赤い月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤い月』(あかいつき)は、なかにし礼の小説。『週刊新潮』で1999年から2000年まで連載された。2001年に単行本化され、20万部を超えるベストセラーとなった[要出典]

戦前・戦中の旧満州を舞台に、一人の女性の生き様を描いた物語で、なかにしの実際の体験をもとにした自伝的小説である。

2002年NHK-FMでラジオドラマ化、2004年東宝系で映画化・テレビ東京系列でテレビドラマ化され、2005年2006年には文学座で戯曲化された。

あらすじ[編集]

ラジオドラマ[編集]

NHK-FMで2002年1月2日 - 1月4日に放送された。

キャスト(ラジオドラマ)[編集]

スタッフ(ラジオドラマ)[編集]

  • 脚色:東多江子
  • 演出:保科義久
  • 音楽:樋口康雄
  • 主題歌:松坂慶子

映画[編集]

赤い月
監督 降旗康男
脚本 井上由美子
降旗康男
出演者 常盤貴子
伊勢谷友介
音楽 朝川朋之
撮影 木村大作
編集 川島章正
製作会社 「赤い月」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年2月7日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.1億円[1]
テンプレートを表示

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

テレビドラマ[編集]

2004年5月5日 - 5月6日に放送。その後、同年12月29日に再放送された。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 152頁。
  2. ^ “映画「赤い月」の常盤貴子は“鉄の女””. SANSPO.COM. (2003年3月28日). オリジナル2003年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210101923/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032808.html 2016年1月31日閲覧。 

外部リンク[編集]