マイケル・ドハティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・ドハティ
Michael Dougherty
Michael Dougherty
サンディエゴ・コミコン・インターナショナルでのドハティ
生年月日 (1974-10-28) 1974年10月28日(45歳)
出生地 コロンバス (オハイオ州)
職業 映画監督、映画プロデューサー、脚本家
活動期間 1996年 -
公式サイト mikedougherty.com
主な作品
スーパーマン リターンズ
X-MEN: アポカリプス
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
テンプレートを表示

マイケル・ドハティ(Michael Dougherty,1974年10月28日 -)は、アメリカの映画監督、プロデューサー、脚本家。2003年に製作されたブライアン・シンガー監督の映画『X-MEN2』(Dan Harrisとの共作)や『スーパーマン リターンズ』(2006)、カルトホラー映画『ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート』(2007)の脚本を手掛けたほか[1]、クリスマスホラーコメディ『Krampus』(2015)の監督・脚本・プロデュース、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)の監督・脚本を手がけている。

生い立ち[編集]

オハイオ州コロンバスで生まれ育ち、 ニューヨーク大学モーリス・カンバー・映画テレビ研究所のティッシュ芸術学校で学ぶ。ここで1996年に『Season's Greetings』を制作[2]。母親はベトナム人

キャリア[編集]

監督デビュー作である『ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート』は自身の脚本が元になっており、ブライアン・シンガーによって制作された[3]。同作はいくつかの映画祭で上映された後、2009年10月6日に米国やカナダでDVDがリリースされた[4]

2014年12月にはホラー映画『Krampus』の制作を開始。本作は2015年12月に公開された[5]

2016年のブライアン・シンガー監督作品『X-MEN: アポカリプス』ではブライアン・シンガーやダン・ハリス、サイモン・キンバーグとともに脚本の原案を手がける[6]

2016年10月、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の脚本をザック・シールズと共に執筆することが発表された[7]。その翌日にはゴジラ・キング・オブ・モンスターズの監督を行う交渉が行われていることも報じられ[8]、2017年1月にドハティが同作の監督を務めることが正式に発表された[9] [10]

イラストレーション作品の制作も行っており、公式ウェブサイトでいくつかの作品が公開されている[11]

フィルモグラフィ[編集]

漫画[編集]

ブライアン・シンガーやDan Harrisとともに、映画『スーパーマン リターンズ』の前日譚を描くコミック4作にプロットを提供している。 これらは2006年6月にDCコミックスによって出版され、映画『スーパーマンII』と『スーパーマン リターンズ』を繋ぐ作品となった。

  • Superman Returns: Krypton to Earth
4作のうち最初の作品で、スーパーマンの起源や、スーパーマン不在の世界がどのように変わったかを描く。
  • Superman Returns: Ma Keny
ブライアン・シンガーによって考案され、カール・ケルシュルによって描かれた2番目の作品。スーパーマンを育てた女性、マーサ・ケント(Ma Keny)の人生にスポットライトを当て、そして彼女がどのようにスーパーマン不在の世界で生き残ったかを探る。
  • Superman Returns: Lex Luthor
スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーはいつもスーパーマンのいない世界を夢見ていた。 彼が何年も待ち望んでいた世界が実現したとき、彼はどうしたのかを描く。
  • Superman Returns: Lois Lane
ロイス・レインは最愛のスーパーマンを失った。この勇敢な記者が、その悲しみから抜け出すまでを描く。

2015年、Todd Casey、Zach Shields、Marc Andeykoとともにブライアン・シンガーの トリック・オア・トリートに繋がるコミック作品となる「Trick' r Treat:Days of the Dead」を制作した。この作品は4つの短編で構成されており、古代アイルランドの休日のルーツをさかのぼる、さまざまなキャラクターや文化を描いている。

2015年後半、Todd Casey、Zach Shields、Laura ShieldsとともにKrampusと繋がる作品となる「Krampus: Shadows of Saint Nicholas」を制作した。この作品はKrampusの神話を広げる3つの物語で構成されている。

参考文献[編集]

  1. ^ The New York Times”. The New York Times. 2012年1月19日閲覧。
  2. ^ TRICK 'R TREATing with Michael Dougherty Archived October 28, 2009, at the Wayback Machine.
  3. ^ Michael Dougherty talks ''Trick 'r Treat'' at FEARnet”. Fearnet.com (2015年1月5日). 2015年1月12日閲覧。
  4. ^ Stax (2003年4月16日). “''10 Questions: Mike Dougherty & Dan Harris''”. Movies.ign.com. 2015年1月12日閲覧。
  5. ^ Barton (2014年12月19日). “Mike Dougherty and Legendary Spread Some Christmas Fear”. Dreadcentral.com. 2015年1月12日閲覧。
  6. ^ Lesnick, Silas (2014年9月22日). “Bryan Singer Confirmed to Direct X-Men: Apocalypse”. 2014年9月23日閲覧。
  7. ^ Kroll (2016年10月20日). “Michael Dougherty and Zach Shields to Write ‘Godzilla 2’ for Legendary (Exclusive)”. Variety. 2016年10月20日閲覧。
  8. ^ Hayes (2016年10月21日). “Exclusive: ‘Godzilla 2’ May Be Helmed by ‘Krampus’ Director Michael Dougherty”. Screen Crush. 2016年10月21日閲覧。
  9. ^ Kroll (2017年1月23日). “‘Godzilla 2’ Finds Director in Michael Dougherty”. Variety. 2017年1月23日閲覧。
  10. ^ Mike Dougherty Confirms the Title is Godzilla: King of "THE" Monsters”. Scified (2017年1月29日). 2017年1月31日閲覧。
  11. ^ マイケル・ドハティ公式Webサイトの「art」ページ”. 2019年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]