーを務めた[2]

2017年(平成29年)、福島第一原子力発電所事故をテーマとした映画『新ヘドラ』(仮称)のシナリオをまとめており、映画化をめざしていることを東京新聞の取材で明らかにした[7]が、同年5月7日、構想は実現することなくクモ膜下出血で死去した[1]

2019年のアメリカ映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では、エンドクレジットに「In memory of Yoshimitsu Banno(1931-2017) Haruo Nakajima (1929-2017)」との献辞が掲げられている。

映画作品[編集]

助監督作品[編集]

監督作品[編集]

プロデューサー作品[編集]

テレビ作品[編集]

監督作品[編集]

  • 1973年 - 美女の海底探検(東京12チャンネル[11]
  • 1973年 - 日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行日本テレビ
    • 珊瑚礁の冒険王 ペン・クロップ
    • サメ狩の王者
    • 青い海のターザン
  • 1975年 - クジラの背に乗って[2]
  • 1975年 - ゾウアザラシのハレム
  • 1975年 - ラッコの海中探検
  • 1975年 - マングローブの海底
  • 1975年 - サメと暮らす淑女
  • 1976年 - 砂漠とサメと珊瑚礁
  • 1976年 - 人食いサメと毒ガレイ
  • 1976年 - ウバザメと祭り
  • 1977年 - 深海に人食いザメが進化する謎を探った女(以上日本テレビ)
  • 1978年 - 巨大怪獣地帯を行く(『金曜スペシャル』、東京12チャンネル)[2]

プロデューサー作品[編集]

  • 1979年 - 巨大怪獣地帯を行く(『金曜スペシャル』、東京12チャンネル)
  • 1980年 - 六機未だ帰らず(読売テレビ)
  • 1980年 - 戦争未来館(読売新聞大阪本社)
  • 1981年 - 東京大地震(2hドラマ)(読売テレビ)[2]

イベント・アトラクションなど[編集]

監督作品[編集]

プロデューサー作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 馬淵薫との共作。
  2. ^ 田中はその後、アメリカ版の『ゴジラ上映の歴史』という書籍に「あいつ(坂野)には二度と特撮映画を監督させない!」と記載した[信頼性要検証]。坂野はこの記述のことを後日人づてに知ったという[2]
  3. ^ 国際科学技術博覧会での上映を念頭に置いた大型映像システムの名称。最大で横24メートル、縦20メートルのスクリーンに映写できる方式。日本初の70ミリフィルムを採用したことから、この名が付いた[4]
  4. ^ セカンド助監督[9]
  5. ^ 水中撮影部分を監督[2][10]
  6. ^ 監督デビュー作。脚本も馬淵薫との共同で担当。
  7. ^ 協力監督[2][10]
  8. ^ 協力監督[2]、潤色として参加。
  9. ^ a b アニメーション映画。
  10. ^ アニメーション・ドキュメント映画。
  11. ^ シナリオ・監督・俳優公募によるブロードバンド用15分短編映画5本。
  12. ^ 映像・音響演出[2][12]

出典[編集]

  1. ^ a b “【訃報】坂野義光氏=映画監督”. 読売新聞. (2017年5月10日). オリジナルの2017年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170513020923/http://www.yomiuri.co.jp/obit/20170510-OYT1T50050.html 2017年5月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 東宝チャンピオンまつりパーフェクション 2014, pp. 94–95, 「東宝チャンピオンまつりスペシャルインタビュー 坂野義光」
  3. ^ a b ゴジラ大全集 1994, p. 153, 「SPECIAL INTERVIEW 公害テーマへの挑戦 坂野義光」
  4. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 83/2073
  5. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 1981/2073.
  6. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 1986/2073
  7. ^ “「ゴジラ」監督・坂野義光さん 新ヘドラ構想「福島事故は公害」”. 『東京新聞』夕刊. (2017年3月4日). オリジナルの2017年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170304064441/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017030490135447.html 
  8. ^ a b c d 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 1981/2073
  9. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 513/2073
  10. ^ a b 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 1981/2073
  11. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 2004/2073
  12. ^ 坂野義光 2014, Kindle版、位置No. 1981/2073

参考文献[編集]

  • テレビマガジン特別編集 誕生40周年記念 ゴジラ大全集』構成・執筆:岩畠寿明(エープロダクション)、赤井政尚、講談社、1994年9月1日。ISBN 4-06-178417-X
  • 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』電撃ホビーマガジン編集部、KADOKAWAアスキー・メディアワークス)〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年11月29日。ISBN 978-4-04-866999-3
  • 坂野義光『ゴジラを飛ばした男 改訂版』アットメディア、2014年。ASIN B00M5KDOKG

外部リンク[編集]