井上由美子 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 由美子(いのうえ ゆみこ、1961年[1] - )は、日本脚本家兵庫県神戸市出身。

井上 由美子
プロフィール
誕生日 1961年
出身地 日本の旗 兵庫県神戸市
主な作品
テレビドラマひまわり
きらきらひかる
北条時宗
GOOD LUCK!!
白い巨塔
14才の母
緊急取調室
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
BG〜身辺警護人〜
映画昼顔
受賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

略歴[編集]

立命館大学文学部中国文学専攻卒業[2][3]卒論では阮籍を扱った[4]テレビ東京に入社するが、希望していたドラマ制作に携われなかったため3年で退職し[4]、シナリオライターを目指してシナリオ作家協会シナリオ講座研修科を修了[5]1991年に『過ぎし日の殺人』で脚本家としてデビュー。

ギフト』『GOOD LUCK!!』『エンジン』など、木村拓哉主演作品をヒットさせ、『白い巨塔』や『14才の母』などの社会問題を題材にした硬派な作品も話題となった。

2006年にはNHK制作のドラマ『マチベン』で第25回向田邦子賞を受賞。

テレビ朝日新人シナリオ大賞の最終選考の審査員や[6]、フジテレビ番組審議会の委員も務める[7]

2018年には『ハラスメントゲーム』で小説家としてもデビュー[8]

評価[編集]

脚本家の坂元裕二は1996年以降休業宣言をしていたが、再び脚本を書こうとしたきっかけを与えてくれた作品として、井上の『きらきらひかる』(1998年)を挙げ、「『こんなに面白いテレビドラマもあるのか』と思ったらまた書いてみたくなって、自分から戻りました」と答えている[9]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

著書[編集]

小説[編集]

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第25回(2006年度) 向田邦子賞
  2. ^ 会員プロフィール 井上由美子”. 日本シナリオ作家協会. 2016年7月12日閲覧。
  3. ^ 専攻卒業生の井上由美子氏が紫綬褒章を受章されます | ニュース | 中国文学専攻 | 東洋研究学域 | 文学部 | 立命館大学”. www.ritsumei.ac.jp. 2021年3月11日閲覧。
  4. ^ a b 「生きる」を肯定したい 初の小説『ハラスメントゲーム』刊行 井上由美子さん(脚本家):東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年3月11日閲覧。
  5. ^ シナリオ作家リレー日記 井上由美子”. 日本シナリオ作家協会. 2016年7月12日閲覧。
  6. ^ 井上由美子、アイデアを絶賛「ジブリの映画にもなるような…」第15回テレ朝新人シナリオ大賞が決定”. テレビドガッチ (2015年6月15日). 2015年6月25日閲覧。
  7. ^ 第487回 番組審議会議事録概要”. 番組審議会. フジテレビ (2019年3月10日). 2019年6月3日閲覧。
  8. ^ “脚本家、井上由美子 小説家デビュー!『ハラスメントゲーム』2018年10月 刊行決定!” (プレスリリース), 河出書房新社, (2018年8月9日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000181.000012754.html 2019年12月12日閲覧。 
  9. ^ 坂元裕二. 「テレビからこぼれているものを書きたい」――人気脚本家・坂元裕二が語る連ドラの役割. インタビュアー:内田正樹. Yahoo!.. https://news.yahoo.co.jp/feature/1093 2018年11月7日閲覧。 
  10. ^ ドラマ むしの居どころ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  11. ^ a b c d 会員プロフィール 井上由美子”. 協同組合日本シナリオ作家協会. 日本シナリオ作家協会. 2018年8月4日閲覧。
  12. ^ BS日曜ドラマ 照柿(てりがき) - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ a b 井上由美子 (2016年7月8日). 松嶋菜々子 新ドラマ脚本家が宣言「誰よりもいじめたい」. (インタビュー). 女性自身.. https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612966/ 2016年7月12日閲覧。 
  14. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  15. ^ “波瑠、『あさが来た』後初のNHKドラマ主演 斉藤由貴と母娘愛憎バトル”. ORICON STYLE. (2016年9月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2078502/full/ 2016年9月15日閲覧。 
  16. ^ 「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 6-10頁。
  17. ^ 「秋の褒章 775人27団体」『読売新聞』2020年11月2日朝刊
  18. ^ 『官報』号外第230号、令和2年11月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]